E−1中国戦のうっ憤は韓国戦で晴らす! 相馬「勝つ気しかしてない」、町野「僕のゴールで勝ちたい」

E−1中国戦のうっ憤は韓国戦で晴らす! 相馬「勝つ気しかしてない」、町野「僕のゴールで勝ちたい」

相馬勇紀

「決めるべきところで決めないと、あとで高い代償を払うことになる」とは、サッカー界で語られる常とう句である。『EAFF E−1 サッカー選手権 2022』決勝大会を戦うSAMURAI BLUE(サッカー日本代表)について言うならば、「決めるべきところで決めないと、次はない」といったところか。韓国との最終予選に臨むメンバーは7月19日、香港代表に6−0と快勝した選手たちがメインとなるだろう。残念ながら、24日・中国代表を戦ったメンバーは引いて守る若い選手を並べた相手にスコアレスドローと結果を残せなかった。?森保一監督は「結果的に勝てなかったことは反省しないといけないが、選手たちは準備段階を含め、今日の試合でできる最大限のチャレンジをしてくれたと思う。そこは評価したい」と選手たちをかばい、さらに「香港戦から総入れ替えをした中、香港戦では6点を奪って勝てたが、勝ち負け以外の部分で前半のボールの動かし方は一戦目よりチームとして意思統一して動かせていたと思うし、ロストの数も今日の方が少なかった」とフォローしたが、20本ものシュートを放ちながら、中国の壁を崩せなかった事実は動かない。

53分、MF脇坂泰斗からの絶妙なラストパスを受け、相手DFを振り切りながら、シュートをふかし、決定機を逸したFW細谷真大は試合後「いいプレーはできなかった。最後決め切るというところはまだ自分の課題だと思った」と悔しさを滲ませた。ハタチのストライカーは中国戦の決定機を教訓に、精度を上げるために日々練習と向き合い続けるほかない。

及第点をつけられるパフォーマンスを見せた脇坂と宮市亮も試合後に反省の弁を述べた。
脇坂「結果が一番求められるゲーム。チームとしても個人としても、チャンスはあったので、決め切るところが足りなかった。ラストパスがズレているシーンがあったので、もっと質を高めないといけない。チャレンジして失敗したら、そこで解決策を打てればいい。チャレンジしないことには何も始まらないので、トレーニングから積極的にやっていきたい。チーム全員で切り替えているので、全力で戦って優勝したい」

宮市「ただ本当に勝ちたかったというのが正直な感想。0−0の悔しさが残り、個人的には結果がほしかった。決定的な仕事ができる選手が求められると思う。こういう試合で結果を残すことが次につながると思うので、今日結果を残せなくて悔しい。
(韓国戦について)出るか出られないかわからないが、出た時には自分の良さを出して、出ないにしろチームのためにと意識してがんばっていきたい。この悔しさからしっかり切り替えること。準備期間も2日しかないので、しっかり前を向いて、勝利すれば優勝なので、そこに向かって強い気持ちでみんながやっていくことが大事」

森保監督はこうも言った。
「勝てなかった悔しさは次の韓国戦へのパワーに変えてほしいし、何がダメだったかと言うと最後決めたか決めなかったかという部分。早い時間に1点入っていれば、香港戦と同じような結果になっていたかもしれないし、相手にほとんどチャンスを与えていない。ただ、決めなければ勝てないので、ゴールを決める気持ちとクオリティを上げて韓国戦に臨みたい。今日の結果を受け止めて、次に向かってほしい」

韓国戦でフィニッシュを担うのが、香港戦で2得点をマークした3人のアタッカーである。相馬勇紀と町野修斗は7月25日、西村拓真は7月22日にメディア対応を行い、次のように意気込みを語った。

