『シュレック・ザ・ミュージカル』キャスト&詳細発表 1300通を超える応募の中からspi、福田えりら出演決定

『シュレック・ザ・ミュージカル』キャスト&詳細発表 1300通を超える応募の中からspi、福田えりら出演決定

『シュレック・ザ・ミュージカル』トライアウト公演

8月15日から8月28日にわたって東京建物 Brillia HALLにて上演される『シュレック・ザ・ミュージカル』トライアウト公演のキャストと公演詳細が発表された。

『シュレック』は、『マダガスカル』『カンフー・パンダ』など数多くの子供向けアニメ映画を手掛けてきた、ドリームワークスが2001年に制作したアドベンチャーコメディ映画。「仲間との絆」や「真実の愛」、「困難に立ち向かう」という普遍的テーマをジョークやパロディ満載で描いた作品で、2008年にブロードウェイにてミュージカル化され大好評を博した本作が、日本初上陸する。

物語の主人公は、人里離れた森の沼のほとりに住む怪物シュレック。彼にまつわる恐ろしい伝説とは裏腹に、気ままな生活を送っていたが、ある日領主によって国を追放されたピノキオをはじめとするおとぎ話の住人たちが、シュレックの住む森に押し寄せてきた。静かな生活を取り戻したいシュレックは、追放令を取り消すよう領主・ファークアード卿に交渉。真の王になるためにプリンセスとの結婚を目論んでいたファークアード卿は、ジンジャーブレッドマンから情報を聞き出し、シュレックたちに「自分の代わりにドラゴンと戦って囚われの姫・フィオナを救い出せ」という交換条件を出す。仕方なくシュレックは、お調子者の喋るロバ・ドンキーを道連れに、沼を取り戻すため冒険の旅に出る。

1300通を超える応募の中からオーディションによって選ばれた主人公・シュレック役は、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』ニック・マッシ役、ミュージカル『オリバー!』のビル・サイクス役、ミュージカル『手紙 2022』にて主人公の兄・武島剛志役や、ミュージカル『刀剣乱舞』では蜻蛉切役を演じたspiに決定。186cmの体躯と舞台『信長の野暮』や『テレビ演劇サクセス荘』で発揮したコメディセンスで、今作のシュレックをどう演じるのか注目だ。

ヒロインとなるフィオナは、現在東急シアターオーブにて上演中の『THE BOY FROM OZ』や『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』『プロデューサーズ』『天保12年のシェイクスピア』『モーツアルト!』『エリザベート』などに出演、今年の11月には『天使にラブ・ソングを〜シスターアクト〜』ティナ役での出演も控える、福田えりが抜擢。喋るロバ、ドンキーには、有名テーマパークでアクター・シンガー・MC・キャラクターボイスを務めるほか、『東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"イン・コンサート』やミュージカル『BKLYN』へ出演、近年ではミュージカル『イン・ザ・ハイツ』『The View Upstairs』、舞台『「僕のヒーローアカデミア」The "Ultra" Stage』で歌唱指導を務めるなど、盤石の歌唱力で幅広い活躍を見せる吉田純也が担当する。

ファークアード卿は、99年『RENT』でミュージカルに出演以降、『レ・ミゼラブル』マリウス役、『ミス・サイゴン』トゥイ役、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』アルフレート役、『天使にラブ・ソングを〜シスターアクト』TJ役、そのほか『スカーレット・ピンパネール』『JAMIE』など数多くの大作ミュージカルのメインキャストとして活躍する泉見洋平が務める。さらに、ジンジャーブレッドマン役の岡村さやか、ドラゴン役の須藤香菜、ピノキオ役の新里宏太など、歌と演技を兼ね備えた面々に加え、次世代のミュージカルを担う若き俳優たちが集結した。

■シュレック役:spi(すぴ)コメント
spiです。
僕は王子様系ミュージカル俳優でもなく、トレンディ俳優でもない、
モンスター系ミュージカルモンスター俳優なのでシュレックを絶対やってみたいという気持ちがあり、オーディションに参加させていただきました。
今回やらせていただけることになって本当に嬉しいです。
みんなの想いを背負って、楽しんでやりたいと思ってます!

■フィオナ役:福田えり コメント
全キャストオーディションというのを見て、チャレンジしたいと思いました。フィオナ役に決まったと連絡をいただいた時はビックリしすぎて「私がフィオナですか?!」と何度も確認してしまいました。フィオナはプリンセスではありますが、かなり個性的なキャラクターでもあるので、自分なりのフィオナを作り上げていきたいです。
映画を知っている方も知らない方も、シュレックと個性豊かなキャラクター達が織りなす物語に、笑顔になっていただけると思います。今年の夏は、ぜひシュレックの世界へ遊びにいらしてください。劇場でお待ちしています!

■ドンキー役:吉田純也 コメント
いつまでもチャレンジするという気持ちを胸に、実に4年ぶりに「オーディション」に挑みました。結果をいただいた瞬間は外にいたので、飛び跳ねて喜びたい気持ちをグッと抑えただひたすら「ありがとうございます、ありがとうございます!」と心の中で連呼していました。映像ではエディ・マーフィーさん、山寺宏一さん、舞台ではダニエル・ブレーカーさんと、憧れの俳優さんが演じていらっしゃるドンキー。尊敬と感謝の念を心に宿し全力でチャレンジします。

■ファークアード卿役:泉見洋平 コメント
アニメ版を観て、「実写版があったらどんな俳優さんが演じるのだろう?」なんて思っていたら、オーディションがあると聞き、是非挑戦してみようと思いました。ファークアード卿は、初めて観た時から演じたいキャラクターでした。ただ、実際に人が演じるとなると、「どうやって表現するのだろう?」と興味深く観ていたので、ミュージカル版の映像を観て、衝撃でした!人と人との距離が寂しい時代ですが、"生"の舞台で"心"をいっぱい動かして頂ければ幸いです。「2022年夏休み」の想い出に、しっかり"体温"を感じて頂けるように、汗多めで頑張ります!

