人気小説『破天荒フェニックス』を劇団TEAM-ODACが舞台化 主演は伊崎央登 原嶋元久、多田愛佳らも出演

人気小説『破天荒フェニックス』を劇団TEAM-ODACが舞台化 主演は伊崎央登 原嶋元久、多田愛佳らも出演

『舞台・破天荒フェニックス〜いつだって始まっている〜』

世界で450店舗を展開するメガネチェーン「OWNDAYS」の再生を描いた人気小説『破天荒フェニックス』が、劇団TEAM-ODACの新作公演『舞台・破天荒フェニックス〜いつだって始まっている〜』として舞台化されることが決定。シアターサンモールにて2022年6月1日(水)〜6月5日(日)に上演される。

劇団TEAM-ODACは、2006年に、いとう大樹(代表)と笠原哲平(脚本・演出)によって旗揚げされ、「今を生きる」をコンセプトに人間が必死に生きる姿を、家族、友情といった人間関係をストレートに描く、笑って泣けるヒューマンドラマを目指す、今最も勢いのある若手劇団。近年の公演では、大ヒット小説やブライダル業界、ミュージシャンとのコラボレーションを行っている。

新作公演の原作は、世界で450店舗を展開するメガネチェーンの「OWNDAYS」が、倒産寸前の状況からいかにして復活したかを実話をもとに描いたビジネス&エンターテイメント小説『破天荒フェニックス』(田中修治 著 / 幻冬舎)。脚本と演出は劇団TEAM-ODACの笠原が務める。

主演はこれまでにも劇団TEAM-ODAC作品に多数出演している伊崎央登。他にも2.5次元から数々の舞台で活躍中の原嶋元久、若菜太喜、馬越琢己、碕理人、アイドル時代から女優としても頭角を表している、多田愛佳、諸塚香奈実、岡本尚子、江崎葵らが出演する。

※伊崎央登、江崎葵の崎は正しくはたつさき

【公演概要】
劇団TEAM-ODAC第39回本公演
『舞台・破天荒フェニックス〜いつだって始まっている〜』

【原作】田中修治『破天荒フェニックス』(幻冬舎)
【脚本・演出】笠原哲平(TEAM-ODAC)

【劇場】
シアターサンモール
〒160-0022 
東京都新宿区新宿1丁目19番10号
http://theatersunmall.server-shared.com/

【出演】(敬称略)
伊崎央登

原嶋元久
多田愛佳

若菜太喜
馬越琢己
碕理人

岡本尚子
江崎葵(虹色の飛行少女)
飯塚理恵(TEAM-ODAC)

諸塚香奈実

小西啓太(TEAM-ODAC)
松本祐一
掛川僚太
三橋かおる

橘里依
上原わかな
白田まめ
坂場明日香(TEAM-ODAC)

渡辺栞(さくらシンデレラ)
大山アキ(TEAM-ODAC)
谷田部亨政(TEAM-ODAC)

鏡憲二(TEAM-ODAC)
高品雄基(TEAM-ODAC)

東ななえ(TEAM-ODAC)

いとう大樹(TEAM-ODAC)

【公演日程】
2022年6月1日(水)〜5日(日) 全6ステージ
6月1日(水) 18:30〜
6月2日(木) 18:30〜
6月3日(金) 18:30〜
6月4日(土) 13:00〜
6月5日(日) 12:00〜 / 16:00〜
※ロビー・客席開場は開演の1時間前からとなります。

【チケット】(全席指定)
≪前売券≫
S席 9,000円(特典付き)
A席 7,500円

≪当日券≫
S席 9,500円(特典付き)
A席 8,000円

関連記事(外部サイト)