藤原樹・高野洸の仕事への向き合い方「常にストイックに努力していたい」

4月のスタート時から大きな注目を集めているドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』。原作は、累計発行部数300万部を突破した同名マンガです。物語は原作でも人気の萌とゆあをメインとしたホスト編に突入し、ますます盛り上がっています。

その中でキーパーソンとなるホストのハルヒ役を藤原樹さん、楓役を高野洸さんが演じています。おふたりは実は高校の同級生。作品についてはもちろんのこと、高校時代についてもたっぷりとお聞きしました。

まるで違う世界に来たみたいだった

――オファーを受けられたときの気持ちはいかがでしたか。

高野洸(以下、高野) 嬉しかったよね。

藤原樹(以下、藤原) うん、もう。僕は普段THE RAMPAGEというグループで活動しているんですが、役者業はまだそこまで出ているわけじゃなくて。こういった個人の仕事はほぼ初めてだったので、すごく嬉しかったですね。

高野 ホスト役というのもすごく挑戦になりますし、原作を読ませてもらったら楓という役が奥深すぎて。かっこいいし、人としても尊敬できるポイントもたくさんあって、芝居以外にも、学ぶことがたくさんあるだろうなと思いました。

――役作りで苦労された点はありますか? ハルヒはなんというか……女性から憎まれるポイントも多そうですが。

藤原 ハルヒってやっぱ女の子に対して上辺だけで接しているじゃないですか。
そういったちょっと嫌な部分というか、性格悪い部分を出すのが難しいですね。普段の自分はそんなに嫌な人じゃない(笑)

高野 (笑)

藤原 そこはいろいろ研究しましたね。

――何を観て研究されたんですか?

藤原 ホストについていろいろ調べましたね。ハルヒと似たタイプのホストの方を参考にしたり、ホストに関するYouTubeはたくさん観ました。

高野 僕はホストとしての所作を、セリフを言いながらやるのが大変でしたね。
その場で教えてもらったり、事前に1日練習の日を設けてもらったんですけど、それでもやっぱり大変で。グラスの持ち方とか氷の入れ方、細かいところがたくさんあって難しかったです。
でも、楓としては、役の解釈やどう演じるかは漫画読んでると、あらかじめ想像はできていました。見た目も髪は後ろが結構刈られている描写があったので、美容院に行ったときには「こういう感じにしてください」ってお願いして切ってもらいました。

――逆に演じていておもしろかった部分はありますか?

藤原 今まで生きてきて触れることがなかった世界なので、本当に違う世界に来たみたいでしたね。人生経験になりましたし、実際に歌舞伎町のホストクラブで撮影したので、毎回いろんな発見や驚きがあって、楽しかったですね。

久しぶりの共演は刺激を受けることばかりだった

――藤原さんと高野さん、おふたりが高校の同級生だというお話をお聞きしたのですが……。

高野 はい、そうなんですよ。

――高校時代からのお友達?

高野・藤原 そうです。

――声が揃った(笑)今回共演されていかがですか? 前にも共演されたことあるんですよね。

高野 前に共演したのは5、6年前ぐらいか。

藤原 うん、舞台で共演して。

高野 そのときもびっくりしたけど、2回目もびっくりしたね。

藤原 やっぱり何か縁があるんだなって。

――しかもホストで同僚という。

藤原 実際と近い関係性なので、やりやすかったですね。

――現場で何か演技の話とかされたりするんですか?

高野 うーん、何の話したっけ……

藤原 演技の話はしてないよね。

高野 そうは言ってもあんまり会っていなかったので。久しぶりだったよね。たぶん、3年ぶりとか……。

藤原 うん、それぐらいかな。

高野 共演した後も、2〜3回飲みに行ったぐらい?

藤原 だから、普通に「最近なにやってるの?」って。
TwitterやInstagramではどんな活動をしているか見て知っているんですけど、気づいたら歌って、ホールツアーやってて。ソロで活動していたのも驚きだったので、いろいろと話を聞いたりとか。

高野 確かに(笑)近況報告をしあって、今度飲みにいこうね、みたいなことを話していたよね。

――高校のときはどんな感じだったんですか?

高野 樹の第一印象はやっぱり高嶺の花。

藤原 いや……(少し照れくさそう)

高野 本当に輝いてて。すでに東京に通ってたし。

藤原 そうだね。高2のときに上京しちゃって、あまり学校行けなかったんですけど、洸もあんまり来てなかったよね。僕が行っても洸がいないときもあったし。

高野 そうそう。平日に1、2回会うぐらいだよね。

藤原 同じクラスだったんですけど、5、6人のグループでずっと行動してて。

――あっ、クラスメイト、とかだけではなく、同じグループだったんですね。華やかな……!

高野 そんなことないよね(笑)うどんとか食べてたよね、学食で。

藤原 食べてたね(笑)

――今回一緒にお仕事されて、お互いの仕事ぶりを見て刺激になったところはありますか?