■翻訳・訳詞・音楽監督:小島良太 コメント
オーディションには本当にたくさんの個性的なアクター / アクトレスの皆さんにご応募いただきました。熟年のベテランの方から未来有望な若く才能がある方々まで見させていただき、とても楽しい作業でした! 悩みながらも選ばせていただいたキャストの皆さんと日本版シュレックを作っていくのが楽しみでなりません!
コメディという言葉は古代ギリシャ語のkomos(お祭りの行列)とoide(歌)から由来するのですが、このコメディミュージカルはまさにそれを体現する、面白カッコいい歌にあふれたお祭りのような作品です。集まったキャストの皆さんの歌唱力の素晴らしさもさることながら、皆さんからシンプルに「歌」と「楽しいこと」が大好きなお祭り人間の匂いを感じます!
そんなキャストが織りなす、笑って泣ける「シュレック・ザ・ミュージカル」を是非観にいらしてください!

■演出・振付:岸本功喜 コメント
全キャストオーディションと聞いたとき、チャレンジングな企画にわくわくと不安が半分半分でした。この期間でそれだけ個性的で実力ある方に集まっていただけるのか。なにせ難しい役が多く、短縮バージョンなのでキャストの数も少なく一人一人に多くのスキルが求められます。しかし、蓋を開けてみれば不安は一瞬で消し飛びました。信じられないくらい多くのご応募をいただき、頭を抱えて悩むほど素晴らしい才能を持った方々に出会え、オーディションが私にとって特別な体験になったほど楽しかったです。
そして選び抜かれた個性的かつ魅力的な実力派キャストとともにこの夏を過ごせることが楽しみで仕方ありません。
さて、どのように仕上がるかはぜひ皆様の目で直接ご覧になってください。劇場でお待ちしております。

■プロデューサー:清水麻利子(フジテレビジョン)コメント
全キャストオーディションの発表から約1カ月という無謀なスケジュールで、この度、キャストが決定いたしました。
短い期間にもかかわらず、想像を超えるたくさんの方に応募を頂きました。本当に感謝しております。ポテンシャルのある方々が本当にたくさんいらっしゃる事を知ることができて、日本のミュージカル界の未来は明るい!と感じております。
応募者の中から、それぞれのキャラクターに合った方という視点で純粋に選ばせていただきました。このキャストなら、自信をもっておススメできる作品になる事は間違いありません!
子供価格を設定するなど、チケット料金もお求めやすい金額になっています。ミュージカル初心者の方も、家族連れの方も、ぜひ、この夏、たくさん笑いに劇場にお越しいただけると幸いです。
※尚、今回上演するのは、ブロードウェイで上演された作品の短縮バージョン(TYA バージョン)で、トライアウト公演という形態になりますが、近い将来、フルバージョンでの上演も予定しております。

<公演情報>
『シュレック・ザ・ミュージカル』トライアウト公演

2022年8月15日(月) 〜28日(日) 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
※15日(月) はプレビュー公演

【スタッフ】
原作:ドリームワークスアニメーション『シュレック』/ ウィリアム・スタイグ『みにくいシュレック』
脚本・作詞:デヴィッド・リンゼイ=アベアー
作曲:ジニーン・テソーリ
翻訳・訳詞・音楽監督:小島良太
演出・振付:岸本功喜
振付:中塚晧平
美術:松生紘子
照明:日下靖順(ASG)
音響:遠藤宏志(アコルト)
映像:O-beron inc.
衣裳:永橋康朗(はせがわ工房)
ヘアメイク:小竹珠代
特殊造型:林屋陽二
歌唱指導・稽古ピアノ:小島良太
演出助手:坂本聖子 / 加藤由紀子
舞台監督:辻 泰平(DDR)
技術監督:堀 吉行(DDR)
制作:S-SIZE
主催・企画・製作:フジテレビジョン / アークスインターナショナル / サンライズプロモーション東京

【出演】
spi:シュレック
福田えり:フィオナ
吉田純也:ドンキー
岡村さやか:ジンジャーブレッドマン ほか
須藤香菜:ドラゴン ほか
新里宏太:ピノキオ
泉見洋平:ファークアード卿

鎌田誠樹 / 鈴木たけゆき / 熊澤沙穂 / 岩ア巧馬 / 大井新生 / 澤田真里愛 / 石田彩夏 / 大村真佑 / 小金花奈・矢山花(Wキャスト)

【チケット情報】
S席(大人):8,800 円(全席指定・税込)
S席(子供):4,000 円(全席指定・税込)
A席:6,000円(全席指定・税込)
※4歳未満のお子様のご入場はできません。チケットはお一人様一枚必要です。(膝上不可)
※S席(こども)の対象年齢は4歳以上12歳以下です。

【日時】
8月15日(月) プレビュー公演
8月16日(火) 13:00
8月17日(水) 13:00
8月18日(木) 13:00 / 18:00
8月19日(金) 13:00
8月20日(土) 12:00 / 16:30
8月21日(日) 12:00 / 16:30
8月22日(月) 休演
8月23日(火) 13:00 / 18:00
8月24日(水) 13:00
8月25日(木) 13:00
8月26日(金) 13:00
8月27日(土) 12:00 / 16:30
8月28日(日) 12:00
※開場時間は、開演45分前となります。
※15日(月) はプレビュー公演

発売日:7月16日(土) 10:00〜
公演・チケットに関するお問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日 12:00〜15:00 ※土日祝休業)

公式HP:
https://www.shrek-musical.jp/

関連記事(外部サイト)