成田凌&伊藤沙莉が選ぶ「10年後の自分に聴かせたい歌」

27歳。それは、なんだかとても微妙な年齢だ。無邪気に夢を見ていられるほど幼くはなくて、だけどすべてをあきらめきれるほど大人でもない。現実と、理想。自分と、周りの人たち。いろんなものと比べながら、あがいて、もがいて、未来を探し続ける。

そんな揺れる27歳の心を描いた群像劇がHuluオリジナル『あなたに聴かせたい歌があるんだ』(5月20日(金)からHulu独占配信・全8話)だ。高校2年の夏、教壇で女教師は生徒たちに告げた、「みなさんもこれから10年経ったら、必ず27歳になります。そのときに後悔することが、私なんかより一つでも少ないことを私は本気で願っています」と。

それから10年。27歳になった元生徒たちは、人生の岐路に立たされていた。思い出すのは、夢は必ず叶うと信じていた17歳の頃に聴いたあの歌。もどかしくて、ほろ苦くて、とびっきりエモーショナルな青春の終わりの物語が、今、始まる。

そこで、役者の夢をあきらめ、平凡なサラリーマンとしてうだつの上がらない日々を送る荻野智史役の成田凌と、アイドルの夢に破れ、故郷へ帰る前田ゆか役の伊藤沙莉に、17歳と27歳の日々について語ってもらった。

27歳って、もっと大人だと思っていました

――お2人は17歳だった頃、27歳ってどんなイメージを持っていましたか。

成田 何も想像していなかったですね。10代の頃はまず20歳というのを目指して生きていたから、27歳とか想像もしていなくて。電車でよく見る、仕事帰りのサラリーマンの方々、飲み会帰りの大人、そんな雑なイメージしかないくらい何の印象もなかったです。

伊藤 確かに27歳の印象はあんまりないですよね。ただ、もっと大人だと思っていました。自分が27歳になってみて思うことですけど、あまりにも自分が変わらなさすぎて。いつになったら、思い描いていたカッコいい大人になれるんだろうって思う。

成田 もう17歳の頃はこの仕事をしてたわけでしょ? そうすると、同世代と比べても圧倒的に大人と会う数が多かったんじゃないかな?

伊藤 そうですね、確かに。

成田 当時から27歳って大人に見えてた?

伊藤 めちゃくちゃ見えていましたね。スタッフさんとかすごい大人で、頼りになって。その印象が強いから、余計にこんなにも感覚がもろもろ変わらないんだなってビックリです。もう恐怖すら覚える、自分の成長の遅さに(笑)。

――劇中では登場人物それぞれがもがく姿が印象に残りました。お2人も、なりたい大人になれなくてもがいた時期はありましたか。

成田 ありました。というか、今もモヤモヤ中だと思います。僕が世話になっている先輩って、ひとつひとつの出会いを大切にしている人たちが多くて。そういう懐が深くて、愛情深い大人と接すると、まだそこまでできてないなって思います。自分に余裕がないのか、まだ人を愛しきれていないのかわからないですけど、20代後半にしてまだまだ自分は足りていないなって思えるようになりましたね。

――ちなみに、今おっしゃった先輩というのは、たとえばどなたでしょう。

成田 井浦新さんですね。人に対しても、物に対しても、事柄に対しても、すごく丁寧に生きられている。井浦さんを見ていると、自分もこんなふうになりたいなって思います。年齢を重ねて人を尊敬できるようになったし、同時に尊敬する人たちみたいには生きられないという感覚も最近はすごくあるかな。

伊藤 私の場合、すごく大人になりたいかって言ったら、「別に…」ではあるんですね、正直。だからと言って子どもっぽいままでもいられないなと思いながら、ずっと中間にいる感じです。大人って難しいですよね。ある日成人したら、法的にはいきなり大人ってなるわけじゃないですか。でもじゃあそこから大人と自分で決めるのも難しいし。想像していた大人にはなれていないけど、別に目指す像も今そんなにないなって。

――伊藤さんがご自身のことを子どもっぽいと思うのはどんなところですか。

伊藤 そんなに余裕がないところですね。何か起きたら、すぐメンタルが乱されるし、感情が優先になる。そこをもっと冷静に考えられたらいいんですけど。ただ、私は出会いに恵まれていて。周りの大人からいいところを吸収して、徐々に感情ではなく冷静に話せるように努めています。

17の自分は、こんな10年後を想像していなかったと思う

――劇中では17歳の頃も描かれていますが、お2人はどんな17歳でしたか。

成田 サッカー部だったんですけど、ひたすら部活で走らされていましたね。今日、自分の衣装を担当してもらっているスタイリストさんが高校の友人です。毎日一緒に過ごしていました。帰り道、彼が必ず言う一言が「ああ、12時間後にはまたここにいるんだ」なんですよ。

