大のマーベルファン岡本信彦、MCU初参加に歓喜 『ミズ・マーベル』で重要な鍵を握る謎の男・カリームを熱演

大のマーベルファン岡本信彦、MCU初参加に歓喜 『ミズ・マーベル』で重要な鍵を握る謎の男・カリームを熱演

『ミズ・マーベル』

現在、毎週水曜日16時よりディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)で独占配信中のマーベル・スタジオ最新オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』。6月29日(水)配信の第4話では、これまで一切情報が明かされてこなかった謎のキャラクター、カリーム(レッド・ダガー)が登場する。この日本版声優を岡本信彦が務めていることが明らかとなった。

勉強、趣味、恋に没頭するアベンジャーズオタクの高校生カマラ・カーンがある日突然、力を手に入れ、ヒーロー“ミズ・マーベル”として目覚めていく本作。カマラの周りには、幼馴染のブルーノや親友のナキア、憧れの男性カムラン……と高校生活を彩るキャラクターたちが登場するが、カリームはマーベルの公式SNSでもキャラクタービジュアルが世に出ることはなく、シークレットキャラクターとして存在が伏せられてきた。

このカリームの日本版声優はマーベルファンを公言する岡本信彦。この度、カリームの登場にあわせて、岡本からマーベル声優への仲間入りを果たした心境や吹替を務めたキャラクターについて、そしてファンに向けたコメントが寄せられた。

『僕のヒーローアカデミア』の爆豪勝己役や『ハイキュー!!』の西谷夕役など、数々の人気作で狂気じみたキャラクターを演じてきた岡本が演じたカリームは、今後の『ミズ・マーベル』に大きく関わるとされるキャラクター。これまで詳細が明らかにされてこなかったが、第4話でついにそのベールが明かされる。

本作がMCU初参加となった岡本は、カリーム役に抜擢された心境を「マーベルと名の冠する作品に出演ができるということで、とても光栄でした。お話しをいただいたときはまだどんなキャラクターか知らなかったのですが、全力で取り組む所存でした」と告白。「『アイアンマン』を初めて見た時にハマりました。トニー・スタークがとても好きです。特に好きな作品は『エンドゲーム』ですね。集大成を見ている感じで感動しました」と語るように、生粋のマーベルファンだからこそ、本作への参加は特に嬉しかった様子。自身が吹替を務めたキャラクターについては、「物語の途中で登場するのですが、“コミュニケーション能力が高い兄ちゃん”というイメージです。飄々としていますが、根っこの部分は優しい子だと思います」と明かしている。

家庭や学校、社会生活での様々な問題に加え、力を持ったゆえに、ヒーローとして脅威に立ち向かわなければならないなど、次々と壁にぶつかる主人公カマラ・カーンの前に突如現れたカリーム。彼は、“人々を守れるヒーローになりたい”という強い思いと、力を持った者の責任に葛藤するカマラにどのような影響を与えていくのか? 岡本は「ぜひ楽しんでいただけたら幸いです。そしてカマラのことも応援していただけたらとても嬉しいです」とファンに向けてコメントを送った。

『ミズ・マーベル』
毎週水曜日16時 Disney+にて独占配信中

関連記事(外部サイト)