高野 お芝居はもちろん刺激を受けましたけど……。いろいろミュージックビデオも撮り慣れているからか、無意識にめちゃくちゃかっこいいところを撮られる振舞いができているのかな、と思いました。見習いたいけど、なかなか難しいですね。

藤原 自分もMV撮ってるじゃん(笑)

高野 いやいやいや(笑)僕が映らないシーンでも、モニターで見てて「かっけぇ……」って思わず独り言を言っちゃう。

藤原 いや、洸もすごくかっこいいですよ。最初、楓役を誰がやるか知らなかったんですけど、洸だって聞いたときは、「わ、まんまだな」「ハマってるな」と思いました。見た目もそうですけど、楓を演じる洸をすぐに想像することができました。洸が出ている作品を僕もいくつか見ていたこともあったからかな。前に舞台で共演してから期間はあきましたけど、またこうやって一緒に芝居ができて、刺激を受けることばかりでしたね。

おふたりのリラックスタイムの過ごし方は?

――今回、作品に登場するキャラクターはみんな何かに依存してるかと思うのですが、おふたりがプライベートで依存しているものはありますか?

高野 僕はゲームとスマホですね。スマホはなくなったらすごく困ると思います。
ずっとYouTube流しながら歯磨きしたり、かなり依存していますね。

藤原 僕は最近だと、プロテインですね。今、体作ってて朝昼晩、プロテイン飲んでるので。
あと糖質も制限しているので、プロテインが甘くて美味しいんですよ。ちょっと依存してますね。

――ちなみに何味がおすすめですか。

藤原 最近はソイココアです。普通のココアだとちょっと糖質がちょっとあるから。

高野 あー。なるほど。

――お二方ともかなり忙しい日々を送られていると思いますが、リラックスするためにやっていらっしゃることはありますか?

高野 キャンドルをたいて……。

藤原 おしゃれか(笑)

高野 (笑)本当にくつろぎたいな、というときは、キャンドルをたいて、スピーカーから音楽流してます。あと、カフェが好きなので、カフェに行ってのんびりします。

藤原 僕は飼っている猫です。マースっていうんですけど。家に帰ってソファに座ったらすぐに膝に乗るんですけど、それでもう元気もらってます。

――猫ちゃんのどこが一番好きですか。もちろん、全部お好きだと思うんですが。

藤原 そうだな……寝るときに僕がベッドルームに行くと絶対来てくれるんですよね。
それで、僕の脛や腕で寝たりとか。

――腕枕するんですね。かわいい……。

藤原 めちゃくちゃ甘えん坊なんですよ。マースがいないと生きていられないです。

極められるところまで極めたい

――ハルヒも楓もそれぞれの仕事のスタイルが確立されているかと思うのですが、最後に、おふたりのお仕事に取り組むときに心がけていること、ポリシーなどをお聞きしたいです。

高野 実力で遅れをとりたくない、という気持ちがあるので、頑張れる部分では手を抜きたくないですし、極められるとこまで極めたいですね。

藤原 常に満足はしてないというか……。やりたいことはたくさんあるし、そのために、時間があるときはやりたいことのために、できる努力はストイックにやるようにしていますね。

――常に仕事モード、というタイプですか?

藤原 仕事とプライベートはあまり分けないですね。仕事も楽しくないと嫌なので。もちろんつらい仕事もあったりはしますけど、なるべく楽しく取り組んでいます。

――仕事に楽しく取り組むコツはありますか?

高野 どんなお仕事でも間違いなく吸収できるポイントはあると思うので、その現場で経験できることは全部して、それをポジティブに自分の物に変えていくことが大事なんじゃないですかね。

藤原 確かに。そのとおりですね、全部言ってくれました(笑)

高野 はははっ!

藤原 つらいことも終わってしまえば、こんなものか、といつも思うんです。これを乗り越えたら、別に楽しいことやればいい、と思いながらやっています。



藤原樹
―――――
1997年10月20日生まれ。福岡県出身。
THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマー。
2017年1月25日、1st SINGLE「Lightning」でメジャーデビュー。
昨年 単独東京ドーム公演を成功し、現在はTHE RAMPAGE LIVE TOUR 2022 “RAY OF LIGHT”開催中。
アーティスト活動と並行して、演技にも挑戦しており、2022年9月9日全国ロードショー「HiGH&LOW THE WORST X」にも出演。
2021年11月には、本人の出身地である福岡県北九州市の観光大使に就任。
グループのなかでも猫好きとして知られ、本人も猫を飼っている。

公式プロフィール: https://www.ldh.co.jp/management/fujiwara/
公式Instagram: https://www.instagram.com/itsuki_fujiwara_official/

高野洸
―――――
【プロフィール】
たかの・あきら 1997年7月22日、福岡県生まれ。B型。俳優・アーティスト
として幅広く活躍。最近の主な出演作に、舞台『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』、
アーティストとしては2ndアルバム『2LDK』(ニーエルディーケー)が6/8にリリース。
2022年6月25日より 仙台、福岡、大阪、名古屋、東京の全5都市で、2ndツアー「2nd Live Tour " AT CITY"」の開催も決定!

高野洸OFFICIAL SITE
https://takano-akira.net/

撮影/奥田耕平、取材・文/ふくだりょうこ



ぴあアプリ限定!

アプリで応募プレゼント

藤原樹さん・高野洸さんおふたりのサイン入りポラを1名様にプレゼント!

1. 「ぴあアプリ」をダウンロードする。

こちら(https://dpia.onelink.me/4S2T/5t7zetmi) からもダウンロードできます

2. 「ぴあアプリ」をインストールしたら早速応募!



関連記事(外部サイト)