坂本昌行「ピーター・アレンに捧げたい」 4度目熱演『THE BOY FROM OZ』が“命日”に開幕

坂本昌行が6月18日、渋谷・東急シアターオーブで開幕した主演ミュージカル『THE BOY FROM OZ Supported by JACCS』の取材会に出席した。2020年の公演中止を経て、ついに念願の初日を迎え「こんなに色あせない、常に新鮮でドキドキさせてくれる作品もなかなかない。贅沢な時間を観客の皆さんと共有できると思うと最高ですね」と声を弾ませた。

クリストファー・クロスの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ(Arthur's theme)」、オリビア・ニュートン=ジョンの「愛の告白(I Honestly Love You)」など、数多くの名曲を生み出した稀代のエンターテイナー、ピーター・アレンの波瀾万丈な人生を描いた本作。坂本は2005年の日本初演から、主人公ピーターを演じており、2006年、2008年に続き、今回が14年ぶり4度目の上演となった。

坂本昌行

初演から17年の歳月が流れ、坂本は「変わったことですか? 真面目に答えると、作品のことをより深く考えられるようになった」と語り、「いろんな経験をする中で、出会いはもちろん、大切な人を亡くすことも。逆に旅立った人を心から愛していたんだなと思えることもあり、そういう思いはピーターという役に投影できた部分もある」と役作りを深めた“時の流れ”にしみじみ。くしくも6月18日は、48歳で亡くなったピーター・アレンの命日にあたり、「今、演じなさいということなのかなと。もちろん、お客様に向けたステージですが、心のどこかでピーター・アレンに捧げたい」と誓った。

末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)

新キャストとして、ピーターの恋人グレッグ・コンネルを演じる末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)は「最初は不安や緊張もあった」と明かし、「でも、皆さんがとても優しく、温かく迎え入れてくださり、楽しく稽古することができました」と安どの表情。本作が初ミュージカルとなり、「それが歴史ある素晴らしい作品ということで、とても光栄。千秋楽まで走り抜けたい」と抱負を語った。坂本とは恋人役という間柄で「なるべく近づきたいと思い、話しかけたりした」。また、坂本から演技のアドバイスもあったといい「とても演じやすかった」と感謝していた。

そんな“後輩”の言葉に、坂本は「普段は弟的な可愛らしさがあるが、芝居に入ると、日に日に変わっていく姿を見せてくれた。だったら『もっとこうしたら?』と。(助言し過ぎるのは)あまり良くないと思いつつ、でも、僕の言葉をしっかり受け止め、自分のものにしてくれた」と目を細めていた。

『THE BOY FROM OZ』より 撮影:阿部章仁

東急シアターオーブでの上演は7月3日(日)まで。その後7月14日(木)〜16日(土)に大阪オリックス劇場にて上演を予定している。

取材・文・写真(取材会写真)=内田涼

公演情報
『THE BOY FROM OZ supported by JACCS』
演出:フィリップ・マッキンリー
振付:ジョーイ・マクニーリー
出演:坂本昌行
紫吹淳 末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.) 宮川浩 今陽子 鳳蘭 ほか

【東京公演】
2022年6月18日(土)〜7月3日(日)
会場:東急シアターオーブ

【大阪公演】
2022年7月14日(木)〜7月16日(土)
会場:オリックス劇場

関連記事(外部サイト)