M!LK SPRING TOUR 2022“CIRCUS”レポート「み!るきーずに支えられているからこれからも走っていける」

M!LKが5月28日にLINE CUBE SHIBUYAにて「M!LK SPRING TOUR 2022”CIRCUS”」の最終公演を行った。
充実のセットリスト、M!LKのメンバーそれぞれの個性を存分に生かした“CIRCUS”というタイトルにふさわしいエンターテイメント性に富んだライブの模様をレポートする。

メンバーの魅力あふれるショー、開幕

開演5分前。わずかにステージ上の照明が暗くなり、小さな灯りがきらめく。会場に流れるのはどこか「サーカス」を思わせるようなメロディ。なつかしさとワクワクを掻き立てるBGMだ。
埋まっていく客席、ツアー最終日特有の、高まる期待感。会場の照明が消えると、ステージ上に設置されたスクリーンにはまるでサーカスのステージの合間の時間を楽しんでいるようにも見えるM!LKのメンバーの姿が映し出される。

映像が終わると、ステージを順に差していくスポットライト。強い照明に目がくらんだ次の瞬間、どこかピエロを模したような、赤と黒を基調としたクールな衣装に身を包んだメンバーの姿が。さあ、ショーのスタートだ。

1曲目を飾ったのは『パッパラ・シュビドゥ・ヴァァァァァァァ』。キレのあるダンスで一気に客席を「CRICUS」の世界観へと引き込んでいく。大きなスクリーンには生カメラでそれぞれの表情を切り取っていく。

佐野勇斗の「最終公演、悔いのないように行くぞ!」という声と共に『テルネロファイター』へ。吉田仁人の高音が心地よく響き渡っていく。テンションが上がっていく曲中で、会場を埋め尽くしたみ!るきーずにご挨拶。観客は声が出せないながらも、コール&レスポンスでボルテージをあげていく。

『ジャングリズム』では曽野舜太が赤い布をひらめかせながらステージを右から左へ。視線を集めると、布をステッキに変えるというマジックをみせ、会場を感嘆させた。中盤でも佐野から「スペシャルマジックを披露します!」という紹介を受けてハットの中からミニチュアの東京タワーなどを取り出し、キュートな笑顔を添えて客席を沸かせた。

続く『コーヒーが飲めません』では椅子を使ったダンスを。コーヒーが飲めないのは嘘としか思えない大人っぽさで演出。また、山中柔太朗が椅子を使ったパフォーマンスで圧倒した。ドキリとするような仕草、息を呑むような身のこなしに会場の視線が釘付けになる。

マジック、アカペラ、それぞれの見せ場が光る

撮影:斎藤 大嗣

佐野が足を大きく踏み鳴らすストンプから始まった『Good Morning Mr.Mistake』。客席と共にクラップやストンプ、ボディーパーカッションを行い、一体感を高めていく。み!るきーずが佐野に合わせて足を踏み鳴らすたびに会場が揺れる臨場感が、体を震わせる。
そして『交差点、信号、君と僕』は吉田のアカペラからスタート。力強く、しかし透明感がある歌声で会場を魅了。そこに重なる4人の歌声も美しいハーモニーを響かせた。

続いての『energy』では塩ア太智がボトル回しを見せたあと、5つのショットグラスに注ぐような仕草を。5人でグラスを触れ合わせたあと、タンッ! と音をさせてカウンターに置いたと同時に山中の歌声が響く。さらに、曲の最後では塩アがボトルを使った華麗なパフォーマンスをカウンター上で見せ、美しいバック宙で締めくくった。

冒頭から7曲を駆け抜け、それぞれの見せ場をしっかりとやり遂げた5人。MCでは自然とそれぞれのパフォーマンスの出来について。今日はノーミスだったという塩アにメンバーは「その中でも点数が高いパフォーマンス」と絶賛。塩アも嬉しそうにバク中の際の着地がピタリと決まったと言って満面の笑みを見せる。山中の椅子を使用したダンスも難易度が高いもの。かなり練習をしたと明かし、以前、イリュージョンも披露したことがある曽野も「マジック担当なのかな?手先器用じゃないのよ」と困惑顔を見せつつも、安堵ものぞかせた。

吉田のアカペラについては、塩アが「今日もよかったね〜!」と言うと会場からは拍手が。山中も「もう歌い出しで調子が良いか悪いかわかる」と頷く。
また、今回のツアー、全13公演ではさまざまな地域に訪れたことに触れ、「いろんな場所でいろんな勉強をさせてもらった」と吉田。「もっといろんな地方でもやっていきたいと思った」と意欲を見せた。

佐野の「後半戦も盛り上がってきましょう!」という呼びかけに続いて『君とスクロール』でスタート。薄いピンク色の照明の中『桜咲く頃には』では5人で肩を組んで歌う場面もあったほか、佐野が歌詞の「君がいたから」部分を「み!るきーずがいたから」と歌い、会場にいる全ての人たちの絆を確認しあっているように見えた。

時に挑発的に、時にキュートに アイドルらしさ全開のステージ

撮影:斎藤 大嗣

ここでInterludeを挟み、再びステージ上に登場したメンバーはフード付きの赤いマント姿に。マントを脱ぎ捨てると今度は黒と白を基調とした衣装に。ここからは更にダンサブルに『MAGIC CARPET』、『君の知らない世界へ』で畳みかけていく。カメラに抜かれるメンバーの表情はクールで、どこか挑戦的な視線が刺す。

