幅5メートルに及ぶ未完の大作を初公開!『かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと』7月16日より開催

「だるまちゃん」シリーズ、『からすのパンやさん』や『どろぼうがっこう』などの絵本で知られるかこさとし(加古里子)。その生涯と作品世界から、絵本作家としてだけでなく、「かこさとし」というひとりの人間が、絵本を通して未来に残し、伝えたかった想いを紐解く『かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと』が7月16日(土)よりBunkamura ザ・ミュージアムにて開催される。

2018年に92歳でこの世を去るまで、600冊以上もの絵本を世に生み出してきたかこ。東京大学工学部を卒業後、昭和電工に長年勤めたという経歴をもち、「だるまちゃん」シリーズなどのユーモアあふれる作品から、『海』『地球』『宇宙』などの科学絵本まで、様々な分野の絵本を制作。
読んで楽しいのはもちろん、子どもたち自身の頭でよく考え、個々の可能性を切り開くよう、表現に工夫が凝らされた絵本たちは、今なお世代を超え読み継がれている。

同展では、初期から晩年までの代表作はもちろん、かこが若き日に描いた油彩画や、セツルメント活動(ボランティア運動の一種)で子どもたちのために制作した紙芝居の原画や幻灯、これまで世に出ることがなかった絵本の原画など、初公開を含む貴重な作品や資料を公開する。

さらに、最晩年に描き残された《宇宙進化地球生命変遷放散総合図譜(通称:生命図譜)》 (複製)が初公開される。生きとし生けるものへの愛情と理解を最後の最後まで探求し描き表わそうとした、科学絵本の集大成ともいえるこの作品は、幅5mにもおよぶ未完の大作。古く繊細な紙に細かに描かれた原画は移動や展示に耐えられないため、精緻に再現された複製が展示される。
深い思い入れをもって描かれた生命の図譜と対面し、かこの思いを想像してみたい。

《自画像》1947年 (c)1947 Kako Research Institute Ltd.
『地下鉄のできるまで』 1987年 (c)1987 Kako Research Institute Ltd.
『人間』 1995年(福音館書店) (c)1995 Kako Research Institute Ltd.
《宇宙進化地球生命変遷放散総合図譜(通称:生命図譜)》(未完成)
(c)2018 Kako Research Institute Ltd.
富士山を望む自宅の庭にて。2016年10月撮影

【開催概要】
『かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと』
会期:2022年7月16日(土)〜9月4日(日)  ※休館日:7月26日(火)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
時間:10:00-18:00、金土は21:00まで (入館は閉館30分前まで)
料金:一般1,400円、大学800円、高中500円
※会期中の土日祝および8月29日(月)〜9月4日(日)は一部オンラインによる入場日時予約が必要
公式サイト: https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/22_kako/

関連記事(外部サイト)