ドラマシリーズ『ベイマックス!』新予告編&キービジュアル公開 ドン・ホール監督からのコメントも

ドラマシリーズ『ベイマックス!』新予告編&キービジュアル公開 ドン・ホール監督からのコメントも

『ベイマックス!』

計6エピソードからなるドラマシリーズ『ベイマックス!』が6月29日(水)よりディズニープラスで独占配信される。この度、本作より新予告編とキービジュアル、ドン・ホール監督からのコメントが解禁となった。

日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれた『ベイマックス』(2014年)。

ベイマックスの愛くるしいキャラクターをはじめ、家族の愛やベイマックスと少年ヒロの深い絆を描いた本作は、第87回「アカデミー賞」で長編アニメーション賞を受賞、日本でも興行収入90億円を突破するヒットを記録し大きな話題を呼んだ。

そして『ベイマックス!』は長きにわたって、映像作品以外にもアトラクションやグッズなどで爆発的な人気を誇るベイマックスの新たな冒険を描く、新シリーズ。

今回は人の心と体を守るケア・ロボットのベイマックスが“人助け”の冒険へ。謎の事故で兄を失い、深い傷を負った天才少年ヒロの前に現れた、ケア・ロボットのベイマックス。それは実は亡くなった兄が、人々の心と体を守るために開発したものだ。

そんなベイマックスは、瞳で心とカラダの健康状態をスキャンし、手はこすり合わせるとAEDに。1万通りの治療法がプログラミングされていて、傷ついた人のSOSをキャッチできる優れた能力を持つが、一方で戦闘意欲や能力はゼロ。そんなベイマックスが街の“人助け”に挑む新たな冒険がスタートする。



舞台は架空都市サンフランソウキョウ。解禁となった新予告編では、ベイマックスがヒロの前から姿を消し、お助けヒーローとして街へ繰り出すことに。

あらゆる場所で人々のSOSを察知したベイマックスはすぐさま駆け寄り助けようとするが「人を助けたい」という純粋無垢すぎる気持ちが時々人々を困らせ空回りしてしまうことも。

それでも一生懸命助けようとする愛くるしい姿をみせる一方で、サンフランソウキョウ全体を巻き込む大迫力のアクションも炸裂。ヒロを守る存在から、今度は街の”お助けヒーロー“として、ベイマックスはどんな冒険を繰り広げてくれるのか。

メガホンを取ったドン・ホール監督は本作について「ベイマックスが普通の人々と交流するディズニープラスのシリーズを作るのは楽しいと思ったんだ」と作品誕生のきっかけを語る。

さらに「6つのエピソードのそれぞれで、ベイマックスは誰かを助けたいと思っていますが、多くの場合助けられたくないという人もいます」としてから、「ベイマックスは自身で識別した、人々の身体的な問題を解決するべく動き出しますが、その過程でより深く、感情的になっていくベイマックスが、自分の役割において変化しながら対応できるようになります」とコメント。人助けをするうちに、彼自身も変化していくことを示唆した。

波乱万丈な“お助け”を通して魅せてくれる、ベイマックスの新しい魅力に注目してほしい。

ドラマシリーズ『ベイマックス!』
6月29日(水)16時、ディズニープラスで独占配信開始

関連記事(外部サイト)