伊藤裕一、大山真志、大沢健、東山光明らが挑む“究極の愛のカタチ” 音楽劇『刻』上演決定

伊藤裕一、大山真志、大沢健、東山光明らが挑む“究極の愛のカタチ” 音楽劇『刻』上演決定

音楽劇『刻』ロゴ

音楽劇『刻』(読み:きざむ)が、8月4日から9月11日にかけて東京・浅草九劇で上演されることが決定した。

本作は、西森英行が自身の劇団「InnocentSphere」で2015年1月に『刻印』として上演した『刻』をベースに、叙情的なメロディとともに新たに息を吹き込む音楽劇。作曲は、日本でも『SMOKE』や『BLUE RAIN』などで知られるホ・スヒョン。胸を打つメロディーメーカーとして知られる彼が初めて、西森と日本との共同創作を行い、“究極の愛のカタチ”を探しに、新たなる取り組みに挑戦する。なお作品では一部ショッキングな表現も含むが、そこを強調をするではなく、人間の奥深さ、人が出来事をどう受け止め生きていくのか、という命題に新たに向き合っていく。

出演には、伊藤裕一、大山真志、大沢健、東山光明という実力もあり、かつそれぞれホ・スヒョン作品を経験している役者陣が決定。また伊藤、大沢、東山はそれぞれ役を毎回変わりながら、この深く重い作品に挑む。伊藤と西森は『フェイス』『うつろのまこと』『楽屋』とタッグを組み続けており、西森の信頼も厚く、伊藤は今回3役に挑戦する。大山は、『SMOKE』の超や海とも全く違う役所となる繊細な役・横山役に挑む。そして大沢は繊細さが必要となる横山と、粗暴さが必要となる北野の演じ分ける。またヴォーカルユニットCASPELのリーダーを務める橘は、母親役として新境地を開拓。そして『SMOKE』『BLUE RAIN』とホ・スヒョン作品を経験している東山も、父親役である高峰と横山に挑戦する。

本公演では、公演規準によるチケット代の価格変動制を導入予定で、詳細は7月中旬に発表となる。

■西森英行 コメント
時に、世にも衝撃的な事件が起こります。多くの人が「なぜこんなことが?」と思いながら、事件の経緯に注目し、その原因を探り、やがて日常を過ごすなかで遠い記憶の彼方へと埋没させてゆく…。

この作品の前身となる『刻(キザム)』は、7年前にInnocentSphereの劇団公演で上演しました。当時はまさに、「なぜこんなことが?」という問いからこの物語を創りました。あれから時が経ち、再びこの作品を再構築しようと思ったのは、改めて作品を通して、普遍的な人間の内奥に迫ることができるのではないかと思ったからでした。

今回、新たに音楽劇として作品を「創り直す」なかで、人間の精神の複雑さ、その深淵をより鮮明に感じることとなりました。そして作品は、「極限の愛とは?」と言う新しいテーマへと行き着きました。

人気と実力を兼ね備えた優れた俳優さんたちと一緒に、是非ひと時、人間の深淵を探る旅を、共にして頂けたらと思います。

<公演情報>
音楽劇『刻』

8月4日(木)〜9月11日(日) 東京・浅草九劇

脚本・演出:西森英行
音楽:HUH, SOOHYUN
出演:伊藤裕一、大沢健、大山真志 / 橘未佐子 / 東山光明(五十音順)
チェロ演奏:鈴木和生 / 斎藤章一

【チケット情報】
料金:7,800円
一般発売日:7月23日(土)
※本公演は一般発売より本公演規準の価格変動制を適応します。詳細は7月中旬に公式HPにて発表します。

お問い合わせ:音楽劇『刻』製作委員会
info@kizamu2022.com(mailto:info@kizamu2022.com)
営業時間:平日12:00〜18:00

※お問い合わせは24時間承っておりますが、ご対応は営業時間内とさせていただきます。なお、内容によってはご回答までに少々お時間をいただく場合もございます。

関連リンク

公式HP:
https://kizamu2022.com/

公式Twitter:
https://twitter.com/kizamu2022