ジョニー・デップ太鼓判「勇気ある映画」 『L.A.コールドケース』新場面写真&海外版予告編公開

ジョニー・デップ太鼓判「勇気ある映画」 『L.A.コールドケース』新場面写真&海外版予告編公開

『L.A.コールドケース』

8月5日(金)公開の映画『L.A.コールドケース』より新たな場面写真と海外版予告編が公開された。

本作は、90年代アメリカのヒップホップ・シーンを代表する2大カリスマ“2PAC”と“ノトーリアス・B.I.G.(ビギー)”が暗殺された実在の未解決事件を題材にジョニー・デップとフォレスト・ウィテカーが豪華競演を果たしたクライム・サスペンス。

実在した主人公の元刑事ラッセルWF・プールをデップ、記者のジャックをウィテカーが演じ、ほかトビー・ハス、デイトン・キャリーがキャストに名を連ねる。監督は『ランナーランナー』のブラッド・ファーマンが務めた。



新たな場面写真では、未解決事件を追うプールの姿が切り取られている。陰謀に隠された事件の真相を明らかにしようと奮闘するプールの姿が印象的な場面写真だ。また、併せて解禁となった海外版予告では、ノトーリアス・B.I.G.「You're Nobody(Til Somebody Kills You)」が使用されている。

ロサンゼルス市警の汚職を題材にした本作ではあるが、現実にも本作の公開までに紆余曲折があった。デップは公開に時間が掛かったことに関して「残念ながらいろいろな要素があったと思います。それにはロサンゼルス警察とその広大な背景が関係するでしょう」と明かすなど、事件から20年以上が経った今もなお、この事件の闇深さを感じさせた。

また本作についてデップは「勇気ある映画だ。皆さんがこの映画を見て、正義を求めてくれたらと思う」ともコメント。果たしてビギーを撃ったのは誰なのか。

『L.A.コールドケース』
8月5日(金)公開

関連記事(外部サイト)