“放送とフェスというアウトプットの仕方が違うだけで根っこは同じ” 『INSPIRE TOKYO』イベントオーガナイザーに聞く今の時代に沿ったフェスの形

J-WAVEがこの秋に立ち上げるまったく新しい形のイベント、それが『J-WAVE presents INSPIRE TOKYO ~BEST MUSIC & MARKET』だ。代々木競技場 第一体育館と第二体育館、そして外周エリア全体を会場として、音楽や様々なカルチャー、食、ファッションなどが一気に楽しめると話題となっている。まだまだ知られざる楽しみ方がありそうな『INSPIRE TOKYO』の魅力と可能性を探るべく、仕掛け人のひとりである、J-WAVEコンテンツプロデュース局コンテンツ事業部部長の渡邉岳史さんに話を聞いた。

東京のローカルラジオステーションだからこそできる発信型のフェス

――東京都心の夏の風物詩として『J-WAVE LIVE』が定着していましたが、イベントを継続する中で感じていたことは何だったんですか?

『J-WAVE LIVE』のスタートが2000年なんですけど、その頃はようやく大型フェスというものが登場しだしたという時期でした。例えば『FUJI ROCK FESTIVAL』は1997年ですし、『SUMMER SONIC』と『ROCK IN JAPAN FES』は我々と同じく2000年です。ですから、いわゆる日本における現在の形の“フェス黎明期”からあり続けてきたイベントとして、しかも東京のど真ん中で開催するというこだわりをもって続けて来られたのは、東京のミュージックステーションとしてひとつの形を残せたかなという思いはあります。
ご出演いただいたアーティストからよく言われたのは「オムニバスライブなのにお客さんがとてもあたたかい」ということで、それはやはり、ラジオを通じたコミュニケーションがすでにリスナーの方々と継続してできていたからだと思います。
一方で、2010年代以降、フェス文化というものが定着して全国各地で開催されるようになりました。そうしたなかで、フェスの多様性というものをだんだん意識し始めるようになったんです。もっと今の時代に沿ったフェスの形があるんじゃないか――、という風に。

――そうすると、今年初開催となる『INSPIRE TOKYO』は、『J-WAVE LIVE』を進化させたもの、と言えるわけですか?

そうですね。これは、実は偶然の賜物ではあるんですけど、ただ、結果ここで進化させなければいけなかったということなんだなと理解しています。

――偶然の賜物というと?

例年、代々木競技場 第一体育館だけを会場として借りていたのですが、今年は第二体育館も借りられることになったんです。そうすると、その周辺の敷地も含めて使えると。これは今まで通りの形ではない、もっと面白いものができるんじゃないかと思ったんです。
そして進化しなければという思いを突き動かしたものとして大きかったのが、やはりコロナでした。それはイベントに限らずの話なんですが、ちょうど2000年くらいの頃から遡って考えてもメディアというもの自体が何らかの変化・進化をしていかなければいけない時期に差し掛かっている。そこで起こったのがコロナだったので、もともと抱いていた進化への意識を加速させました。間違いなくそういう意識があったからこそ、第二体育館も含めて押さえていたんですよね。
良くも悪くも『J-WAVE LIVE』は座席指定のオムニバスイベントで、ラジオでよくかかっている馴染み深いアーティストの方々が出演してくださるというもの。それはそれで完成された形ではあるけど、ここで一度その殻を突き破って新しいものを生み出していかなければいけないと、これは僕だけではなく会社全体でそういうムードがありました。

――タイトルの『INSPIRE TOKYO』に込めたものは何でしょうか?

正しくは〈INSPIRED by TOKYO〉なんですが、要は、東京から世界に発信できるような場にしたいということです。そこには音楽をはじめ、音楽以外のカルチャー、食、ファッション、エシカルなど様々なものが含まれます。
それは、もともとJ-WAVEの番組すべてがそのような心意気をもって作っているということに根差しています。なので、放送とフェスというアウトプットの仕方が違うだけで根っこは同じなんですよね。東京のローカルラジオステーションだからこそできる発信型のフェスということで『INSPIRE TOKYO』としました。

J-WAVEコンテンツプロデュース局コンテンツ事業部部長 渡邉岳史さん(Photo:吉田圭子)

――イベントタイトルから“J-WAVE”という名称を外すのはかなり勇気のいる決断だったのかなと想像しますが、実際はどうだったんでしょうか?

