幸せなひと時が一変? 『アンユージュアル・ネイバー』不穏な5分間の本編映像が公開

幸せなひと時が一変? 『アンユージュアル・ネイバー』不穏な5分間の本編映像が公開

『アンユージュアル・ネイバー』

8月12日(金)よりHulu他にて配信が開始される映画『アンユージュアル・ネイバー』から不穏な空気が漂う本編映像が公開された。

本作は閑静な住宅街に発生した謎の連続殺人事件の真相に迫るサスペンススリラー。絵画修復士として生計を立てながらも、アーティストになるという夢を諦めきれずにいるヘザー(モニーク・サイプケンス)。そんな彼女が住む郊外の閑静な住宅街に、写真家をしているというタイラー(ブランドン・サンタナ)が引っ越してくる。交流を重ねるうちに、優しく魅力的なタイラーに徐々に惹かれていくヘザーだったが、同時期に、街で連続殺人事件が発生し始める。



この度、公開された映像は、ヘザーが自宅の浴室にある鏡の前で回想するシーンから始まる。タイラーに心惹かれているヘザーはタイラーと過ごした甘い時間を思い出しながら「ヘザー、しっかりして」と思わずにやけ顔に。そんな中リビングに戻ると部屋の様子が一変していることに気づく。画材や荷物は荒らされ、絵は破られ、荒れ果てた部屋が。飾っていた元彼との思い出の写真を手に取り、「何をしたの?」とパニックになり頭を抱えるヘザー。助けを求めるためタイラーの自宅をノックするが、タイラーは居留守を装い、ベッドに寝そべりながら意味深な微笑みを浮かべるのであった。

ヘザーは親友のジェス(エリザベス・ジョンソン)のアドバイスのおかげで警察に被害届を出し、事情聴取を受けることになる。途中から警察の事情聴取の場に駆け込んだタイラーは、自身のアリバイを聞かれるも、「昨日は家にいなかった」と伝える。ヘザーは元彼の仕業だと疑い、タイラーはそんなヘザーを守ろうと優しく手を差し伸べるのだが……。一見優しい表情を見せながらも、危険な側面を感じさせる隣人タイラーは一体何者なのか。ヘザーの身に起こった不可解な自宅荒らしと、彼女の住む街で発生している連続殺人事件は関連があるのだろうか。そしてその真相とは……?

『アンユージュアル・ネイバー』
8月12日(金)より、Hulu、Apple TV他にて配信開始

関連記事(外部サイト)