アジカンGotchら主催イベント『D-composition』が5月22日開催

坂本龍一、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのGotchこと後藤正文らが主催するD2021によるライブイベント『D-composition』が、5月22日に開催される。

D2021は、震災(Disaster)から10年(Decade)という節目の2021年3月から、さまざまな「D」をテーマとして過去と向き合い未来を目指すために始動したムーブメント。今回のイベントは、福島県南相馬市小高の酒蔵haccoba -Craft Sake Brewery-とのコラボレーションで生まれたお酒とアルバム『土-D-』の完成を記念したもので、お酒の醸造過程における分解(Decomposition)と音楽と詩による表現(Composition)を取っ掛かりとして、震災から10年を経ていま福島に根付きつつある生活を祝うことを目的として開催される。

イベントでは、DのメンバーであるGotch、Miru Shinoda(yahyel)、永井玲衣(哲学研究者)にアルバム『土-D-』にも参加したSubtleControlが加わり、アンビエントやノイズを往還する即興演奏にのせ、この日のために特別に書き下ろされた詩の朗読が披露される。

また、鬼の右腕やBlack Boboiとしても活躍するスティールパン奏者で、アルバム『土-D-』にも参加したUtena Kobayashi、幅広いアーティストのサポートとして参加する福島県浪江町生まれの佐藤優介はそれぞれ、スペシャルなバンドセットにて出演。ニューヨーク在住で音楽ユニット、チボ・マットの一人、本田ゆかはエレクトロニクスプロジェクトEucademixとして約2年ぶりに来日。コロナ禍以降、農業に携わりながらMONOMEを使って作られた「Farm Psychedelia」と称する音楽を披露する。VJは、BLACK SMOKER RECORDS / ENDONなどの専属VJであるrokapenisが担当する。

さらに、ライブパフォーマンスの最後には出演者による特別なセッションに加え、数多くの文藝賞を受賞し、昨夏に福島県を徒歩で踏破した福島出身の作家・劇作家、古川日出男による朗読が行われる。

■haccoba コメント
かねてより、酒づくりは「微生物との対話」により行われてきました。
微生物たちとより深い対話をするために、今回5名のアーティストに「微生物に聴いてもらう音楽」をつくっていただき、微生物たちと一緒に音楽を聴きながらお酒を醸していきます。
つくった音楽の音や振動、醸したお酒の味や香りが、社会にある複雑で大きな「問い」についてカジュアルに対話をするきっかけになることを願っています。

■D2021主催メンバーGotch コメント
大震災と原発事故以来、様々な思いを抱えながら歩んできた米農家の根本さん。苦難を乗り越えた営みの結晶とも言えるお米を使って、南相馬に移り住んだ若者たちが取り組む酒造り。それはお酒の製造を越えて現地のコミュニティを温め、新しいつながりを育むような活動でした。彼らの豊かなつながりと共に振動するような音楽を鳴らしたい。音とその振動を微生物たちに聴かせて、特別なお酒を作るべく企画したのが今作品です。微生物たちがどんな音に反応するのかを想像したり、出来上がったお酒を楽しむ人たちについて思いを馳せながら、音楽家それぞれが楽曲を制作しました。

『D-composition』トレイラー