魔法の世界へようこそ! 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』開幕で、豪華著名人が集結&大感動

TBS開局70周年記念として上演される舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』Sponsored by Skyが7月8日、藤原竜也を主演に迎えた日本オリジナルキャストにて開幕。数カ月にわたる改装工事を経て、ハリー・ポッター劇場として生まれ変わったTBS赤坂ACTシアターでは、藤原とともにトリプルキャストでハリー・ポッターを演じる石丸幹二と向井理に加えて、綾瀬はるか、市村正親、井上尚弥、鹿賀丈史、鈴木亮平ら、観劇に訪れた豪華著名人が登場するレッドカーペットイベントが行われた。

左から)石丸幹二、向井理 (c)阿部高之

シリーズ最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後を舞台に、原作者のJ・K・ローリングらが創作した8番目の物語。父親になったハリーとその息子アルバスの悩める親子関係を軸に、新たな冒険の扉が開かれる。これまでにロンドン、ニューヨークなど世界6都市で上演されており、アジアでは初めての上演。一流スタッフが知恵と技術を結集して創り上げた「ハリー・ポッター」の世界観を、次々と飛び出す魔法の数々、幻想的な舞台美術と衣裳、独創的で心躍る音楽とともに体感できる珠玉の舞台が、ついに日本で開幕した。

石丸幹二 (c)阿部高之

「いよいよ待ちに待った初日を迎え、この日が来たんだなとジワっときています」と声を弾ませる石丸は、「演出には必ずビックリすると思います。あっという間の3時間40分。瞬きも惜しい時間を過ごしてほしい」と自信のコメント。「ハリー役としては、親子の絆の再確認に注目してほしい」と見どころを語った。

向井理 (C)渡部孝弘

一方、向井は「魔法の世界へようこそ!」と来場者を歓迎。「一緒にたくさんの汗を流してきた」と4月から積み重ねた稽古を振り返り、「魔法やイリュージョンの演出を含めて、いろんなことが起こりますし、子どもたちにバトンタッチをする内容なので、誰もが楽しめる演目になっています」と力強くアピール。「映画にはない体感する音と台詞、舞台でしか感じられない体験を味わってほしい。自分もこれからハリーを演じる一人として楽しんでもらえるように、努力したい」と抱負を語った。

初回終了後には、観劇した著名人が取材に応じ、思い思いに味わった感動を語った。

<綾瀬はるか>
本当に映画で観てきた世界観が再現されていて、ぐっと引き込まれて、不思議なこともたくさんあって。あれはどうやって浮かんでいるんだろうとか、どういう仕組みなんだろうと、びっくりすることがたくさんありました。笑えるシーンもあれば、最後は親子のドラマになっていくので、グッとくる瞬間もあり、いろんな感情になりましたね。魔法の仕掛けもすごいので、テーマパークに来たようなワクワク感を楽しんでもらえれば。

<市村正親>
ああいう幕切れになるとはね。長男と一緒に観ていたので、父親として、まだ学ばなければいけないことがあり、身につまされる作品になった。映画とはまた違う、舞台ならではの“生の感動”があるなと。楽しかったです。仕掛けもね、あそこまでビュンビュンやるとは。とにかく絶対観た方がいいなと思える出来だと思いますね。息子も今まで見たミュージカルの中で、これが一番だと言っていた。スケールの大きな、いっぱい宝物が詰まった作品になっています。

<井上尚弥>
舞台の迫力に終始圧倒され、ずっと興奮しっぱなしでした。ストーリー性に魔法の演出、引き込まれるシーンが多かったです。ものすごく楽しめました。

<鹿賀丈史>
素晴らしい舞台でしたね。キャストとスタッフの英知が一体化し、リズム感もあって、繊細かつ大胆。素晴らしいストレートプレイでした。装置、照明、演技も素晴らしいです。

<香川照之>
お芝居を拝見するのは久しぶりですが、ジーンと感動しましたね。大変素晴らしい舞台だったと思います。申し訳ないが、「ハリー・ポッター」は全然拝見したことがないが、丁寧に作られているので、観ているうちに、難しい固有名詞やつじつまなども「なるほど」と理解できた。事前情報ゼロから観ても得るものが大きく、この世界観が「ハリー・ポッター」なんだと楽しめる。これから映画を観て、ピースをつなげていきたい。

<鈴木亮平>
すごかったですね。まったく、魔法でしたね! 火は出るわ、人は飛ぶわ、びっくりしました。仕掛けを探るの、諦めましたもんね。魔法がすごいのはもちろん、親子の物語にも最後泣いちゃいましたね。びっくり、興奮、感動。とにかく感情が忙しいです。

<和田アキ子>
長い芸能生活で、いろんなミュージカルや舞台を観てきましたが、この舞台のスピード感とスケール感は、日本ではちょっとなかったでしょうね。ロンドンで大ヒットしていると聞いたが、それも分かる気がしますし、日本の演劇もここまで来たんだと。感激しました。圧倒されますし、心に残ると思います。ああいう風に魔法が使えればいいですね、私は悪い方に使っちゃいそうですけど(笑)。

取材・文=内田涼

<公演情報>
舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』

会場:東京・TBS赤坂ACTシアター
無期限ロングラン公演

チケット発売中!
https://t.pia.jp/pia/events/harrypotter-stage/

関連記事(外部サイト)