町田啓太、森マリアらキャスト陣が意気込む様子が 『太陽とボレロ』演奏場面メイキング映像公開

町田啓太、森マリアらキャスト陣が意気込む様子が 『太陽とボレロ』演奏場面メイキング映像公開

『太陽とボレロ』

水谷豊が監督を務める作品第3弾『太陽とボレロ』が6月3日(金)より公開となる。この度、本作より新たなメイキング映像が公開された。

水谷は初監督作となる『TAP-THE LAST SHOW』(2017年)で、若者の青春群像とショービジネスの光と影を、脚本も手掛けた監督第2作『轢き逃げ 最高の最悪な日』(2019年)では不幸な事故が露わにする人間の心の奥底を映像に落とし込んだ。

第3弾となる本作は“クラシックのオーケストラ”が題材。アマチュア交響楽団“弥生交響楽団”にまつわる、音楽を愛する普通の人々とその人間模様を描く。

解禁となったのは、吹き替え無しでプロのオーケストラと共演する演奏シーン撮影に向けて、一丸となり奮闘するキャスト陣の姿が映し出されたメイキング映像。



弥生交響楽団トランペット奏者・田ノ浦圭介役を演じる町田啓太は「一生に1回なので思う存分楽しみたい」と、演奏シーンの撮影を前に少し緊張した面持ちを浮かべながらも笑顔で意気込む。

続いてオーボエ奏者・牧田九里郎役の田口浩正による「先生たちのがすごい」、ホルン奏者・遠藤正道役の田中要次の「こんなでかいステージで」、コントラバス奏者・吉村益雄役の六平直政による「心臓が痛くなっちゃう」というコメントも。

長年バイプレイヤーとしてキャリアを積んできた面々が圧倒されている様子や、プロのオーケストラの先生から熱い指導を受けているキャスト陣の姿も収められている。

プロの先生からの熱い指導に答えるように真剣な眼差しで練習に打ち込んでいたキャスト陣。六平はさらに「1年間の練習の成果がでましたね」と語り、コロナ禍で撮影が延期になった間もそれぞれ積み重ねてきた練習の手応えを感じていた様だ。

また、ラストシーンの撮影に挑む直前、ヴァイオリン奏者・宮園あかり役の森マリアは「ラストのボレロ、魂込めて頑張りたいと思います」と明るく、頼もしく意気込む。

そんな森の想いも込められたモーリス・ラヴェル作曲「ボレロ」の演奏シーンの迫力は、本編での演奏シーンへの期待をさらに高めてくれるものとなっている。

『太陽とボレロ』
6月3日(金)より公開

関連記事(外部サイト)