ディーン・フジオカ「心から感動を覚える作品に仕上がっています」 『連続ドラマ W HOTEL -NEXT DOOR-』完成披露試写会で作品の魅力をアピール

ディーン・フジオカ「心から感動を覚える作品に仕上がっています」 『連続ドラマ W HOTEL -NEXT DOOR-』完成披露試写会で作品の魅力をアピール

『連続ドラマW HOTEL -NEXT DOOR-』

漫画界の巨匠・石ノ森章太郎による名作『HOTEL』をベースに、凋落したホテル・プラトンの危機をオリジナル脚本で描く社会派エンタテインメント『連続ドラマ W HOTEL -NEXT DOOR-』が、WOWOWにて9月10日(土)午後10時から放送&配信スタートする。その完成披露試写会が9月7日に都内で⾏われ、主演のディーン・フジオカ、共演の草笛光子、加藤雅也、阿部純子、そして御法川修監督が登壇した。

本作は、1990年代にテレビドラマ化もされ話題になった名作コミック『HOTEL』の四半世紀後の物語。時代の岐路に⽴たされた⽼舗ホテルマンたちを待ち受ける運命を描く。

プラトンの再建のために総支配人として招かれたホテル経営のプロで、“ホテル座の怪人”と呼ばれる主人公・三枝克明役のディーンは「⻑いこと電波の届かないような遠いところに⾏っていて、久々に日本に戻って来ての公の場。カメラの前に⽴つのは久々でとても新鮮な気持ちです」と満席で迎えた完成披露試写会に喜色満面。

ストーリーについては「仕事でもプライベートでもホテルを転々とする生活を送ってきたし、いろいろな国で色々なサイズやキャラクターの違うホテルにはこれまで宿泊経験があるので、ホテルを舞台にした物語というものには興味が常にありました」と興味津々で、演じる上で意識したのは「ギャップです。冷徹ながらも最終的には時を超えた熱い思いが伝わればいいと思った」と熱のこもった役作りを明かした。

プラトン創業者の夫を亡くし、ある目的のために三枝を総支配人として招いた現オーナー・大原舞子役の草笛。20代の若き日々に実は「ホテル荒らし」だったそうで「とにかくホテルが好きで、ひとりで良い気持ちになってホテル生活を楽しんでいたのが20代のころ」と回想。

ディーンに「⼥子会とかはしなかったんですか︖」と聞かれると「ホテルはひとりで⾏くの!ひとりがいいの!」とシングルスタイルを強調し、ディーンから「“ひとり”ということを強調しますねえ」と笑われていた。

国内外のホテルを次々に買収する実業家で、一大ホテルチェーンを築くホテル王・周浩然役の加藤。ドラマオリジナルのキャラクターだが、中国人役ということもあり「どうして日本人である僕が中国語を喋る役をやらなければいけないのか……。しかもアジアで活躍するディーンくんの方が上手いのに、それにかぶせて僕が中国語を喋るというとんでもない試練。語学で苦労しました」と難役挑戦に頭を抱えていた。

念願のコンシェルジュ部門配転となるもスキル不⾜で伸び悩む木下かすみ役の阿部。ミステリアスな雰囲気漂うディーンについて「冗談に突如参加してくださるようなチャーミングなところがあって素敵な方だと感じた」と意外な印象を口にすると、すかさずディーンは「阿部ちゃん、結婚おめでとう!」と結婚祝福。ディーンからの突如の粋な計らいに新婚の阿部は「本当に素敵でチャーミングな方!……恥ずかしいです」と恐縮しきりだった。

本作制作にあたりホテルでの取材を重ねた御法川監督は「三枝克明の衣装は採寸から丁寧に仕⽴てたもので、コンシェルジュやフロント、ドアマン、厨房の衣装も含めて海外から取り寄せたアンティーク。社会派ドラマでありながらも、視聴者の眼福感を満たすような世界観をドラマの⾒どころとしてお伝えしたいです。画面に本物が満ちているドラマ」と⼒強くアピールした。

またホテルが舞台の内容にちなんで「ホテル宿泊時のこだわり」を聞かれた加藤は「ヨーロッパなどでは歴史のあるホテルが高くていいホテルとされているけれど、バスタブに入ったときに⾒えるシンクの下のパイプが錆びていたりするともうダメ。どんなにいいホテルだと言われても、それがあったらホテルを変えてもらう」とこだわり紹介。

このお風呂事情にディーンは「わかる気がします!」と共感を示して「僕の場合は水圧が許せない。シャワーの水圧が強すぎたり弱すぎたり……。そういうのがあると下を開けて自分で調節とかしちゃう。ヨーロッパの場合は水圧が弱くて、アジアは勢いが凄い」とホテルのシャワーあるあるで大盛り上がり。

さらにディーンは「ホテルは香りが大事。強烈なフレグランスは必要ないけれど、部屋だけではなく敷地内が結界のようにいい香りに包まれるとリッチな気持ちなれる」と“ホテル座の怪人”のようにホテルに対する一家言を持っており「ホテルプロデュース、お待ちしております!」と業界各所に呼び掛けていた。

最後に主演のディーンは「ホテルを舞台にしているけれど、日本の社会の色々な場所で起こりうるボトルネックのようなものの解消法が物語に組み込まれている。ホテルのラグジュアリーな空間や小道具などが豊かさの象徴として映るけれど、それがなぜ凋落し、今後どう明るい未来に進んでいくのか?」

「いろいろなキャラクターが登場して化学反応を起こして物語が前に進む。心から感動を覚える作品に仕上がっていますので、WOWOW への加入方法はホームページで確認してください!」と笑いを交えつつ本作の完成に胸を張っていた。

『連続ドラマW HOTEL -NEXT DOOR-』
WOWOWにて9月10⽇(土) 午後10時放送・配信スタート(第1話無料放送)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?