『カラダ探し』眞栄田郷敦が橋本環奈の幼なじみ役に 「撮影前から気合いが入ってました」

『カラダ探し』眞栄田郷敦が橋本環奈の幼なじみ役に 「撮影前から気合いが入ってました」

『カラダ探し』

映画『カラダ探し』が10月14日(金)に全国公開となる。この度、眞栄田郷敦が橋本環奈演じる明日香のクラスメイト役で出演することが決定。あわせて、初となる特報映像が公開された。

原作となる同名小説は、投稿サイト『エブリスタ』(旧・E★エブリスタ)で1番人気の携帯小説として話題となり、2014年には村瀬克俊による漫画版が漫画誌アプリ『少年ジャンプ+』(集英社)で連載。同サービスで累計閲覧数1億回を初めて突破、10代・20 代男女の心を掴んで離さないバイブル的存在となっている。

本作は『IT/イット』シリーズや『死霊館』シリーズ、『シャイニング』など世界的名作を多く生み出したワーナーブラザースが贈る超刺激的ループ型ホラーだ。

橋本環奈演じる主人公の女子高生・明日香の生活は、ある日学校にいるはずのない幼い少女から「私のカラダ、探して」と不気味な言葉を言われた日から一変。その日の深夜0時を迎えた瞬間、気付くと明日香はクラスメイト5人とともに深夜の学校にいた。

その後突如全身が血で染まった少女“赤い人”が現れ、全員を次々に惨殺。そこから6人は同じ日を繰り返すこととなるのだった。明日を迎える唯一の方法は、校内に隠された、とある少女のバラバラにされた“カラダ”をすべて見つけ出すこと。

明日香のクラスメイトが5名いるということで他キャストは一体誰なのか、と考察合戦が繰り広げられていたが、まず発表されたのは、映画『東京リベンジャーズ』やテレビドラマ『プロミス・シンデレラ』などに出演し、端正な顔立ちと演技力で人気の眞栄田郷敦。役者を志すきっかけになった羽住英一郎監督作品で、自身初のホラー映画出演となる彼の新境地に期待だ。



特報映像は終始緊張した雰囲気が漂い、思わず寒気がするようなカットの応酬が堪能できる。何気ない日常から、突如恐怖の底へ落とされた主人公・明日香とクラスメイトたち。追い詰めるような緊張と恐怖が立て続けに襲い、彼らの味わう“予測不可能で、終わることなく繰り返される恐怖”がひしひしと伝わってくる。

残りの4名のクラスメイトは7月14日(木)に特別映像とともに発表される予定だ。

<伊勢高広役:眞栄田郷敦・コメント>
4年前に羽住監督の作品を見に行かせていただいたことがきっかけとなり、僕は役者という道を歩み始めました。それから、デビューして間もなく、色々なことがまだ手探りだった頃に共演させていただいた橋本環奈さん。このお二人とご一緒できるということ、そして初のホラー作品への挑戦だということもあり撮影前から気合いが入ってました。

撮影期間は、ループ型ホラーという設定や経験したことのなかった撮影方法、たくさんのアクションシーンなどにも刺激を受ける日々でした。見てくださる方々にとってもきっと刺激的な作品になるかと思います!映画『カラダ探し』10月14日公開です!

是非ご注目ください!!!

『カラダ探し』
10月14日(金)公開

関連記事(外部サイト)