川口春奈、松本まりか、MEGUMIが保育園運動会の騎馬戦で奇想天外バトル!? 『極主夫道 ザ・シネマ』特別映像公開

川口春奈、松本まりか、MEGUMIが保育園運動会の騎馬戦で奇想天外バトル!? 『極主夫道 ザ・シネマ』特別映像公開

 『極主夫道 ザ・シネマ』

2020年に高視聴率を記録したドラマ『極主夫道』を映画化した『極主夫道 ザ・シネマ』の特別映像が公開された。

累計550万部の同名コミック(著:おおのこうすけ / 新潮社バンチコミックス刊)を原作に、日本中を爆笑させた大人気ドラマの映画化である『極主夫道 ザ・シネマ』。

数々の伝説を残した最凶の極道 “不死身の龍(読み:たつ、玉木宏)”が、足を洗い選んだ道はなんと専業主夫。極道時代の外見や言動が抜けておらず、強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身につけ、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般に命を賭け、時にはご近所のトラブルに奮闘。

玉木宏が全身全霊、爆笑アクションを連発で演じる“史上最強の主夫”のキャラクターは腹筋崩壊の爆笑コメディとして日本中で話題に。 22年、笑いもスケールもパワーアップし、極主夫道が映画になって帰ってくる。

川口春奈が演じる龍の妻・美久(読み:みく)、志尊淳演じる龍の元舎弟・雅(読み:まさ)をはじめ、 “史上最強の専業主夫”に負けない強烈なキャラクターたちがドラマから続投。さらに、吉田鋼太郎、松本まりか、安達祐実ら豪華ゲストが参戦、濃すぎるキャラたちが全力でふざけ倒し笑いを巻き起こす。

さらに、映画ならではの”元極道の専業主夫“vs”イタリア風味のマフィア“のバトル、恋のバトルなども加わり、まさに笑いの頂上決戦が開幕する。

このたび公開されたのは、大人たちが奇想天外なバトルを繰り広げる極主夫道流運動会の特別映像。



かりゅう保育園の運動会で、なぜか大人たちが白熱したバトルを繰り広げる。まずは騎馬戦。3隊の騎馬で騎手は、美久、元レディースの虎春(松本まりか)、婦人会会長の田中(MEGUMI)だ。銅鑼が鳴ったが、いつの間にかののしり合う女たちのバトルにエスカレート。

「どっちが女として上か見せちゃるけーの!」「田舎のクソヤンキーが女語ってんじゃねーよ!!」と美久と虎春の龍を巡る恋のバトルかと思いきや、田中も「ウチら熟女美ボディ、ナメてんじゃねーよ!!」と参戦し「こっちは年輪、重ねてんだよぉぉぉ〜〜〜!!」と2人を黙らせる。

そこに割り込んだのがいつもは優しい白石園長先生。なかなか始まらない騎馬戦に「ゴォラ!!ぐだぐだぐだぐだやってんじゃねぇぞ」とキレまくる。そこで始まったのが空中戦。まさに「空中戦ってなんすか?」の展開だが、騎手の3人は、「無想転生」「悪は逃がさない。お縄をゲットだよ」「おまんら、許さんぜよ」とどこかで聞いたことのあるキメゼリフを皮切りに、奇想天外な空中での戦いに突入。

下から唖然と戦いを見守るしかできない龍たち。やがて美久が田中の鉢巻きを手に地上に戻ってくる。「いや…どういうことすか」。まさに摩訶不思議な光景だ。女たちのバトル!? まさかの極主夫道流空中戦!? 保育園の運動会で繰り広げられる戦いがどのように転がっていくか? この後に待つ予期せぬ展開を楽しみに待ちたい。

『極主夫道 ザ・シネマ』
6月3日(金)より公開

関連記事(外部サイト)