二宮和也「いい酒が飲めそう」 『TANG タング』原作者から「パーフェクト」と演技絶賛

二宮和也「いい酒が飲めそう」 『TANG タング』原作者から「パーフェクト」と演技絶賛

二宮和也「いい酒が飲めそう」 『TANG タング』原作者から「パーフェクト」と演技絶賛の画像

俳優の二宮和也が8月11日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた主演作『TANG タング』の初日舞台挨拶に出席した。ベストセラー英小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を日本版にアレンジして実写映画化。この日は本作を鑑賞した原作者のデボラ・インストール氏から「健が成長する姿を見て、原作者としてもうれしかったです。二宮さんの演技はパーフェクトで、本当にすばらしかった」と絶賛のメッセージが届き、「いやあ、パーフェクトか。いい酒が飲めそうだなと思います」と感激していた。

自分の夢に破れ、妻にも見捨てられてしまった主人公・春日井健(二宮)が、偶然出会った記憶喪失の旧式ロボット“タング”とともに世界を変える大冒険に出かける。「嵐」の活動休止以降、初の主演映画となる本作。グループ活動中にオファーがあったと明かし、「その最中はお受けできませんとお伝えしたら、『休止してからで構わない』と待ってくださって。普通は、そんなことありませんし。別の俳優さんにお話がいったりするので」と感謝の意。ロボットと旅する人生に迷うダメ男という役どころについては、「基本的に、そのゾーンで生きているキャラクターが多いので、慣れている」と話していた。

また、映画のキャッチコピーである「キミとなら、きっと大丈夫」にちなみ、“心の支え”を問われると、「お仕事をご一緒する皆さんですね」と回答。「若い頃、ある先輩に『一緒に死んでくれる人を探しなさい』と教えていただいて。今、ようやく言葉の意味が分かりますし、そういう運は誇れるものを持っている」と胸を張った。ちなみにこの格言を伝えてくれたのは、以前テレビドラマで共演したいかりや長介さんだと明かした。

初日舞台挨拶には二宮をはじめ、共演する満島ひかり、市川実日子、小手伸也、奈緒、山内健司と濱家隆一(かまいたち)、景井ひな、武田鉄矢、三木孝浩監督が出席した。主人公の妻を演じた満島は、「健が泣くと、わたしも泣いちゃう」と明かし、「本当にその場でタングと呼吸し合っているような、すてきなお芝居で、二宮さんのイメージの力を感じました」とやはり絶賛の声。武田も「俳優として高い境地にいないと、こういう役を、気負わずサラっと演じることはできません。さすが、クリント・イーストウッドからOKをもらった俳優はただ者じゃない!」と惜しみない賛辞を送っていた。

取材・文・写真=内田涼

『TANG タング』
全国で公開中

関連記事(外部サイト)