「うちの弥生交響楽団はほんとにすごいんだぞ」主演の檀れい、水谷豊監督らが登壇 『太陽とボレロ』東京プレミアイベントレポート

6月3日(金)より公開となる水谷豊が監督を務める作品第3弾『太陽とボレロ』の東京プレミアが5月23日に実施された。このイベントには、本作が映画初主演の檀れい、石丸幹二、町田啓太、森マリア、監督・脚本を務める水谷豊が登壇。本作に対する思いを語った。

アマチュア交響楽団“弥生交響楽団”にまつわる、音楽を愛する普通の人々とその人間模様を描くいた本作のイベントは、オーケストラを題材にしていることにちなみ縦2.4m×横7.2mの大型劇場パネルが設置された本物のコンサートホールさながらの会場で開催。

まずはじめに、公開まで2週間を切った今の気持ちを問われると、映画初主演の檀は「1人でも多くの方に見ていただきたいですし、可愛がっていただきたいです」と公開への期待を語った。また、監督作品3作目となる水谷は「(コロナ禍での撮影延期を経て)今、作品が完成してここに立てていることが奇跡だと感じています」と本作にかけてきた思いを熱弁。

続いて、水谷組での撮影について檀は「(毎朝、水谷監督と全キャスト・スタッフで交わす)グータッチからいただくエネルギーは大きくて、今日も1日頑張るぞと思いました」、町田は「こんな時間をすっと過ごせたらいいなと思うぐらい夢のような時間でした」と語り、水谷組の仲の良さが伝わる回答に会場は暖かい空気に。それを受けて水谷は「冗談だけど、どうしてそのことを現場で言ってくれなかったのか(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

さらに、吹き替え無しでの演奏シーンの撮影について、トランペット奏者・田ノ浦圭介役の町田は「小学校の鼓笛隊で少しだけ鳴らしたことがありまして、まさかまたトランペットと縁があるとは思いませんでした(笑)」と、はにかみながら答え、「1年以上、(家での練習では音が大きいため)布団をかぶったり、時にはマウスピースだけで練習していました」と苦労した練習の日々を明かした。ヴァイオリン奏者・宮園あかり役の森は「共通言語として“音楽”という話題があったので、他の現場よりも一体感が感じられました」と音楽を通してキャスト一丸となっていった当初の様子を懐かしそうに語った。また、その練習の成果を目にした弥生交響楽団主宰者・花村理子役の檀は「花村理子としても檀れいとしてもうちの弥生交響楽団はほんとにすごいんだぞと叫びたいくらいみなさんカッコよかったです」、花村理子を支える鶴間芳文役の石丸は「本当の意味でのブラボーの演奏を聞かせてもらって感激でした」とそれぞれに絶賛した。

弥生交響楽団のメンバーが音楽を愛するようにキャスト陣が「ずっと好きなもの」や「好きなこと」を問われると、檀は「やはりこの仕事です。表現すること、エンターテインメントの世界でお仕事することは何よりも好きなことです。どんなに大変でも苦しくてもそれ以上に好きという気持ちがあるのが1番いいと思います」と語り、水谷は「人って何だろうと思うことが原動力。いろんなことがあっても最後に必ずいいことがあると思って生活することが好きなことです」と回答、長年エンターテインメント界を牽引してきたふたりの深い答えに、他キャストも真剣に耳を傾ける様子もみられた。

最後に、檀は「ユーモアあふれる作品なので存分に楽しんでいただけたらいいなと思っています」、水谷は「『太陽とボレロ』がご覧になったどなたかにとって、1日幸せな気分で過ごせるようないい映画になってくれたらこんなに嬉しいことはありません」と公開に向けた意気込みを語り、集まった500人の観客の大きな拍手に包まれながらイベントは和やかに幕を閉じた。

『太陽とボレロ』
6月3日(金)より公開

関連記事(外部サイト)