相馬「(途中出場した中国戦について)あそこでチームを勝利に導けなかった悔しさを感じている。相手がブロックを敷いた中、ハメられた時はドリブルでひとりはがすとチャンスが生まれるので、ドリブルで仕掛けることを意識していた。CKのこぼれでゴールエリアまで敵陣深く切れ込んだシーンがあったが、相手も嫌がると思うので、自分のプレーとしてもっともっと突き詰めたい。
(韓国)球際が激しい部分はあるが、絶対勝ちたいと言うか、勝てると言うか、勝つ気しかしてない。絶対に叩くという心の準備はできている。
まずチームのために走ること。チームのために戦うこと。そしてゴール、アシストすることが自分の仕事だと思っている。昨日、ピッチコンディションが良くなく、球際のところが大切になってくると思う。五分五分のボールや四六のボールをこちらに取れれば、数的優位を作れる。まず球際のところでどれだけ上回れるか、最後は個のクオリティで相手を上回ることができるかが、そのままゴールにつながると思う。そのふたつを意識しながら取り組んでいきたい」

町野「(途中出場した中国戦について)0−0だったので、僕が勝利を決定付けるゴール、アシストを決めることを意識して入ったが、ブロックを敷いた相手から決め切れず永遠の課題だと思った。最後のクオリティをもっともっと上げないといけないし、チャンスは少なからずあったので、次の韓国戦は決め切りたい。
(韓国戦に向けて)集まった初日から目標は優勝。中国戦に勝っていたとしても韓国に勝つのはマスト、勝つためにしっかり準備したい。僕がしっかり起点になることでチャンスが多くなると思うので、最後はゴール前でしっかり仕事をできるようしっかり準備したい。絶対に勝たないといけない相手だと思うし、かなり激しい戦いが90分間続くと思うので、覚悟と自信を持って臨みたい。(韓国DFは)来るということは背後が空いているので、そういう駆け引きが重要になる試合だと思う。来た時にはそれを利用することも大事だと思う。攻守の切り替えや球際、走るところという基本となるところで絶対に韓国に上回らないといけない。やれる自信は全然ある、僕のゴールで勝ちたい」?
西村「(香港戦を経て)日の丸をつけて戦うことへの重みだったり、責任をすごく感じた。代表の重みや覚悟や責任はここに来て一層強くなったし、さらに強く持たないといけないと思った。
(香港戦の課題は)すべてのベースを上げることだったり、自分にしかないものを表現していくということはいつになっても変わらない課題。今後も積み重ねていきたい。(自分にしかないものは)2列目からゴール前へ入って行くところだったり、動き回るところだったり、アグレッシブにプレーするところ。
足りないところをロシアで痛感させられたし、本当に悔しい思いをして、今の原動力になっている。またチャレンジしたい気持ちも強いので、今は自分のレベルアップが大事だと思う。
(ロシアでの課題は)フィジカルだったりスピード感、インテンシティ、すべてで足りてないし、全体のベースが足りていない。毎日より強く意識していかないといけないと思っている。
(『ワールドカップ』について)誰もが目指す場所。そこに対して言われるが、自分は日々の積み重ねが大事だと思っている。日々自分がレベルアップしてやることが大切だと思う。まずここでしっかり優勝して、この活動を終えたい」

日本代表メンバーは以下の通り。
【GK】1大迫敬介(広島)、12谷晃生(湘南)、23鈴木彩艶(浦和)
【DF】19佐々木翔(広島)、3谷口彰悟(川崎F)、2山根視来(川崎F)、5畠中槙之輔(横浜FM)、25小池龍太(横浜FM)、4中谷進之介(名古屋)、22荒木隼人(広島)、24大南拓磨(柏)、13杉岡大暉(湘南)
【MF/FW】18水沼宏太(横浜FM)、17宮市亮(横浜FM)、15橋本拳人(神戸)、7野津田岳人(広島)、14脇坂泰斗(川崎F)、9西村拓真(横浜FM)、16相馬勇紀(名古屋)、6岩田智輝(横浜FM)、8森島司(広島)、10岩崎悠人(鳥栖)、21満田誠(広島)、11町野修斗(湘南)、20細谷真大(柏)、26藤田譲瑠チマ(横浜FM)

果たして、日本が逆転で4大会ぶり2度目の優勝を飾るのか、2戦とも順当に3−0で勝利した韓国がこのまま4連覇を達成するのか。『E−1選手権』日本代表×韓国代表は7月27日(水)・豊田スタジアムにてキックオフ。チケット発売中。試合の模様はフジテレビ系列にて生中継。

取材・文:碧山緒里摩(ぴあ)

チケット情報 https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2223437&rlsCd=001

関連記事(外部サイト)