芸術文化による共生社会の実現を目指す「だれもが文化でつながる国際会議」が上野エリアを中心に6月28日より開催

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団が主催し、芸術文化による共生社会の実現を目指すアジア初の総合国際カンファレンス「だれもが文化でつながる国際会議」が2022年6月28日(火)から7月7日(木)まで上野エリアを中心に開催される。

現在、芸術文化が有する多様性や相互理解等の特徴から生み出される社会包摂性や、人々がウェルビーイングを享受できる機能を重視した取り組みが、世界各地に広がっている。

「東京文化戦略2030」推進プロジェクトのひとつとして都立文化施設が取り組む「クリエイティブ・ウェルビーイング・トーキョー」の一環として開催される「だれもが文化でつながる国際会議」は、こうした国内外の動向を紹介し、交流と新たな連携を促進するため、国際会議、 ショーケース、 短期集中キャンプ、ネットワーキングの4つのプログラムを実施。

上野にある文化施設を中心に、世界5カ国・地域から、100組以上の多様な専門家、団体、クリエーターが集結し、来場者とともに国際的プラットフォームを形成する。

今回の国際カンファレンスでは、 「ウェルビーイング」「ダイバーシティ」「インクルーシブ・デザイン」「アクセシビリティ」「つながり・居場所づくり」の5つのテーマからプログラムを展開。日本、シンガポール、インドネシア、 台湾の文化施設や中間支援組織、アーティストコレクティブなどの多様な立場で活動する専門家をコミッティメンバーに迎え、異なる文化と社会的背景のもとで、各地域における社会課題に向き合うメンバーの議論から、次世代の専門家との国際ネットワークを強化し、社会におけるダイバーシティと包摂性を推進する。

〈コミッティメンバー〉
?稲庭彩和子(独立行政法人国立美術館主任研究員)
?マウリーン・ゴー Maureen Goh(ART:DIS)[シンガポール]
?ピーター・ソウ Peter Sau(ART:DIS)[シンガポール]
?ガタリ・スルヤ・クスマ Gatari Surya Kusuma(Struggles for Sovereignty: Land, Water, Farming, Food(SFS) )[インドネシア]
?ニサ Nisa(Struggles for Sovereignty: Land, Water, Farming, Food(SFS) )[インドネシア]
?リン・チエチー Chieh-Chyi Lin(国立台湾歴史博物館)[台湾]

≪プログラム紹介≫
1. 国際会議[開会式/基調講演、 本会議、 分科会]【事前予約制】
[会場]
開会式/基調講演、 本会議: 東京国立博物館 平成館大講堂 
分科会: 東京都美術館 アートスタディルーム

同カンファレンスの中心プログラムとして、5つのテーマについて議論する国際会議。 基調講演・本会議・分科会として全12セッションを開催。 多様な地域・領域から政策立案者や研究者、実務家、クリエイター等を迎え、国際的な共通課題を提起していく。また、分科会では、文化施設や中間組織等の実践者による活動報告を中心に、芸術文化領域での未来に向けたアクションと展望を共有する。

〈基調講演 登壇者〉
? ジャスティーン・サイモンズ Justine Simons?(ロンドン市副市長(文化・クリエイティブ産業担当))[イギリス]
? 大杉豊(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター教授)
? 松田崇弥(ヘラルボニー代表取締役社長)

2. ショーケース[オープニング・パフォーマンス、 展示会]
[会場]
オープニング・パフォーマンス:上野恩賜公園竹の台広場(噴水広場)※雨天変更予定
展示会:東京都美術館 ロビー階第1展示室

開会日の夜には、オープニング・パフォーマンスとして、2019年に東京芸術劇場にて誕生したインクルーシブダンス「東京のはら表現部」が、多様なアーティストとコラボレーションし、観客を巻き込んだパフォーマンスを展開。また、分身ロボットにより障害者雇用を生み出すプロジェクトや、インドネシアにおける格差社会の是正に取り組むアートプロジェクト、台湾における社会的処方の取り組みなど、芸術文化を通じた社会包摂の今日的な状況を紹介する展示会を開催する。

3. 短期集中キャンプ「共鳴する身体」(5日間連続ワークショップ)?【参加者募集中】
[会場]
ワークショップ会場: LIFULL Fab(東京都千代田区) ※一般公開なし
成果展示:ショーケース展示会にて発表

障害当事者や外国人、研究者、クリエイターなど、文化や言語、考え方の異なる人々が集い、創作活動を通じた交流と協働を行う連続ワークショップ。 レクチャーやグループワーク、プロトタイプ開発などを通じ、DIYで楽器を制作するとともに、新しい音楽の楽しみ方を提案する。

〈プログラムディレクター〉
金箱淳一(神戸芸術工科大学准教授、 楽器インタフェース研究者)
中西宣人(フェリス女学院大学准教授、 株式会社A-KAK取締役、 楽器デザイナー、 サウンドデザイナー)[インドネシア]
アンドレアス・シアギャン(アーティスト/エンジニア)
協力:神戸芸術工科大学、 フェリス女学院大学

4. ネットワーキング[ブース・プレゼンテーション、 グループ・ミーティング]?【参加者募集中】
[会場]
ブース・プレゼンテーション:東京都美術館 ロビー階第2展示室
グループ・ミーティング:東京都美術館 ロビー階第2展示室およびスタジオ(交流棟2階)

公募によって選ばれたホストが、プレゼンテーションやミーティング、ワークショップを実施するネットワーキング。ブース・プレゼンテーションとグループ・ミーティングのふたつのプログラムで、国内外の文化関係機関、医療・社会福祉団体、NPO、クリエイターなどが出会い、ノウハウや知見を交換し、次なる協働に続く場を提供する。

【開催概要】
「だれもが文化でつながる国際会議:Creative Well-being Tokyo 2022」
会期:2022年6月28日(火)〜7月7日(木)
※国際会議は7月2日(土)〜4日(月)
会場:東京国立博物館、東京都美術館、上野恩賜公園竹の台広場、LIFULL Fab
イベント公式サイト: https://creativewell.rekibun.or.jp/conference/
※国際会議のみ事前予約が必要(6月1日よりWebサイトにて予約開始)
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況等によって、登壇者やプログラム内容は予告なく変更になる場合あり

関連記事(外部サイト)