佐々木譲による同名警察小説を映画化 チョ・ジヌン×チェ・ウシク『警官の血』日本公開決定

佐々木譲による同名警察小説を映画化 チョ・ジヌン×チェ・ウシク『警官の血』日本公開決定

『警官の血』

映画『警官の血』が10月28日(金)、新宿バルト9ほか全国公開となることが決定した。

本作は「このミステリーがすごい!」2008年版の第1位に輝き、累計発行部数60万部超えの佐々木譲による同名警察小説を、韓国映画界の実力派キャストで映画化したサスペンスドラマ。

描かれるのは、警察組織の闇。ひとりの警官の死をきっかけに、事件の黒幕として疑いがかかるエース刑事の身辺調査に新人刑事が乗り出す。捜査のなかで、警察内部の秘密組織と隠蔽された不正行為、そして殉職した警官の父の真相に迫る。そして彼を待ち受けるのは、予想を裏切る陰謀だった。辿り着いた先にある“真の警官”の姿とは。

裏社会と繋がる広域捜査隊のエース刑事パク・ガンユンには、『お嬢さん』、『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』のチョ・ジヌン。ハイブランドのスーツを身にまとい、出処不明の巨額の捜査費を使って高い検挙率を誇る汚職警官を熱演する。

ガンユンに疑惑の目を向ける潜入捜査官のチェ・ミンジェには『パラサイト 半地下の家族』、『その年、私たちは』のチェ・ウシク。警官の父の血を受け継ぎ、骨の髄まで原理主義者の若き刑事を演じ切った。

さらに、監察係長に『マイネーム:偽りと復讐』のパク・ヒスン、麻薬王に『ファイティン!』のクォン・ユル、暴力団の組長に『パラサイト 半地下の家族』、『愛の不時着』のパク・ミョンフンなどの演技派俳優が集結。警察と裏社会との闇をより一層浮かび上がらせる。

韓国最高峰の俳優による演技合戦、手に汗握るアクション、予想不能な展開の先にある衝撃のクライマックスで観客を魅了した本作。本国公開時には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を抑えて、興行収入ランキング初登場第1位(2022.1.5 BOX OFFICE MOJO調べ)を記録している。

『警官の血』
10月28日(金)公開

関連記事(外部サイト)