“うそがつけない”薮宏太、詐欺師役に奮起 ファンからは「できるわけない」?

“うそがつけない”薮宏太、詐欺師役に奮起 ファンからは「できるわけない」?

“うそがつけない”薮宏太、詐欺師役に奮起 ファンからは「できるわけない」?の画像

松本清張のベストセラー小説を連続ドラマ化した『連続ドラマW 松本清張 眼の壁』の完成報告会見が5月30日、都内で行われ、主演を務める小泉孝太郎をはじめ、共演する泉里香、薮宏太(Hey! Say! JUMP)、陣内孝則、監督の内片輝(『連続ドラマW 殺人分析班』シリーズ)が出席した。

1957年に「週刊読売」で連載された、手形詐欺に端を発する連続殺人事件の謎を描いた傑作ミステリーを映像化。舞台をバブル終えん期の1990年代に移し、手形詐欺に遭った上司の汚名をそそぐため、主人公の経理課長・萩崎竜雄(小泉)が新聞記者の友人の協力を得て、巨悪に立ち向かう姿を鬼気迫る展開で描き出す。脚本を『誤差』など数々の松本清張作品を手掛けてきた深沢正樹が担当している。

WOWOW作品には7年ぶりの主演となる小泉は「台本をめくるのが怖くなるほどだった」と回想し、「台本以上のゾクゾク感が詰まったエンターテインメント作品になった。『眼の壁』という言葉の意味も考えながら、余韻に浸ってもらえれば」とアピール。正義感に燃える男という役どころで「誰を信用し、何を信じて進んだらいいのか。まともなのは萩崎だけで(笑)、苦しかった」と本音も明かし、「その分、役者としてやりがいがあり、今は達成感と満足感に包まれている。出合えて感謝しています」と強い手応えを示した。

泉は事件への関与を匂わすクラブのホステスを演じ、「ミステリアスで謎に包まれた雰囲気を意識した。ホステスの所作も学んだ」と役作りを振り返った。小泉とのダンスシーンも見せ場になっており「終始、至近距離だったので、ドキドキでした。二人の関係性にも注目してほしい」と語ると、小泉は「こちらこそドキドキで。泉さんの方が僕をリードしないといけないから、大変だったと思う」と労をねぎらった。

鮮やかな手口で2億円の手形を詐取し、姿を消す自称金融コンサルタントを演じた薮は、「(グループの)番組でも、僕がうそをつけるか検証すると、絶対うそが見抜かれるんです。だませないんですよ(笑)」と“うそがつけない”性格を告白。ファンの間では有名なエピソードだといい「今回、詐欺師役だと情報解禁されてから、エゴサーチしたら、『できるわけないじゃん』という意見も。なにくそと思って(笑)」とファンの声に奮起したと明かした。実際に詐欺師を演じ、「普段は経験できない役柄で、変な言い方ですけど、人をだますの楽しいなと思えた」と好感触。「小泉さんを困惑させながら、ストーリーが進んで、ラストにはとんでもない真実が待っている」と期待をあおった。

内片監督は「原作とは時代設定が違いますが、清張先生の独特なおどろおどろしい世界観を損なわないよう、キャラクターを深堀りした」とこだわりを明かし、「小泉さんなら、内に秘めたパッション。泉さんの妖艶さから垣間見える影。薮くんは、詐欺師ですが、わずかに醸し出される優しさ。そういった“引っかかり”に注目して見てもらうと、最後には腑に落ちてもらえるはず。最後まで目を離さず楽しんでほしい」と力説していた。

取材・文・写真=内田涼

『連続ドラマW 松本清張 眼の壁』(全5話)
6月19日〜毎週日曜日午後10時
WOWOWプライムで放送(第1話無料放送)・WOWOWオンデマンド(無料トライアル実施中)で配信スタート

関連記事(外部サイト)