社内ではわりとすんなり受け入れられましたね。やっぱりそこには、進化しなければいけないという空気というか、これまでの流れも共有できていましたので。
今回は代々木競技場の第一体育館と第二体育館、及びその外周エリアが会場になりますが、例えば道路を1本渡った代々木公園の中には野外音楽堂がありますし、反対側に目を向ければホールもある。どんどんエリアを拡大していきたいというのが本音なんです。だから、ひとつのところに止まっていないという意識をタイトルには反映させました。
先程、東京から海外に向けて発信していきたいと言ったのですが、渋谷という東京を代表する街全体を巻き込んだイベントにすることで、海外から遊びに来る観光客の方々が、「どうせだったら『INSPIRE TOKYO』がやってるタイミングに東京に行かない?」って思ってもらえるようなイベントを超えたイベントにしていきたいと思っています。

新しい価値観を次につなげていく

――特色として、ステージ構成に合わせて、入れ替え制を導入していますね。ここにはどのような狙いがあるのでしょうか?

まずはテクニカルな部分で解決しなければいけないポイントがありました。というのも、第一体育館のキャパが約1万1000人で、一方第二体育館が約3000人。フェス風にジグザグのタイムテーブルを組んだとして、1万1000人が第二体育館に流れたらどうなるんだろうと。8000人が入れなくなってしまう。けれど、そこは地の利を生かせれば面白い提案ができるんじゃないかと思ったんです。
つまり、チケットの券種は複雑にはなってしまいますが、入れ替え制を導入することによって、参加してくれる方々の目的や楽しみ方に合わせて自在にアレンジしてもらえるんじゃないかということです。
例えば、第一体育館の1st STAGEの指定席を購入してライブを楽しんだ後にマーケットで買い物をして、ついでに渋谷の街で食事をして行こうとか、2nd STAGEを楽しむ前に渋谷のミニシアターで映画を観よう、というふうに、楽しみ方の意識を街まで広げてもらえれば、今までにはない体験をしてもらえるんじゃないかと思いました。もちろん1日券でガッツリ『INSPIRE TOKYO』を楽しんでいただいても構いません。

――第一体育館はステージがふたつあるんですね。「SHIBUYA STAGE」と「HARAJUKU STAGE」。

これはセットチェンジの時間をなくして、シームレスにライブを楽しんでいただけるように、という工夫からそうしました。ふたつのステージで交互にやっていくことで一気に音楽を浴びる、まるでプレイリスト的なライブ体験をしてもらえればと思います。

――あと興味を惹かれるのが、マーケットです。ここにはどんな特色を持たせているのでしょうか?

ここは完全に無料スペースでどなたでも来て楽しんでいただけるエリアになります。他のフェスと比べても、フードもオリジナリティーが高いですし、フード以外も存在感がこれだけ強いマーケットは珍しいのではないかなと思っています。
「CRAFT SAKE WEEKEND」には日本中から人気の酒蔵さんが集結しますし、「ETHICAL MARKET」では本当に良いものだけを取り揃えているという自信があります。

CRAFT SAKE WEEKEND
ETHICAL MARKET

――小宮山雄飛さんがプロデュースする「CURRY COLLECTION produced by 小宮山雄飛」は、すごく東京っぽい企画だなと思いました。

ありがとうございます。カレーと言えば、渋谷区のお土産としてなんですけど、小宮山さんと渋谷区観光協会と一緒に「TOKYO STREET CURRY」というものを作って実際に会場で販売するんですよ。2年間常温保存ができて美味しく食べられるというもので、防災の観点からも役に立ちますし、廃棄野菜を使用しているのでフードロスの問題にも取り組んでいます。それとお肉は一切使用していなくてソイミートを使っているのでビーガンの方でも安心して食べていただけるものになっています。
我々のポッドキャストで『TOKIO CURRY CLUB』というのもありますし、ミュージシャンとカレーっていうのは何かと相性がいいですよね。

カリガリ

――初開催を間近に控えて、まだ終わってもいないのにこんなことを聞いてしまうのですが、2回目以降に繋がっていくものが大いにあると感じてらっしゃいますか?

そうですね。オムニバスのイベントをして終わり、というものではないものを目指しているので、1回目にやった何かが次の何かに繋がっていくというものにしたいですね。先程お話しした「TOKYO STREET CURRY」もまさにそうなんですけど、我々が関与して新しい価値を作っていくことが本当にやりたいこととしてあります。
『INSPIRE TOKYO』を通じて我々自身が様々なチャレンジをしていますので、それを皆さんに面白がっていただけたらうれしいですね。そうしたなかで、ぜひお話ししておきたいのが、「U25思い出割り」というのをやっているんです。これは、25歳以下の若い世代を対象として、当日、会場内の窓口で「チケット+身分証」でご本人確認ができれば、2000円をキャッシュバックするというものです。

――何かきっかけがあったんですか?

