森山開次『新版・NINJA』開幕「真剣に遊ぶ、命がけで遊ぶ、ということを伝えたかった」

本日6月25日新国立劇場 中劇場にて、2021/2022 シーズン ダンス 森山開次『新版・NINJA』が開幕した。

2019年に新国立劇場 小劇場をはじめ全国で上演され大好評を得た『NINJA』が、中劇場での上演版として戻ってきた。今作は、『サーカス』『竜宮 りゅうぐう』など、子どもが楽しめる作品を手掛けてきた森山開次が、子どもの頃に手裏剣を作るなど忍者ごっこをして遊んだ記憶を元に創り上げた作品。バレエや新体操出身の個性豊かなダンサーたちが、華麗な忍術を披露する。

この度、開幕にあたり森山開次よりコメントが届いた。

■森山開次 コメント
新国立劇場で3年ぶりに『NINJA』を再演する機会をいただき、とてもうれしく思っています。この作品には、僕が子どもの頃手裏剣を作ったり、忍者ごっこに熱中した記憶を取り込みました。真剣に遊ぶ、命がけで遊ぶ、ということを伝えたかったのです。また僕は、舞踊家になり、この世に存在するあらゆる「忍ぶもの」に強く心を惹かれるようになりました。歌舞伎の黒子や能の後見の存在、そして現実世界の影や、人の心に忍ぶ思いもこの作品のインスピレーションとなっています。僕たちはサーカスのようなアクロバットはできないけれど、「忍法〇〇の舞」というように、ダンスを最大の忍術として届けることができる。ダンサーにとって自分の身体で表現をしていくためには、身体能力だけではない心の鍛錬、精神性みたいなものが必要で、忍者に通じる気がするんです。それを日本的と言ってよいかわからないけど、精神性を鍛錬する日本人の身体感を、ダンスに転換していくのがこの作品の表現のあり方かな、と思っています。

会場である新国立劇場の中劇場は、山と谷を感じてもらえるスケールのある空間だと思います。忍びは森に棲んでいる。中劇場で森の中にいるような感覚になってもらえたら、より楽しんで観てもらえると思います。

ここ2年間、コロナ禍でいろいろな挑戦を続ける中、中止、延期を余儀なくされることもありました。今、生で上演することにスタッフもキャストも命を懸けている。どんな時代になっても、生でダンスを伝えていくために、この2年間を再認識し続けようと思っています。

<公演情報>
2021/2022 シーズン ダンス
森山開次『新版・NINJA』

【新国立劇場 中劇場】(東京)
2022年6月25日(土)・26日(日)
6月25日:14:00
6月26日:13:00 / 17:30

【秩父宮記念市民会館 大ホールフォレスタ】(埼玉)
2022年7月3日(日) 14:00

【オーバード・ホール】(富山)
2022年7月9日(土) 14:00

【スタッフ】
演出・振付・アートディレクション:森山開次
音楽:川瀬浩介
映像:ムーチョ村松
照明:櫛田晃代
衣裳:武田久美子
音響:黒野 尚

【出演】
森山開次 / 浅沼 圭 / 碓井菜央 / 中川 賢 / 中川奈奈(新国立劇場バレエ研修所)/ 引間文佳 / 藤村港平 / 美木マサオ / 水島晃太郎 / 宮河愛一郎

【チケット料金】
S席おとな(中学生以上):6,600円
S席こども(4歳〜小学生):3,300円
A席おとな(中学生以上):4,400円
A席こども(4歳〜小学生):2,200円
Z席:1,650円
※こども料金は、ご観劇当日に4歳以上小学生以下の方が対象です(中学生の方はおとな料金となりますが、ジュニア割引[20%割引]をご利用いただけます)。また、ご入場時に年齢を確認させていただく場合がございます。
※Z席は舞台のほとんどが見えないお席です。

チケットはこちら:
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2108651

公式サイト:
https://www.nntt.jac.go.jp/dance/ninja/

関連記事(外部サイト)