BiSH、解散発表後初のツアー『COLONiZED TOUR』完走 アフタームービー公開

BiSHが、ライブツアー『COLONiZED TOUR』のファイナル公演を7月3日に鳥取県立倉吉未来中心で開催。併せて本公演のアフタームービーを公開した。

『COLONiZED TOUR』は、2022年に成し遂げる清掃員(BiSHファンの総称)との4つの約束、“BiSHからのPROMiSE”の中のひとつである、今までワンマンライブを開催したことのない地域で行われるツアーで、同時に解散発表後初のツアーとなっていた。14都市15公演のファイナルとなった鳥取公演は、12カ月連続リリース第1弾としてリリースされた「FiNAL SHiTS」からスタート。「FiNAL SHiTS」の歌詞が浮かび上がる紗幕越しに歌い踊るメンバー、そして最後のサビでは紗幕が振り落とされ、鳥取の清掃員との対面を果たした。

序盤MCでは、セントチヒロ・チッチが、「これが47都道府県ラスト、全国制覇!47都道府県を回れたのもみなさんのおかげです、ありがとうございます。今日もめいっぱい、BiSHの想いを届けていきますので最後までよろしくお願いします。」と清掃員へ感謝の気持ちを伝えた。

「My landscape」「DiSTANCE」「stereo future」、そしてBiSHが大切に歌い続けてきている「プロミスザスター」を立て続けに披露し、客席は一気にヒートアップ。ライブ中盤、恒例のハシヤスメ・アツコ考案のコントパートでは、BiSHの今までの想い出を巡るクイズをテーマにコントが繰り広げられ、会場は笑いに包まれた。

「ごめんね」「ぴょ」と、12カ月連続リリース楽曲を披露し、本編最後には、ライブ定番曲である「beautifulさ」で清掃員と一体に。会場を埋め尽くした清掃員から大きな拍手と歓声を浴び、行われたアンコール1曲目では「NON TiE-UP」で圧巻のパフォーマンスを披露した。

その後、各メンバーは「1秒も忘れたくない瞬間ばかりのツアーでした。行ったことのない場所で清掃員が来てくれるか不安だったり、怖かったりもしたんですけど、ライブが始まって皆さんの綺麗な目を見ていたら、泣きそうになりました。今日ここに来てくれて、一緒に生きてくれてありがとうございました。これからも清掃員の皆さんに恩返ししていきたいと思ってます。」(アユニ・D)

「解散発表後はじめてのツアーだったので、一曲目の“FiNAL SHiTS”で涙が止まらなくなったりもしていたんですけど、初めて行く土地の清掃員との「やっと会えたね」って気持ちで、涙も止まるくらい嬉しくて、ここで出会えて本当によかったです。清掃員とBiSHに出会えてよかったです。BiSHはまだ来年もどこかまで続くので、またどこかで会えたらいいなと思います。」(リンリン)

「今日でBiSHもやっと47都道府県の清掃員と会えました。まだまだこれからもBiSHと清掃員の想い出を作っていきたいです。今日は本当にありがとうございました。」(ハシヤスメ・アツコ)

「辛い時もメンバーに助けられて、グループの良さを身に染みて感じれたツアーだったと思っています。グループじゃないと乗り切れないこともたくさんあるなと思って、今のBiSHが皆さんに想いを伝えられるよう、これからも成長していけたらいいなと思ってます。そして、今この瞬間を心の中にずっとずっと残していて欲しいと思います。」(モモコグミカンパニー)

「わたしにとってライブが居場所です。会いにきてくれてありがとう。清掃員が大好きです。今日も生きる場所をくれてありがとうございました!」(アイナ・ジ・エンド)

「わたしはBiSHが大好きです。わたしはBiSHが大好きです!!BiSHを好きになってくれてありがとうございます。ありがとうと愛してるよを沢山伝えたいと思っています。これからもよろしくお願い致します。」(セントチヒロ・チッチ)

と集まったファンに感謝を伝え、ライブは幕を閉じた。

またBiSHのお宝を集めた『美醜秘宝館』が、8月5日より東京・渋谷ストリームホールで開催されることが決定。これまでの衣装やメンバーが保管していた様々な資料、そして私物までが一挙展示される予定で、秘蔵映像を含む日替わり上映会も実施される。

Photo by sotobayashikenta

『COLONiZED TOUR at 鳥取県立倉吉未来中心アフタームービー』