「J-WAVE WACODES」という学生のコミュニティを作っていて、番組制作を手伝ってもらったり、我々が主催するイベントのライブレポートを書いてもらったりということをしているんです。それで『INSPIRE TOKYO』の話を彼らにしたんです、こういうイベントを立ち上げるよと。そしたら――これはちょっと衝撃ではあったんですけど――彼らが言うには、「わたしたちは大学の3年間、ほとんどコロナで友達と一緒に過ごした楽しい思い出がないんです」と。
わかってはいましたけど、面と向かって若い人からそういう話を聞いたら、結構な衝撃だったんです。たまたま『INSPIRE TOKYO』が開催される9月の3連休までが、だいたいどこの大学も夏休みで、それだったら最後に思い出を作ってもらいたいと思ったのがきっかけです。

――例えば第二体育館の3rd STAGEのチケット5500円がキャッシュバックを受けると3500円になるっていうことですよね。しかも8組くらい観られるし。それは大きいなあ。

うまくチケットを組み合わせるとかなり安くみんなで楽しめると思うので、ぜひ若い世代の方には参加して「思い出」を作ってほしいですね。そしてそうやって若い世代に来てもらうことが、我々の目指す新しい価値観を次につなげていくことに直結しますので。

Photo:吉田圭子

Text:谷岡正浩

<イベント情報>
J-WAVE presents INSPIRE TOKYO ~Best Music & Market

日時:9月17日(土)・18日(日)・19日(月・祝)
会場:国立代々木競技場 第一体育館、第二体育館、外周エリア

■国立代々木競技場 第一体育館

1st STAGE:OPEN11:00 / START12:00(END15:00予定)
17日(土) 出演:ゲスの極み乙女 / go!go!vanillas / クリープハイプ / DISH//
18日(日) 出演:サンボマスター / ALI / MAN WITH A MISSION / MONGOL800
19日(月・祝) 出演:Kroi / Nulbarich / Vaundy

2nd STAGE:OPEN17:00 / START18:00(END21:00予定)
17日(土) 出演:Creepy Nuts / ASIAN KUNG-FU GENERATION / KICK THE CAN CREW / レキシ
18日(日) 出演:STUTS / (sic)boy / KANDYTOWN / Awich
19日(月・祝) 出演:OKAMOTO'S / マカロニえんぴつ / 秦 基博 / 今市隆二

■国立代々木競技場 第二体育館
OPEN12:00 / START13:00(END20:00予定)

17日(土) 出演:TOSHI-LOW(BRAHMAN / OAU) / 森山直太朗 / 折坂悠太 / 竹原ピストル / Lena / HYBS / ALUNA / MCBK&FAZ
18日(日) 出演:TENDRE×chilldspot / Chilli Beans.×あっこゴリラ / リーガルリリー×WONK / 雨のパレード×ROTH BART BARON
19日(月・祝) 出演:AILI(from Belgium) / 向井太一 / いとうせいこう is the poet [Part 1] 社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)、元ちとせ、SKY-H / いとうせいこう is the poet [Part 2]満島ひかり、中納良恵

■MARKET AREA
OPEN10:30 / CLOSE20:00予定

【チケット料金】※全て税込
●ONE DAY:アリーナ・スタンディング16,500円
(代々木第一体育館1st&2ndステージ、代々木第二体育館観覧可能)

●1st STAGE
指定席8,900円
アリーナ・スタンディング:6,500円
注釈付き指定席4,500円
(代々木第一体育館1stステージのみ観覧可能。注釈付きはステージ演出の一部が見にくい席)

●2nd STAGE
指定席8,900円
アリーナ・スタンディング:6,500円
注釈付き指定席4,500円
(代々木第一体育館2ndステージのみ観覧可能。注釈付きはステージ演出の一部が見にくい席)

●第二体育館
指定席5,500円
アリーナ・スタンディング:5,000円
(代々木第二体育館のみ観覧可能)

●VIP1日通し券:110,000円
【特典内容】
・貴賓席(第一体育館 / 前室あり)、VIP専用エリア(第二体育館)での観覧
・J-WAVEナビゲーターがご案内するバックステージツアー ※出演アーティストとの面会はありません
・開演前にステージ上で個別に記念撮影(集合時間あり) ※出演アーティストとの撮影ではありません
・貴賓席(第一体育館)の前室には飲料のご用意有り(フリードリンク)
・特製オリジナル・フード付き(軽食予定)
・専用エントランス / アテンド付き
・オフィシャルグッズ詰め合わせ

※3日通し券 / アリーナ・スタンディングは販売終了

チケット購入リンク:
https://w.pia.jp/t/inspire-tokyo/

■U25キャッシュバック
※当日、会場の窓口で「チケット+身分証」でご本人確認の上、手続きいただいた方に限り、全券種とも2,000円をキャッシュバックします。
※対象:生年月日が1996年9月20日以降の方
※受付にはご本人確認と年齢が確認できる公的な写真付き身分証明証が必要です。ご持参ください。
※受付時間:各日10:30~1st STAGEチケットの方は1st STAGE終演時まで、2nd STAGE、1DAY、3DAYSチケットの方は2nd STAGE終演時まで。
※終演後の受付は行いません。
※新型コロナウイルス感染症対策、その他詳細は公式サイトでご確認ください。

イベント公式サイト:
https://www.j-wave.co.jp/special/inspire2022/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?