ファイルーズあい&高木ひとみ〇 “チャッキー愛”が強すぎて、妄想が大暴走!

ファイルーズあい&高木ひとみ〇 “チャッキー愛”が強すぎて、妄想が大暴走!

ファイルーズあい&高木ひとみ〇 “チャッキー愛”が強すぎて、妄想が大暴走!の画像

Huluプレミアで独占配信される海外ドラマ『チャッキー』の第1話先行上映会&トークイベントが6月22日、都内で行われ、本作の予告編ナレーションを担当した声優のファイルーズあい、“チャッキーちゃん”ことお笑いコンビ・ぽんぽこの高木ひとみ〇(まる)が登場した。

可愛らしい人形の見た目とは裏腹に、残虐な殺人を繰り広げるギャップから、映画界“最恐”のホラーアイコンとして、圧倒的な知名度と人気を誇る『チャイルド・プレイ』の“チャッキー”が、生みの親であるドン・マンシーニの手により、正統派続編として初のテレビシリーズ化。チャッキーはいかにして殺人ドールになったのか? その忌まわしい過去の秘密と誕生秘話が明らかになる。

大のホラー映画ファンを公言するファイルーズは「特にチャッキーが昔から大好き」だといい、イベント当日も“恋人”ティファニーのコスプレで登場し上機嫌。一方、金切り声をあげ、大暴れする芸風で話題を集める高木も、大のチャッキー好き。オーバーオールの衣装も「チャッキーからインスパイアされた」そうで、「ぽんぽこの漫才はブラックジョークが多いです。影響? そうなんです〜。お笑いの師匠と呼んでいる」と深い愛情を示した。

チャッキーの魅力は「もともと湖畔の絞殺魔と呼ばれたチャールズ・リー・レイが、人形になるとこんなに可愛くて。表情も豊かだし、しゃべる言葉もどんどんコメディ要素が強くなって、ワクワクする」(ファイルーズ)、「溶けてドロドロになっても、立ち向かってくる根性がすごいと思います。怖い、かわいい、面白いの三大要素が揃っている」(高木)と熱弁。司会者から「変な質問ですが、どんな風に殺されたい?」と問われると、ファイルーズは「絞殺がいいです。チャッキー様にお願いしたいです」と即答。高木は「シンプルにワンパンとか」と強すぎる愛ゆえの妄想を暴走させていた。

日本での配信スタートを目前に控えた『チャッキー』については、ファイルーズが「物語が進むにつれて『チャッキーは、こういうことをやりたかったのか!』というハラハラ感がある。いつもみたいに殺すだけじゃない、今回のチャッキーは違います! キャラクターの深い掘り下げも、テレビシリーズならでは」と力説。高木は「シンプルに背後と足元に気をつけながら見てください」とアピールしていた。

取材・文・写真=内田涼

【配信情報】
Huluプレミア『チャッキー』シーズン1
6月24日(金)全8話一挙独占配信(字・吹)

関連記事(外部サイト)