BiSHの初主演映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK&ROLL』封切り! メンバー全員が舞台挨拶で見どころをアピール

BiSHの初主演映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK&ROLL』封切り! メンバー全員が舞台挨拶で見どころをアピール

『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK&ROLL』初日舞台挨拶

“楽器を持たないパンクバンド”の異名をもつ6人組ガールズグループ・BiSHが初主演を務めるオムニバス映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK&ROLL』の初日舞台挨拶が6月10日、東京・新宿ピカデリーで行われ、メンバーのアイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dが勢ぞろいした。

日本映画界を代表するヒットメーカーの行定勲監督をはじめ、これまでBiSHの映像作品を数多く手がけてきた田辺秀伸、大喜多正毅、エリザベス宮地、山田健人、そして所属事務所であるWACK代表の渡辺淳之介がメガホンを取り、ドラマ作品からアート作品まで、各メンバーを主演に迎えた“六人六色”の6作品が集結している。

田辺監督による『リノベーション』に出演したアイナ・ジ・エンドは、「新しい一歩を踏み出したら、面白い経験ができたり、新しい刺激を受けたりできる」と作品に込められたメッセージを語り、「私の作品が皮切りで、謎めいた雰囲気(の作風)なので、皆さん、何を見せられるんだろうと思うかも」と照れ笑い。ハシヤスメ・アツコは大喜多正毅監督の『レコンキスタ』で、時空のループにはまる会社員を演じ、「大喜多監督が私の過去のインタビューなどを読んで台本を書いてくださったので、私に近い役柄を作ってくださり、演じやすかった」。エレベーター内部が舞台となり「密室空間で描かれる物語なので、変わり映えない景色でいかに感情を表現するか意識した」と話していた。

アユニ・Dはエリザベス宮地監督による『オルガン』に出演。兄妹の関係性から生まれるドラマが描かれ、「シビアでディープな内容。過酷なシーンもあって、皆さんの心に深い傷を残せたらいいなと思う」とアピールし、「自分自身をもう一度見つめ直す機会になった」と振り返った。一方、リンリンは山田監督とタッグを組み、台詞なしの異色作『VOMiT』を完成させ、「同調圧力にもがく女性がテーマになっている」と解説。台詞に代わり、コンテンポラリーダンスで感情が表現され「(ダンス講師から)正解はないんだよと言ってもらい、心が軽くなった」と語った。

渡辺氏がメガホンをとった学園コメディ『PEACH CHAOS PEACH』に出演したモモコグミカンパニーは「モモコグミカンパニーと渡辺さん、それぞれのヤバさが組み合わさり、カオスな映画になった。演技は初挑戦だったが、コメディだからこそ、いい意味で自分を振り切れた」と自信のコメント。セントチヒロ・チッチが出演する『どこから来て、どこへ帰るの』は、行定監督が脚本も手がけており「私に一歩を踏み出しなさいという気持ちを込めて(脚本を)書いてくださったのかなと。私自身も飛び込む気持ちで覚悟を決めたし、一番人間らしい醜い部分、美しい部分がモノクロの世界で描いている」。メンバー全員で作り上げた本作について「6人の個性があったからできた作品。心して見てもらえたら」と駆け付けたファンにメッセージを送った。

取材・文・写真=内田涼

『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK&ROLL』
公開中

関連記事(外部サイト)