オビ=ワンの師匠クワイ=ガン・ジンが登場 『オビ=ワン・ケノービ』場面写真公開

オビ=ワンの師匠クワイ=ガン・ジンが登場 『オビ=ワン・ケノービ』場面写真公開

『オビ=ワン・ケノービ』

6月22日に最終話が配信された、ディズニー公式動画配信サービスDisney+独占配信中の『オビ=ワン・ケノービ』より、場面写真が公開された。

全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンタテインメント『スター・ウォーズ』。そのシリーズを代表する伝説的なキャラクターにして、史上最も有名な悪役ダース・ベイダー、そしてジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービ。本作は『スター・ウォーズ』を象徴する2キャラクターが『スター・ウォーズ エピソード 3 / シスの復讐』でみせた歴史的対決と決着、その後の物語を描く。

最終話では、リーアム・ニーソン演じるオビ=ワン・ケノービの“師匠”でありジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンが登場。公開された場面写真では、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』以来23年ぶりに姿を見せたクワイ=ガンの姿、オビ=ワンとダース・ベイダーのライトセーバーを使った再戦シーンなどが切り取られている。

本作で描かれたオビ=ワンは、ジェダイ狩りをする帝国軍に見つからないようフォースを封印し身を隠していた。しかし誘拐された幼きレイアを助けるため、オビ=ワンは徐々にフォースを取り戻し帝国軍に立ち向かっていく。劇中ではそんなオビ=ワンが師匠であるクワイ=ガンに呼びかけるシーンが描かれていた。しかしクワイ=ガンからの返事はなく、オビ=ワンはかつての弟子であるアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーと死闘を経たのち、最終話でついに霊体のクワイ=ガンと再会を果たすこととなった。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』から23年、再び『スター・ウォーズ』シリーズに帰還したニーソンは「私は他の誰にもクワイ=ガン・ジンを演じて欲しくなかったんです。ジョージ・ルーカスが創造した世界に敬意を表したいと思いました。それとユアン・マクレガーは仲間です。『ファントム・メナス』で共演し、彼と一緒に仕事をするのが大好きでした」と語っている。ついに再会を果たしたオビ=ワンとクワイ=ガン。ラストシーンでクワイ=ガンが「行こう、先は長いぞ」と語る台詞も捉えられている。

なお、2022年秋から配信予定の短編アニメーションシリーズ『スター・ウォーズ:テイルズ・オブ・ザ・ジェダイ(原題)/Star Wars:Tales of the Jedi』でも、再びニーソンがクワイ=ガンを演じることが決定している。本作ではクワイ=ガンと彼の師匠ドゥークー伯爵との物語や、アソーカ・タノの幼少期が描かれる。

『オビ=ワン・ケノービ』
ディズニープラスにて独占配信中
(c)2022 Lucasfilm Ltd.

関連記事(外部サイト)