かと思いきや続く『gkbr』では吉田を4人が囲みつつ、ワチャワチャとした雰囲気でスタート。おちゃめな表情を覗かせる。が、再び『May』では青と赤の妖しいライティングの中激しいダンスを。それぞれが赤い布を手にし、演出に加えていく。互いの布の絡ませ、囚われた心を表現。切なさと色気を感じさせ、4曲でよりM!LKの奥深さを垣間見せた。

再びInterludeを挟み、「君のためだけのサーカスを始めるよ」というメッセージで〆られた映像のあとには、今度は黄色の華やかな衣装で『DEAR LIFE』、『Ribbon』、『HIKARI』をまたここまでと違った雰囲気で魅せていく。それぞれが笑顔をきらめかせ、柔らかい表情を見せる中、不意打ちで佐野は流し目で射抜いていく。ある種、アイドル全開のパートと言ってもいいのかもしれない。
くるくると変わっていく表情と演出。MCも含めていきつく間もない展開は時が経つのを忘れさせてくれる。吉田の「最後の曲です」という言葉にハッとさせられるほど。本編を締めくくったのは『Goin’Down』。一挙手一投足、最後の最後までカッコイイM!LKを見せつけた。

が、アンコールでは恒例のゲームコーナーが。今回はM!LKの曲でイントロドン。一番正解数が少ないメンバーが罰ゲームを受けるというルールだ。なかなかの難題揃いに自分たちの曲であっても間違える場面も。最後の問題を迎える前に無得点だった佐野と曽野が一騎打ち対決で決着をつけることになる。

「何年M!LKやってると思ってるんだ!」という強気な姿勢を見せていた佐野だが、曽野に先を越されてしまい、罰ゲームを受けることに。今回の罰ゲームは胸キュンなセリフをカメラ目線で言うというもの。ボックスから引いた甘いセリフに佐野は顔をしかめる。曽野が手持ちカメラを担当し、「ロミオとジュリエット風に」という演出をつける。佐野は嫌そうな顔をしながらも、「僕がそばにいてほしいのは世界でただひとり、君だけだ。ずっと大事にする。僕と付き合ってください」と本番でビシッとキメてくるところはさすがである。客席から思わず小さな歓声があちこちから聞こえたが、佐野はぐったり。「ほんとに魂けずられる」とぼやいた。

み!るきーずに支えられているからドームに向かって走れる

しかし、このあとのアンコールも元気に続く。8月10日にリリースの新曲『奇跡が空に恋を響かせた』をしっとりと歌い上げ、『ハナキン!』ではパワーダウンすることないダンスを披露しただけではなく、ステージの端から端まで動きまわり、客席に手を振る。み!るきーずも負けじとペンライトを回し、それに応える。ラストの曲『Winding Road』まで全力で駆け抜けた。

ツアーを完走し、充実の表情を見せるメンバー。塩アは客席に向かって「楽しかったですかー!?」と問いかけたあと、「俺もめっちゃ楽しかったー!」と笑顔を弾けさせた。
佐野は「今回のツアーは地方にも行ったんですけどライブでこうやってみんなと生で会えるのって楽しいな、と心から思いました。そしてやっぱりみ!るきーずに支えられているんだな、というのも改めて実感できた。ドームツアーに向かってこれから先、突っ走っていきたいと思います!」と力強く決意を語った。さらに山中は「今回のツアーは太智くんからみんなと一緒に作るライブって聞いていたけど、本当に大成功して。みんなのおかげでめちゃくちゃ素敵で楽しいライブがツアー通してできたな、と思っています」。

曽野は「今日でCIRCUSは閉演となってしまうんですけども、僕たちM!LKはもっともっと大きな牛になるべくこれからも突っ走っていきます。僕らは笑顔という牛乳をあげるのでその分、たくさんのみんなの元気、養分をください!みんなの応援が僕らの力になります!」と元気いっぱいに挨拶し、吉田と佐野から「いいと思う」「内容は伝わった」と苦笑いされる場面も。

最後、吉田は改めて会場に集まったみ!るきーずにお礼を伝えたあと、「この素敵な衣装と素敵なステージと、それを見に来てくれるみなさんがいて僕らはここに立てている。嬉しい!超楽しい!」と喜びを爆発させた。「本当にこのステージを楽しめているのはみんなが見てくれているからだし、みんながこの日のために準備してくれているから。そういうことを考えたら、もっとみんなでいろんな景色を見たいと思いました!」と心から楽しそうな表情で想いを伝えた。

最後は会場の端から端まで丁寧に、感謝を伝えるようにしてみ!るきーずに手を振っていた5人。ツアーが終わるのを名残惜しく感じているようにも見えた。きっとみ!るきーずも同じだろう。それはどれだけ充実したツアーを過ごしてきたか、という証でもあるのかもしれない。

終演後には自身最大規模となるホールツアー 「M!LK HALL TOUR 2022 満月の夜 君と逢う」(https://lp.p.pia.jp/article/news/232006/index.html?detail=true) の開催がサプライズ発表された。ツアーを重ねるたびに、パワーアップしたステージでファンを魅了しているM!LK。自身最大規模のホールツアーとなる次回、どのようなステージを見せてくれるのだろうか。

取材・文:ふくだりょうこ

関連記事(外部サイト)