名優から受け継がれた伝説的キャラクター、オビ=ワン・ケノービ ユアン・マクレガーが思いを語る特別映像公開

名優から受け継がれた伝説的キャラクター、オビ=ワン・ケノービ ユアン・マクレガーが思いを語る特別映像公開

『オビ=ワン・ケノービ』

5月27日(金)16時よりディズニー公式動画配信サービスDisney+独占で日米同時配信開始となるオリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』。配信に先駆けて、名優アレック・ギネスから役を受け継いだユアン・マクレガーの『スター・ウォーズ』、そしてオビ=ワンへの思いが詰まった特別映像が公開された。

全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンタテインメント『スター・ウォーズ』。そのシリーズを代表する伝説的なキャラクターにして、史上最も有名な悪役ダース・ベイダー、そしてジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービ。本作は『スター・ウォーズ』を象徴する2キャラクターが『スター・ウォーズ エピソード 3 / シスの復讐』でみせた歴史的対決と決着、その後の物語を描く。

『エピソード4 / 新たなる希望』では名優アレック・ギネスがオビ=ワンを好演。彼が演じたオビ=ワンはダース・ベイダーに殺されてしまうも存在感を放ち、絶大な人気を誇るキャラクターとなった。それから再びオビ=ワンが登場したのは、『エピソード1 / ファントム・メナス』(1999 年)。若かりし頃のオビ=ワンをユアン・マクレガーが演じることとなった。



このたび公開された映像で、マクレガーは、「『スター・ウォーズ』を初めて観たとき、まさに圧倒された。オビ=ワン役はアレック・ギネス、最高に素晴らしかった。若い頃の彼を演じるなんてとても興奮した」とマクレガーは当時を振り返っている。そして、マクレガーは『エピソード1 / ファントム・メナス』の撮影時の印象に残っているエピソードを告白。オビ=ワンが使うライトセーバーをマクレガー自ら選び撮影に使ったそうで「小道具係が大きな箱を私の目の前で開けてくれた。自分でライトセーバーを選んだんだ。あの瞬間は忘れない」と、20年以上経った今でも印象深い出来事を明かした。

さらにオビ=ワンといえば印象的な青いライトセーバーのアクション。当時肉体的なトレーニングで役作りをしながら、ブルースクリーンに囲まれたセットでライトセーバーを振りかざすアクションシーンを撮影し、『スター・ウォーズ』の歴史に残る数々の名アクションシーンが誕生した。マクレガーは劇中で初めて戦ったダース・モールとの戦いの撮影について「とにかく凄かった。信じられないほどスピードが速かった。他の映画とは全く違う」と振り返っている。本作でもオビ=ワンのアクションに期待が高まるばかり。さらにマクレガーは「『スター・ウォーズ』の世界でオビ=ワンを演じるのは本当に光栄だ」と、17年ぶりに演じるオビ=ワンへの熱い思いを明かした。

ギネスからマクレガーに受け継がれ、今も愛され続けているオビ=ワン・ケノービ。本作ではオビ=ワンの弟子アナキン・スカイウォーカーがダークサイドへ堕ちダース・ベイダーとなった『エピソード3 / シスの復讐』から10年後が舞台だ。

ジェダイを抹殺し銀河を支配しようとするダース・ベイダー、強いフォースを持つまだ幼いルーク・スカイウォーカー、ルークを陰で見守りながらもダース・ベイダーら帝国軍から追い詰められていくオビ=ワン・ケノービ。『スター・ウォーズ』の伝説的キャラクターとなる3人を中心に、一体どのように知られざる物語が描かれるのか?『シスの復讐』から『新たなる希望』までの“空白期間”に何があったのか、その真実が明らかになるのはもうすぐだ。

『オビ=ワン・ケノービ』(初回2話)
5月27日(金)16時より、ディズニープラスにて独占配信

関連記事(外部サイト)