オーディションで語られるダンサーたちのリアル 『コーラスライン』来日公演が上演中

「One!」という歌詞から始まる代表曲「One」でラインダンスするシーンがあまりにも有名な、ブロードウェイ史上に燦然と輝くミ ュージカル『コーラスライン』。リバイバル版の来日公演が、東京・渋谷のオーチャードホールで8月11日より上演中だ。

本作は1975年にブロードウェイで初演され、トニー賞9部?を受賞。その後15年にも及ぶ?ロングランを記録し、2006年に初演版の演出・振付を踏襲したリバイバル版が開幕。トニー賞最優秀ミュージカルリバイバル賞にノミネートされた。原案・オリジナル振付・演出のマイケル・ベネット(1943〜87年)が実際にダンサー仲間を集め、個?的な体験やダンスへの思いを語り合うトークセッションを実施。性的嗜好にまで話が?及した、このセッションをもとに『コーラスライン』を作り上げた。

物語の舞台は、ショービジネスの街、ブロードウェイのとある劇場。新作ミュージカルのためのダンサーのオーディションの真っ最中で、最終選考に残った17?が、舞台上の1本の?いライン(コーラスライン)に並んでいる。新進気鋭の演出家ザックは、彼らに問いかける。「君たち??を知りたい。君たちはどんな?間なのか?」。ダンサーたちは、?惑いながらも?分??の??について?裸々に語り始めた──。

世界中で上演が繰り返されている同作だが、来?公演は4年ぶり。前回の来?公演に続き、初演でコニー役を務めたバーヨーク・リーが、演出・振付・再構成を?がける。初?前に行われたプレスコールではバーヨークの解説のもと、作中の4曲(「受かりますように / I Hope I Get It」「ハロー12歳、ハロー13歳、ハロー恋 / Hello Twelve, Hello Thirteen, Hello Love」「愛のためにしたことは / What I Did for Love」「ワン(リプライズ)/ One:Reprise」が披露された。

作品にまつわるエピソードを語るバーヨーク・リー(演出・振付・再構成)

冒頭で、バーヨークはこんなエピソードを披露した。「初演の少し前に、マイケルに『いいかい、バーヨーク。あなたは、この作品を世界中に届けるんだよ』と?われたの。あれから47年、今、?本でまたこの作品を上演できることをとても誇りに思うわ」。また、マイケル?らが語った同作のコンセプトについても紹介してくれた。「みなさんの多くは、きっとオーディションというものを?たことがないわよね? 舞台に?っている俳優がどうやってここまで来たのか──。それを?ていただきたいというのがコンセプトになっているの。舞台構造もとてもシンプルで、?い線(コーラスライン)の前で?われていることは現在進?形のオーディションを、後ろで?われていることはキャラクターの記憶やキャラクターが頭の中で考えられていることを表わしているの」。

ダンサーひとり一人に、それぞれの人生がある

2回に及ぶダンサー仲間とのトークセッションで収録したテープを、マイケルは繰り返し聞き、「オーディション」という構想が浮かんだという。「最初のワークショップでは、上演時間が4時間を超えてしまったの(笑)。そこでマイケルは、いくつかのエピソードを合わせてひとつのナンバーにするという?法を思い付いたの。それが、『ハロー12歳、ハロー13歳、ハロー恋 / Hello Twelve, Hello Thirteen, Hello Love』というナンバーよ」

当初はマギーやコニーにビックナンバーがあったというエピソードも興味深い。同作のクライマックスで、マイケルが?分を投影したと?われているザックは、ダンサーたちに問いかける。「もし踊れなくなったらどうする?」。そのアンサーともなるナンバー「愛のためにしたことは」についてバーヨークはこう解説する。「それぞれのキャラクターには、それぞれのストーリーがあるわ。たとえば、私が演じたコニーは、?舎に?って?べるのを楽しんで太ってやる、そして?どもを産むと?うの。ハリウッドに?ってスターになると?うキャラクターもいるわ。この曲で伝えたいのは、ダンサーにもそれぞれの??があるということ。この曲はダンサーへのアンセムのようなものよ。?どもの頃、ダンスを始める時、この仕事でいくら稼げるか考えないわよね(笑)。ダンスするのが楽しくて愛しているからこそ踊っていた──そういうナンバーよ」。

『コーラスライン』は、オリジナルキャスト本?のエピソードをもとに作られた、ダンサーのリアルを?せるミュージカルだ。初演から半世紀近い時間が流れ、時代は?きく変化したが、夢を追うダン サーたちの情熱はきっと変わらない。なんといっても、来?公演を率いるのは、オリジナルキャストのひとりであるバーヨークである。また、キャストはアメリカでのオーディションを勝ち抜き、作中のダンサー同様、ブロードウェイを?指す俳優たちだ。2022年夏、オーチャードホールの舞台にダンサーたちのリアルがある。

フ?ロート?ウェイミューシ?カル『コーラスライン』来日公演は8月28日(日) まで。なお、期間中の全公演終了後にはアフタートークと、バックステージツアー(要事前申込)が実施される。

<公演情報>
フ?ロート?ウェイミューシ?カル『コーラスライン』

2022年8月11日(木・祝)〜8月28日(日)
会場:Bunkamura オーチャート?ホール
(生演奏 / 英語上演 / 日本語字幕あり)

演出・振付・再構成:ハ?ーヨーク・リー

チケットはこちら:
https://w.pia.jp/t/acl2022/

公式ホームヘ?ーシ?
https://www.acl-2022.jp

関連記事(外部サイト)