佐藤寛太×平祐奈、盲目の青年とインフルエンサーの少女が織りなす出会いの物語 『Blind Mind』製作決定

佐藤寛太×平祐奈、盲目の青年とインフルエンサーの少女が織りなす出会いの物語 『Blind Mind』製作決定

『Blind Mind』

矢野友里恵監督による短編映画『Blind Mind』が、主演・佐藤寛太、ヒロイン・平祐奈で製作され、7月28日(木)より開幕する「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2022 スペシャルプログラム」にて披露されることが決定した。それに合わせて、本作のメインビジュアルとスチール3点も発表となっている。

本作は、恋に無欲な盲目の青年とルッキズムに苦しむインフルエンサーの少女が、互いに見えない鎖をほどき合う小さな出逢いの物語。

盲目の主人公・満井祐を演じたのは『軍艦少年』、『いのちスケッチ』などで熱演が光り、近年は映画だけでなくTVドラマでも活躍を続ける劇団EXILEの佐藤寛太。外見至上主義に囚われるヒロイン・仲道フミカを演じたのは『キセキ‐あの日のソビト‐』『恋は光』などで透明度抜群、唯一無二の瑞々しい存在感を放つ平祐奈だ。

共演にはモクタール、芦沢ムネト、アベラヒデノブ、椿原愛、原あや香、平井珠生、副島和樹といった個性的な俳優陣が顔を揃えた。

『お耳に合いましたら。』、『雪女と蟹を食う』などで知られる脚本家・灯敦生が、佐藤寛太を当て書きで、日本大学藝術学部映画学科の同級生である矢野友里恵監督へ書き下ろした一作。なお本作は矢野監督にとって初監督作品となる。

監督・出演者からのコメントは以下の通り。

<佐藤寛太:満井祐役)
佐藤寛太です。初めて芝居をした時から付き合いのある灯敦生さんと、近年共演させていただいて今作のオファーも快諾してくれた平祐奈さん。友人たちとひとつの作品を創り上げる時間は普段のお仕事と違った喜びを感じました。目に見えず、触れられない愛を信じる物語。ぜひご覧ください。

<平祐奈:仲道フミカ役>
愛のあるチームで大切に時間をかけて作った作品が40分のショートフィルムに凝縮され、とてもお洒落な映像になっていると思います。あとはお客さんの想像力をお借りして作品に込めた思いを1人でも多くの方に受け取って貰える事を願っています。

<矢野友里恵:監督・編集>
本作は、私と灯の学生時代の企画から始まり、2020年、準備を進めていく中で、寛太くんや祐奈ちゃん役者陣をはじめ、スタッフも私のとても尊敬する先輩など、いろんな方々が集まってくれました。私にとって、誰と作品を作るかはとても大事なことで、今回自主制作という形でできたこの環境、想いを、今後も忘れず作品を作っていきたいと思います。

皆さんに見ていただくのは、この映画に出てくる子たちの、ほんの一部を切り取った、短い作品です。人生は、何か小さいことが少しずつ動いていくことで、つながっていくと思います。普段は気づかないけど、その瞬間が素敵だと思います。そして、その前後にある人生、画面に映らない部分も想像していただけたらと思います。

<灯敦生(脚本・プロデュース)>
7年前に描いた物語が、これ以上ないキャスト・スタッフで映像化、そして皆様へ届くことに、まずは感謝しかありません。ハタチの頃、仲間とモノづくりがしたくて、大学同期の矢野監督、デビューからご一緒していた佐藤寛太さんに贈る気持ちで脚本しました。

再始動は2020年。閉鎖と停滞の一年に、あの頃と同じ強い気持ちを共にできたこと。出逢いが日常にもたらす、小さな変化を描いた本作が、ご覧くださる皆様にとっても出逢いの一つになれば幸いです。現時点で劇場公開は未定ですが、今冬の公開を目標としております。詳細は公式SNSより今後お知らせいたします。以上、是非とも情報掲載のほどよろしくお願い申し上げます。

『Blind Mind』
7月28日(木)より「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2022 スペシャルプログラム」にて上映

関連記事(外部サイト)