初出しとなる本編シーンに注目! 『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』WEB特報公開

初出しとなる本編シーンに注目! 『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』WEB特報公開

『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』

『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』が7月22日(金)に公開となる。この度、本作初となるWEB特報が公開された。

毎週日曜日午前9時よりテレビ朝日系にて放送中の『仮面ライダーリバイス』は、主人公の五十嵐一輝(前田拳太郎)が大切な家族を守るため、一輝自身に宿る悪魔のバイス(声・木村昴)と契約を結ぶ。これによって一輝は「仮面ライダーリバイ」に、バイスは「仮面ライダーバイス」に変身。人間と悪魔がバディを組んだ“1人で2人”最強コンビの仮面ライダーが戦う姿を描いた、仮面ライダーの生誕50周年記念作品だ。

そして、3月6日より放送開始となったスーパー戦隊シリーズ第46作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(毎週日曜9:30〜10:00 / テレビ朝日系)は、日本の昔話『桃太郎』をモチーフにした作品。主人公の桃井タロウがドンモモタロウ(レッド)に変身し、お供であるサルブラザー(ブルー)、イヌブラザー(ブラック)、キジブラザー(ピンク)そしてオニシスター(イエロー)とともに人間の欲望から生まれるモンスターに立ち向かう。ルックスもチームワークも凸凹で“超個性的・クセ強な”いまだかつて見たことがない異色のスーパー戦隊作品である。

『劇場版 仮面ライダーリバイス』では、突如ハイジャック事件が発生。謎の組織によって囚われてしまう乗客、そのなかには五十嵐元太と幸実の姿も。謎の組織の目的とは一体。そして、五十嵐一輝、五十嵐大二、五十嵐さくらの五十嵐3兄妹は、囚われた乗客を奪還するため禁断の地・エリア666へ究極のスカイ・ミッションに挑むのだった。

ハイジャック事件に関するニュースを見ている3人は、言葉を失い驚きと焦りを隠せない表情も見せ、事態の緊迫さを感じさせる。さらに両親そして乗客が囚われた場所が、かつて人の手によって閉鎖された禁断の地「エリア666」。悪魔の数字「666」を冠するこの場所では、一体何が待ち受けているのか。

さらに、ジョージ・狩崎がつぶやいた「やれやれ、困った悪魔だ……」という言葉と共に現れたバイスやラブコフではない新たな悪魔の存在も気になりなるところだ。TVシリーズもクライマックスに向けて一番の盛り上がりを見せるこの夏、劇場版で描かれる物語には何やら不吉な予感が漂う。



一方シリアスな『劇場版 仮面ライダーリバイス』とは一転して、陽気で軽快な音楽と共に特報解禁となる『暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』。こちらではドンブラザーズが“映画に出演”することに。

映画の中で、制作される映画は“王道少女漫画”の実写化!「嘘とセリフは違う!」と言うものの、嘘をつくことができない桃井タロウは果たして本当にセリフを言えるのか。そして人気漫画家を目指していたはずの鬼頭はるかが、いきなり新人女優賞を受賞?

猿原真一や犬塚翼、雉野つよしらほかのお供たちも入り乱れ、映画撮影はどうなるのだろうか。最後には脳人のソノイとソノニも登場し「ここでも桃井タロウが主役か……」と悔しがる様子も。まさかの展開の連発に思わずツッコミたくなること間違いなし。

また6月1日(水)正午よりオンラインにて、豪華なアイテムが付いてくる本作の前売券プレミアセットの予約が開始される。両作品の変身アイテムと連動した限定付録がついた「仮面ライダーリバイス」ver.と「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」ver.の2種から選択可能だ。

『劇場版 仮面ライダーリバイス/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』
7月22日(金)公開

<前売券>
ムビチケ前売券(オンライン)+DXクロコダイルバイスタンプ
オンライン予約期間:6月1日(水)12:00〜7月21日(木)23:59
価格:3150円(一般・発送費など別途)

ムビチケ前売券(オンライン)+アバタロウギア 仮面ライダー2022ムービーセット
オンライン予約期間:6月1日(水)12:00〜7月21日(木)23:59
価格 2,300円(一般・発送費など別途)

詳細: https://www.toei-onlinestore.com/shop/c/c20/

関連記事(外部サイト)