観客動員数250万人突破の『シン・ウルトラマン』 10分越えの本編冒頭映像が48時間限定公開

観客動員数250万人突破の『シン・ウルトラマン』 10分越えの本編冒頭映像が48時間限定公開

『シン・ウルトラマン』

現在、公開中の斎藤工が主演、庵野秀明が企画・脚本を務める『シン・ウルトラマン』から、観客動員数250万人を突破した大ヒット御礼企画として10分33秒の本編冒頭映像が48時間限定公開された。

昭和41年(1966年)の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され、今なお根強い人気を誇る日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”が『シン・ウルトラマン』として映画化。企画・脚本を務めるのは、自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明。そして監督は、数々の傑作を庵野氏と共に世に送り出してきた樋口真嗣。この製作陣の元に豪華俳優陣が集結。「ウルトラマン」の企画・発想の原点に立ち還りながら、現代日本を舞台に、未だ誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く、感動と興奮のエンタテインメント作品だ。

5月13日に全国401館(IMAX39館含む)にて公開した本作は、公開初日から6月23日までの42日間で観客動員262万人、興行収入39億円を記録している。



この度、本作の大ヒット御礼企画として映画本編冒頭映像10分33秒を6月24(金)20時〜6月26(日)19時59分までの48時間限定公開。映像は“前史”から始まり、ウルトラマンが地球上に初めて降着し、スペシウム光線が発射されるまでが描かれる。ウルトラマンシリーズの“原点”へのオマージュが込められた場面が映し出されている。

さらに、『シン・ウルトラマン』と 『ウルトラマン』のベーターカプセルをペーパークラフト化。6月24日より映画公式サイトにて『シン・ウルトラマン』バージョンが、TSUBURAYA IMAGINATION にて『シン・ウルトラマン』と『ウルトラマン』両バージョンが無料ダウンロードできる。

『シン・ウルトラマン』
公開中

関連記事(外部サイト)