伊藤 あはは。

成田 それくらい部活がしんどすぎて辛い毎日でした(笑)。

――当時は美容師を目指されていたとか。

成田 そうですね。ちょうど17歳くらいのときに美容師になることを考えていました。でもそれも自分の意思じゃなかったんですよ。一緒にいた友人が先生に向かって「俺たち専門学校に行きますんで」って宣言していて、横にいた僕の手も一緒に挙げていました。そこから、ちゃんと学校に行って免許もとりました。17歳の自分からしたら、こんな10年後があるなんて想像もしていなかったと思う。不思議すぎますよね。

伊藤 私は9歳からこの仕事をやらせていただいていて。たぶん17〜8歳の頃はこの仕事を続けるか続けないかを決める時間でしたね。
ちょうど事務所も変わったタイミングで。今の事務所に移る前がいちばん考えましたね、自分がこの仕事に向いているかどうかを。他の事務所に入るってことは続けるっていうことだし、そうじゃないんだったら何か違うものを見つけないといけない。周りも大学の願書とかを書きはじめる時期で、自分のこれからについていちばん葛藤した時期でした。

――当時の気持ちを覚えていますか。

伊藤 当時はそんなに出ずっぱりというわけではなくて。小、中学生のときの方が、正直オーディションは受かってたんですよね。その頃、ある大人の方から「学生服を着てる君しか想像がつかない」って言われて。もうすぐ本当に学生でもなくなるのに、学生服を着た私しか想像つかないってことは、ここからできる役がどんどんなくなるなって。先が見えなくて、恐怖に近い日々ではあったかもしれないですね。

10年後は、頼れる兄貴になっていたい

――じゃあ、10年後はどうですか。成田さんは38歳になった自分が、伊藤さんは37歳になった自分がどんなふうであったらいいなと思いますか。

成田 映画の現場にいたいですね。今みたいに撮られる側もそうだし、機会があるなら撮る側もやってみたい。どんなかたちにせよ映画と関わっていたいです。今って映画は過渡期にあると思っていて。今回の作品みたいに配信というかたちもどんどん進化している。これが10年後どこまで進んでいくのかも気になるし、映画とどう共存していくのか、テレビドラマとどう共存していくのかもまったくわからない。もしかしたら10年後には何かがなくなっている可能性もあるわけじゃないですか。できればどれもバランスよく共存していられたらというのが理想ですけど。そういう変化の中でもちゃんと現場に立ち続けていることが、いちばんの望みですね。

伊藤 私もこの仕事は続けていたいですね。もしかしたらどこかでなんかもういいよと思うことがあったら辞めてるかもしれないですけど、今のところは辞める気はまったくないです。この仕事のいいところは、ゴールがないところ。その分、何をやっても楽しいんで、できる限り続けたいです。

――内面的にはどんな38歳/37歳になっていたいですか。

成田 頼れる兄貴になっているのは理想ですね。さっき言った先輩たちのような。愛情と責任感を持って生きていけたらいいなと思います。

伊藤 27歳の時点であまりにも変わらないので、きっと37歳になっても大して変わらないんだろうなって思ってるんですけど。自分なりのペースで、ミリ単位かもしれないけど、ちょっとずつ大人になってると思うんですよ。だからきっと37歳にもなれば、もうちょっとどっしりしてるんじゃないかなって期待も込めて思います。

――では、そんな10年後の自分に聴かせたい歌を教えてください。

成田 『碧の空』ですね。『ニワトリ☆スター』っていう、自分の原点になった映画の主題歌なんですけど、原点を忘れるなよという想いを込めて、38歳の自分に聴かせたいですね。

伊藤 私はSEKAI NO OWARIさんの『TONIGHT』かなあ。初めて聴いたのは19歳くらいのときで、ちょうど仕事がバッてなくなった時期だったんですけど、私の仕事に対する感覚を言い当てられた気がしたんですよ。自分はなんにもできないと思っていたけど、それはなんでもできるってことなんだとか、望んだ人にはなれないけど、自分は自分で戦うしかないんだっていう歌詞が突き刺さって。あれよあれよとこの世界に入って、ここまでやってきた自分の歴史を順序立てて書いてくれてると勝手に思って号泣したんです。それから今もずっと定期的に聴いているので、きっと10年後の私もこの曲を聴いている気がします。

Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」は5月20日(金)よりHulu独占配信<全8話>
https://www.hulu.jp/static/anatanikikasetai/

撮影/友野雄、取材・文/横川良明
ヘアメイク/(成田さん)宮本愛(yosine.)、(伊藤さん)岡澤愛子
スタイリング/(成田さん)カワセ 136、(伊藤さん)吉田あかね

関連記事(外部サイト)