星野源、映画『ゴーストブック おばけずかん』の主題歌書き下ろし 楽曲が流れる予告編も公開

星野源が、7月22日より公開される映画『ゴーストブック おばけずかん』の主題歌を担当することが発表された。

『ゴーストブック おばけずかん』は、『ALWAYS 三丁目の夕日』などを手掛けた山崎貴監督の最新作で、“どんな願い事も叶えてくれる一冊の本=おばけずかん”を手に入れた子供たちの冒険と成長を描いた作品。出演者には、総勢500人以上の中からオーディションで選ばれた城桧吏(じょう かいり)、柴崎楓雅(しばさき ふうが)、サニーマックレンドン、吉村文香(よしむら あやか)の4人に加え、4年ぶりの映画出演となる新垣結衣や神木隆之介が名を連ねている。

主題歌アーティストを決めるにあたり、「コロナ禍が広がった2020年。準備中だった本作の子供たちが冒険するおばけの世界観を現代的に表現し、幅広い世代に楽しんでもらうための主題歌が必要だ」という制作陣の熱い想いから星野にオファー。今回のタッグが実現した。

主題歌「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」は、イントロからポップな曲調で始まり、サビには「おばけがでるぞ」「うらめしや」というフレーズも使用されるなど、原作の童話『おばけずかん』のテーマでもある“こわいけど、おもしろい!”と重なるような歌詞で“歌って踊れる”楽曲に仕上がっている。また本楽曲には、映画でおばけの声を担当している釘宮理恵(図鑑坊)、下野紘(一反木綿)、杉田智和(山彦)もサビにコーラスとして参加しており、本作ならではの豪華なコラボとなっている。

併せて、「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」が流れる主題歌予告も公開された。予告映像には、カレーをおいしそうに食べる可愛らしい図鑑坊の姿をはじめ、くるくると高速回転をして追いかけてくる山彦から逃げる一樹(城)たちや、ペンキの入った水鉄砲を撃って一反木綿と戦う湊(吉村)と瑤子先生(新垣)、体中に付いた目を飛ばして攻撃をしている百目、子供たちをぶら下げて空を歩く雲梯(うんてい)など、子供たちが出会うおばけと奮闘する様子が収められている。

星野 源「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」映画『ゴーストブック おばけずかん』主題歌予告