『ONE PIECE FILM RED』がV2!二宮和也主演作など新作もランクイン【映画動員ランキング】

『ONE PIECE FILM RED』がV2!二宮和也主演作など新作もランクイン【映画動員ランキング】

『ONE PIECE FILM RED』がV2!二宮和也主演作など新作もランクイン【映画動員ランキング】の画像

8月13日、14日の全国映画動員ランキングは、『ONE PIECE FILM RED』が公開2週目も首位をキープした。

続く2位の『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』、3位の『ミニオンズ フィーバー』、さらに4位の『キングダム2 遥かなる大地へ』と、5位の『トップガン マーヴェリック』まで順位は先週と変わらず、TOP5に変動がない珍しい週になった。

新作では、二宮和也2年ぶりの主演映画『TANG タング』が初登場6位にランクイン。デボラ・インストールの小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』を基に実写映画化した本作は、人生の迷子となった男と、記憶をなくし迷子となったロボットが運命的に出会い、冒険を繰り広げる様を描く。監督は三木孝浩。共演は、満島ひかり、市川実日子、小手伸也、奈緒、京本大我ら。

続く6位には、観客の投票によってポケモン映画の上映作品を決める企画第1弾『ポケットモンスター 水の都の護神〈まもりがみ〉・ラティアスとラティオス』が入った。第2弾(8月19日〜8月25日)は『ポケットモンスター・アドバンスジェネレーション/七夜の願い星ジラーチ』が上映され、第3弾(8月26日〜9月1日)は『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』が上映される。

そのほか、人気アニメの劇場版第3弾『パウ・パトロール 大空のミッション・パウ ロイヤルストーンをとりもどせ!』は初登場9位に入った。2019年に日本でも放送が始まったTVアニメ『パウ・パトロール』の3作目の映画作品で、デュークがロイヤル城から盗み出したロイヤルストーンをめぐって、ケントとパウ・パトロールが王国を守るため奮闘する様を描く。監督を務めたのは、チャールズ・E・バスティアン。声の出演は、潘めぐみ、石上静香、小市眞琴、井澤詩織、松田颯水ら。

『ONE PIECE FILM RED』

次週『劇場版ツルネ はじまりの一射』『サバカン SABAKAN』『ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ』『ハウ』『バイオレンスアクション』などが封切られる。

全国映画動員ランキングトップ10

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
1位『ONE PIECE FILM RED』
2位『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
3位『ミニオンズ フィーバー』
4位『キングダム2 遥かなる大地へ』
5位『トップガン マーヴェリック』
6位『TANG タング』
7位『ポケットモンスター 水の都の護神〈まもりがみ〉・ラティアスとラティオス』
8位『今夜、世界からこの恋が消えても』
9位『パウ・パトロール 大空のミッション・パウ ロイヤルストーンをとりもどせ!』
10位『ゴーストブック おばけずかん』

関連記事(外部サイト)