海軍・世界政府の活躍に期待 『ONE PIECE FILM RED』個性豊かな面々をショートフィルムにてお披露目

海軍・世界政府の活躍に期待 『ONE PIECE FILM RED』個性豊かな面々をショートフィルムにてお披露目

『ONE PIECE FILM RED』超ティザービジュアル

尾田栄一郎による大ヒットコミック『ONE PIECE』の劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)の新たな映像が公開された。

1997年より週刊少年ジャンプにて連載開始した超人気コミック『ONE PIECE』(集英社刊)。2021年、コミックスの全世界累計発行部数は“4億9000万部”を超え、単行本は“100巻”の大台に乗り(5月25日現在、既刊102巻)、テレビアニメも“1000話”を突破。連載は今年7月で25周年に突入し、原作では“ワノ国”編もいよいよ佳境を迎え原作・アニメ共に非常に高い盛り上がりを見せている。

そんな『ONE PIECE』のFILMシリーズ第4弾となる本作では、尾田がデザインした新キャラクター“ウタ”を中心に主人公・ルフィたちの新たな冒険を描く。4月に新たに公開された特報は1週間で再生数が約777万回に到達し、SNS上で「最高すぎて夏まで待てない」「何回見たかわからないくらい見た」など公開への大きな期待が込められた声が続々と上がった。さらに、海外のファンからのコメントも非常に多く寄せられ、世界中が『ONE PIECE FILM RED』への期待の声で大きな盛り上がりを見せている。

そしてこの度、モモンガ、イッショウ、ボルサリーノ、サカズキ、さらに世界政府からは、ブルーノ、カリファ、五老星の登場がショート動画でお披露目された。海軍からは海軍本部中将モモンガ、海軍本部大将イッショウ(藤虎)、海軍本部大将ボルサリーノ(黄猿)、海軍本部元帥サカズキ(赤犬)が登場。今回、海軍本部の、中将、大将、元帥が『FILM RED』でどのような動きを見せていくのか、お楽しみに。

さらに世界政府からは、諜報機関サイファーポールよりブルーノとカリファが、世界政府最高権力の五老星が登場。ブルーノは、パンツにUTAの文字が入った、上下緑のジャージを着て、かわいらしい花を身に付けている。一体なぜブルーノがこのような恰好でウタのライブに参加しているのか想像が膨らむ。カリファは、エニエス・ロビー編で登場した黒のスーツとは対照的な白い衣裳を身にまとっている。また、世界政府最高権力者である五老星も今回登場。一体、世界政府の狙いは何なのか。そして、海軍本部の面々と世界政府が『ONE PIECE FILM RED』でどのような活躍を見せるのか、今後の続報に期待してほしい。

『ONE PIECE FILM RED』海軍・世界政府ショート動画


『ONE PIECE FILM RED』
8月6日(土)より公開

関連記事(外部サイト)