又吉直樹とモトーラ世理奈が醸し出す、椅子をめぐる「ありきたりじゃない世界」【WOWOWオリジナルドラマ 椅子】

椅子と女性の人生を重ねて描く、異色のオムニバスドラマ『WOWOWオリジナルドラマ 椅子』(全8話/第1話無料放送)が5月27日よりWOWOWにて放送・配信される。

この一風変わった物語を紡ぐのは、無類の椅子好きとしても知られる又吉直樹だ。1話につき1脚の椅子が登場し、吉岡里帆・モトーラ世理奈・石橋菜津美・黒木華の4名が2話ずつ全く異なる主人公を演じるのも見どころのひとつ。

今作で又吉直樹が目指したのは「ありきたりじゃない世界」とのこと。そんな世界を実現するのにうってつけともいえるモトーラ世理奈を交えて、第3話『海へ』および第4話『オモイデ』について語ってもらった。

「意味が分からんけどよかったな」と思えるものになればいい

──本作を書き下ろすにあたり、「書いているときからできるだけ、自分が分かっていない感情になるようなものを描こうと心掛けていた」とコメントされていましたね。

又吉 「椅子と女性をテーマに物語を作ってほしい」とお話をいただいたときに、僕としては「意味が分からないようなものでもいいってことなんだろうな」と思ったんです。最初から出口を意識しすぎた話だと、どこかで見たことのあるものになってしまいますから。

なので、今回は実験とまではいきませんが「こういう物語だったら、最終的にはどうなるんだろう?」と、自分自身も興味が持てるような話を書こうと思いました。

──「意味が分からないようなもの」を観る側に提示するのは、なかなかハードルが高そうですが。

又吉 意味が分からないものって、みんな避けがちですよね。

共感できないと笑えなかったり、面白いと思えない人の方が多いのかなと思うんですが、そういうものを作るのではなく、「なんかよく分からんし、意味が分からんけどよかったな」と思えるものになればいいなって。そういう物語を目指しました。

──モトーラさんはその“意味の分からなさ”を含めて、『海へ』と『オモイデ』にどんな印象を持ちましたか?

モトーラ 最初に『海へ』の台本を読んだときに、「肘にラムネを置いて、それを食べる」という描写を見て、「なんで肘なんだろう? 肘も食べるのかなあ?」って(笑)、ずっと頭に残りました。

『オモイデ』は『海へ』よりもリアルというか、イメージしやすい感じがあって……男女の等身大の恋愛を描いたお話ですが、私はこれまでそういった役を演じたことがなかったので「どうしようかな?」と考えていました。

──特に『海へ』は即興芝居が多い印象でしたが、どの程度まで台本に書いて、あとは役者さんたちに委ねようと思ったのでしょうか?

又吉 まさに完成版のような雰囲気にしたかったんですが、書いたものをセリフで言ってああいった雰囲気にするのはなかなか難しくて……。

もちろん台本は書きますが、役者さんたちが元々持っている言い回しであったり、ノリみたいなものが出ないと、仲の良さや日常の雰囲気が出ないだろうなと思っていました。

だから、台本自体はできるだけそういったものが出やすい、発射台のようになればいいなという意識はありました。

──細かいところまであまり詰めないで、自由に演じていただいた?

又吉 そうですね。そこがやっぱり難しいところで……僕らも漫才やコントの本を書くんですけど、絶対にそのままやれないんですよ。やってみてから、少しずつ自分の身体に合った言葉に変えていく作業をするんです。

今回の場合、そういった作業というのは現場での演出部分になると思ったので、「無理に演じると、きっと違うものになるんじゃないですかね」といったような希望だけお伝えしました。

仕上がりを観たらとても自然な雰囲気になっていたので、よかったなあと思いました。

──みなさんと即興でお芝居する際に、あの雰囲気は自然に出てきましたか?

モトーラ そうですね。最初に台本を読んで疑問に思ったところを監督に質問しようと思ったんですが、「とにかく一度やってみよう」ってなって。始まる前は不安でしたが、始まってみたらわりとすぐに波長が合ったんです。

以前も共演した堀田(真由)さんはプライベートでも知っている仲ですし、河合(優実)ちゃんもすぐに打ち解けたので、自然と3人の関係性ができあがってあの雰囲気になりました。

──堀田さん演じる杏奈が上着を脱ぐときに、装飾が絡まってなかなか取れないところも面白かったです。

モトーラ あれも偶然だったんです。みんな「取れない。どうしよう?」みたいな感じになっちゃって。

それも含めて、みんなで楽しんで演じていましたね……でも、まさかあのテイクが使われるとは思わなかったけれど(笑)。

──完成版を観てあらためて感じた、モトーラさんの役者としての印象はいかがでしょうか?

又吉 存在感があって、いるだけで面白い方ですよね。

喋っているときの表情が魅力的な人もたくさんいると思いますが、モトーラさんは人の話を聞いているときの表情も面白いので……物語性があるというか、広がる感じがありますよね。全部が説明的に進んでいかないのも面白いです。

──「説明的に進んでいかない」とは?

