「夢が叶いました!!」大ファンの山田裕貴、霜降り明星が『ONE PIECE FILM RED』にオリジナルキャラクターで出演決定

「夢が叶いました!!」大ファンの山田裕貴、霜降り明星が『ONE PIECE FILM RED』にオリジナルキャラクターで出演決定

『ONE PIECE FILM RED』

8月6日(土)より公開となる映画『ONE PIECE FILM RED』に山田裕貴と霜降り明星の粗品とせいやが出演することが決定した。3人はウタの初ライブに参加しているクラゲ海賊団の船長・エボシ、ハナガサ、カギノテという映画オリジナルキャラクターを演じる。

1997年より『週刊少年ジャンプ』にて連載開始、今年7月で連載25周年に突入する超人気コミック『ONE PIECE』(尾田栄一郎・著 / 集英社刊)。コミックスの全世界累計発行部数は“4億9000万部”を超え、単行本は100巻の大台に乗り(6月21日現在、既刊102巻)、テレビアニメも1000話を突破している。

本作『ONE PIECE FILM RED』は、総合プロデューサー・尾田栄一郎で贈る劇場版最新作。本作のメインキャラクターである世界の歌姫・ウタは劇中で様々な楽曲を歌うが、その楽曲を手掛けているのは中田ヤスタカ、Mrs.GREEN APPLE、Vaundy、FAKE TYPE.、澤野弘之、折坂悠太、秦基博といった豪華アーティストたちだ。さらにウタの歌唱担当がAdoであることも発表され反響を呼んだ。

この度、尾田が映画のために描きおろしたオリジナルキャラクターであるクラゲ海賊団の船長・エボシ、ハナガサ、カギノテを山田裕貴、霜降り明星の粗品とせいやが演じることが決定した。

自身のSNSやインタビューでたびたび『ONE PIECE』について触れ、2022年4月にスタートしたラジオ『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』の1回目放送では、『ONE PIECE』初代オープニング「ウィーアー!」を流すなど自他ともに認める『ONE PIECE』好きの山田。俳優デビューする前から、『ONE PIECE』映画に出演することに並々ならぬ憧れを持っていて、『ONE PIECE』を”人生のバイブル”とまで言う山田は、「本当に夢が叶いました」とその出演を喜んでいる様子。先日解禁された、豪華アーティストによるウタの楽曲を“音楽のバスターコール”と表現し、ファンと同じくその完成に期待を寄せている。

さらに公式YouTubeチャンネルでも『ONE PIECE』に関する動画を上げるなど、芸人の中でも1、2を争うほどの『ONE PIECE』ファンである霜降り明星のせいやは、今回のオファーを受けて喜びを爆発させ、数分間叫び続けたそう。今回の出演に、「まさか尾田先生描き下ろしのキャラをいただけるなんて恐れ多いし、ありがたいし、神すぎて訳がわからないです。」とコメント。「STRONG WORLD」を見た当時の思い出を振り返り、「あの頃の自分に(今回の出演を)教えてあげたい」と感動が止まらないよう。アラバスタ編が大好きという粗品は、「次回のチャンスがあればダズ・ボーネスの「全身刃物人間」を噛まずに言えるように練習しておきます」と早くも次回作への意欲を示していた。

また、29日(水)より、デジタル映画鑑賞券(ムビチケオンライン)の発売が開始。公開まであと約1ヶ月半。本作への期待がどんどん高まっている。

<コメント全文>
山田裕貴
大好きな作品なので、今回お話しをいただけて本当に嬉しいです。“嬉しい”という言葉では表しきれません。俳優デビューをしてから、『ONE PIECE』に参加することがひとつの夢だったので、本当に夢が叶いました。ありがとうございます。
僕の演じたエボシは、尾田先生が描きおろしてくださったキャラクターと聞いて、アフレコに向け、より身が引き締まりました。グランドラインを越えて新世界にいる海賊なので、それなりに強い海賊団の船長だと思うので、そういう風格も大事に演じました。
″シャンクスの娘”が紡ぎだす感動的な物語はもちろんのこと、豪華アーティスト陣による圧巻の音楽で、まさに“音楽のバスターコール”のような作品になっています。ぜひ映画館でお楽しみいただきたいです。

粗品(霜降り明星)
貴重な体験をさせて頂いて、本当に嬉しいです!このお話を頂いた時に、てっきり鉄壁のパール役でのオファーかと思い毎日「身のキケン」というフレーズを練習していたんですが、河本浩之さんを差し置いて僕な訳ないかと我にかえりました。クラゲ海賊団の一員として一生懸命頑張ったので、是非劇場でご覧ください!もし次回もチャンスがあればダズ・ボーネスの「全身刃物人間」を噛まずに言えるように練習しておきます。

せいや(霜降り明星)
僕の人生を輝かせてくれた『ONE PIECE』の世界に、まさか自分が入れるなんて、とんでもないことになったと思いました。何が何でも8月まで生きます!「STRONG WORLD」公開時に、学校終わりに自転車で近所の映画館まで見に行ったあの頃の自分に、今回の出演を教えてあげたい!
まさか尾田先生描き下ろしのキャラをいただけるなんて恐れ多いし、ありがたいし、神すぎて訳がわからないです。世界観を崩さないようにせいや感を抑えて演じました。映画館で楽しみたいので、実はまだ結末まで見ていないです。ぜひ一緒に映画館で『ONE PIECE』を楽しみましょう!

『ONE PIECE FILM RED』
8月6日(土)公開

関連記事(外部サイト)