又吉 役者さんによっては「今絶対にこういう感情なんだろうな」って、観ている側に考える余地を与えない方もいらっしゃるじゃないですか。

それはそれで素晴らしいと思いますが、「こう思ってるかもしれないし、こうかもしれない」と思わせるような、感情がブレンドされている感じの役者さんもすごく面白いと思うんです。モトーラさんの場合、それがすごく強いのかなあと思いました。

座るだけではない、いろんな情報や物語がある“椅子”という存在

──又吉さんは無類の椅子好きとのことですが、『海へ』ではチャールズ&レイ・イームズの“ラ シェーズ”を取り上げていますね。

又吉 60脚ぐらいの候補の中から「すごくかっこいい椅子だな」と思って取り上げましたが、ラ シェーズって物語を書くのが難しいんです。

本来は部屋に置けない……まあ置けるんですけど(笑)、デザイン性が高いうえに、大きくて高額なラ シェーズを置ける人物って限られてきますよね。

「デザイン系の事務所とかだったら置けるのかなあ?」とかって考えましたが、それだとラ シェーズをラ シェーズとして扱いすぎている印象があったんです。

第3話『海へ』

──作中ではどこかに置いている描写はなく、女の子たちが海へ運んでいる様子が描かれていました。

又吉 ラ シェーズといったら、やっぱりあの形が魅力ですから……「海と合うんちゃうかな」って(笑)。それで、ラ シェーズをみんなで海まで運ぶのがいいんじゃないかなって思ったんです。

単純に絵になるというか、あそこまでいったらもう座るためだけのものじゃないのでね。デザインがかっこよすぎたら変な力を持つ、みたいな(笑)。

その域にいっている椅子やなあと感じました。

第3話『海へ』

モトーラ 私はラ シェーズという椅子を初めて知りましたが、一度見たら忘れられない形をしているなと思いました。

この作品を撮った後、北海道の東川にある図書館(せんとぴゅあ)に行く機会があったんですが……名作椅子のコレクションとして、ミニチュアの椅子がたくさん置いてあったんです。そこにラシェーズもあって、すぐに目に留まりました。それくらい印象に残る椅子だなと思いました。

──『オモイデ』に使用されていた、ハンス・J・ウェグナーの“Y-チェア”はいかがでしょう?

又吉 僕も欲しいぐらい使いやすそうな椅子なんですが、古代中国の椅子を現代の生活に馴染むようリデザインしたものなんですよね。

第4話『オモイデ』

過去のものを現代的に解釈して作り直していくというのが……もちろん、当時のものを今使うというのも面白いと思いますが、螺旋みたいに徐々に上に積み上がっていくような、「より面白いものを作ろう」という考え方にすごく共感できるんです。

Y-チェアがまた将来、誰かによってさらに現代的に解釈されたらどうなっていくんだろう?とも思いますよね。そうやって、座るだけじゃなく、いろんな情報や物語がある椅子というものが好きなんです。

第4話『オモイデ』

モトーラ 台本を見たときに“Y-チェア”って書いてあったので、「どんな椅子だろう?」と調べてみたら、カフェとかスタジオで見たことがある椅子だったんです。でも、Y-チェアという名前がある椅子なんだっていうのは考えたこともなかったので新鮮でした。

座りやすさとかまで考え尽くされて、ああいった形になったんだって思うと……今回の作品を通して、Y-チェアという椅子を見たときに感じることが大きく変わりました。

──おっしゃるように、今作を通してあらためて「椅子って自分の生活に寄り添っているものなんだな」と気づかされました。椅子の他に、自分の生活に寄り添っていると感じるものはありますか?

又吉 僕は本、主に小説ですね。例えば中学生のときに読んだ小説を成人して読むとまた印象が変わっていて、その変化が嬉しいんです。

中学生の僕が読んだときは、衝撃的な一文に引っかかって、その余韻で残りを読むから気づかないこともたくさんあったんでしょうね。それはそれで当時の僕に寄り添ってくれていたんだと思いますが、何度も読んでいくとその衝撃が自分の中で軽減されて、また浮き上がってくる別の言葉がある。

そうやって、その都度自分に必要なものを提示してくれる本に出会うために、いろいろと読むんだろうなと思います。

モトーラ 私は……洋服ですね。

そのとき何を着ているかで自分の気持ちやテンションが変わりますし、自分が好きなものを身につけていると、それに助けられて「今日も1日頑張れる」っていう気持ちになるので、生活に寄り添ってくれているんだと思います。

取材・文:とみたまい
撮影:川野結李歌
スタイリング:中井彩乃(モトーラ)
ヘアメイク:芳野史絵(又吉)、斎藤紅葉(eek)(モトーラ)

『WOWOWオリジナルドラマ 椅子』
5月27日(金)スタート
毎週金曜午後11時30分放送・配信(全8話)
第1話無料放送【WOWOWプライム】
無料トライアル実施中【WOWOWオンデマンド】

出演:吉岡里帆 モトーラ世理奈 石橋菜津美 黒木華 ほか
作:又吉直樹(『火花』芥川賞受賞作、『劇場』、『人間』)
【番組特設サイト】 https://www.wowow.co.jp/drama/original/isu/

ぴあアプリでは又吉直樹さん、モトーラ世理奈さんのアプリ限定カットをご覧いただけます。ぴあアプリを ダウンロード(dpia-app://contentAll?contentId=26fd672c-5dd5-477b-b989-76ce8d72f9ff&contentTypeId=2) すると、この記事内に掲載されています。

関連記事(外部サイト)