「エグいのに、観てよかったと思える」映画ライターSYO×PFF荒木啓子ディレクターが語る“パゾリーニ体験”

9月10日(土)から開催中の「第44回ぴあフィルムフェスティバル2022」(PFF)。PFFでは毎年、映画を志す人たちに観てほしい映画、対話してほしい人をテーマとした特集上映を行っているが、今年は生誕100周年を迎えるイタリアの鬼才ピエル・パオロ・パゾリーニ監督が登場。この稀有な才能がもたらす、唯一無二の映画体験をぜひとも多くの若い人たちに体験してもらいたい。そこで今回は若手映画ライターのSYOさんにパゾリーニを初体験していただいた。

SYOさんが選んだパゾリーニ作品とは? パゾリーニ作品を通じてSYOさんが感じたこととは? PFFの荒木ディレクターとともに、その魅力を語りあっていただいた。

“パゾリーニ初体験”のSYOが気になる作品は?

荒木 SYOさんは普段はどういったジャンルの映画をご覧になっているんですか?

SYO 特にジャンルで映画を観ているわけではないですが、仕事柄、どうしても最新の映画を観る機会が多くなってしまうんです。そういう意味ではパゾリーニも名前は知っていたけれど、今まできちんと観たことがなくて。だから今回はいい機会をいただけたと思っています。

――今回は“パゾリーニ初体験”ということで、SYOさんに気になるパゾリーニ作品を選んでいただいたわけですが、どの作品が気になりました?

SYO 『豚小屋』と『ソドムの市』ですね。

荒木 それは極端かも(笑)。割とこの辺の『アッカトーネ』とか『奇跡の丘』とかもいいですよ。

SYO そうですよね。でもその2作品がどうしても気になってしまって(笑)。実は、大学で映画を勉強する機会があって。そこで先生から『ソドムの市』の一部を抜粋して見せてもらった記憶があるんです。ただそのときはパゾリーニというよりも『ソドムの市』という作品が中心で、「ヤバい映画があるぞ!」という形で紹介されていました。

『豚小屋』

――『豚小屋』はどこが気になったんですか?

SYO タイトルですね。『豚小屋』って、明らかに不穏な話っぽいじゃないですか。不穏な映画が個人的に好きで……(笑)。

荒木 『豚小屋』は傑作ですよ。パゾリーニって知れば知るほど深みが増してくるような映画が多いんで、そこが面白いんですよね。特に初期の2作品(『アッカトーネ』『マンマ・ローマ』)は完全に文学なんですよ。だからこの2作品を観てから他の作品を観ると、また違う印象があるんで。それは組み合わせとしておすすめですね。

SYO そうなんですよね。今回は結構どぎつい2本をチョイスしちゃったかなと思っているので、パゾリーニ体験をした今は、彼がいかにして『ソドムの市』にたどり着いたのかが気になっています。

荒木 パゾリーニは映画つくりに関しては素人というところから始まっていますからね。特に映画の現場で訓練を受けたわけではないのに、デビュー作の『アッカトーネ』があのクオリティーですから。本当にすごい人ですよ。しかも映画監督としては14年しか活動していない。それであれだけのものを生み出し続けたというのは、どれだけなのかと思いますよ。



「『ソドムの市』を観て感じた“エグ味”は強烈だった」(SYO)

SYO

荒木 PFFは大島渚監督と縁が深いんですけど、人を褒めるということのあまりない大島監督が、なぜかパゾリーニのことは面白がっていた。それはなんでだろうと思っていたんですけど、今回いろいろと調べていくうちに、ふたりが似ているからなのかと思いました。大島渚に比べて高い映画教育を受けているわけではないですし、キャリアも長いわけではないですが、それでもあの短い時間を駆け抜けたパゾリーニという人は、知れば知るほどカッコいいなと思います。

SYO うちは母親が映画好きなので、母親にパゾリーニのことを聞いてみたのですが、けっこうリアルタイムで観ていたみたいで。そのときに言っていたのが、ある種のエグ味はあるけどやっぱり面白いし、笑える部分もある。なんだか残るんだよねということでした。

ピエル・パオロ・パゾリーニ監督

荒木 いいですね、身近に聞ける人がいるのは。

SYO 僕の映画の師匠はオカンなんです。実家が田舎だったので、映画館が近くに全然なくて。だから小さい頃は昔の作品を含めて、オカンが薦めてくれる映画を観ていました。それこそ『自転車泥棒』とか『モンパルナスの灯』とかも薦められて観ましたし。うちの両親はふたりともクリエーターなので、「こうなりたいな」みたいな憧れもあって。自分と感性は全く別ですが、両親がいいというものは今でも基本観るようにしています。

荒木 映画関係の人って、ご両親のどちらかが映画が好きという人が多いんですよね。

SYO そういう意味ではすごく環境に恵まれていたなと思います。

荒木 それで『ソドムの市』を観たときはどうだったんですか?

SYO 最近だと『哭悲 THE SADNESS』という強烈な台湾映画があって。ここ数年で、久しぶりに途中で観るのをやめたくなるような映画だったのですが、観始めた最初はその感覚を少し思い出しました。でも、映画を観て感じたエグ味は『ソドムの市』の方が比べ物にならないくらい強くて(笑)。

それはきっと画がすごく美しくて、しかも引きの画で撮られている分、異常性に引いた目線――客観性を感じたから。「怖いものですよ」と見せ物にするのではなく、異常性を当たり前のように描いている。話は通じるけど理解は絶対にできないような、真の意味で怖い人たちに出会ってしまった……と震えました。

「なにかをする度に反発が起きるというのはすごい才能」(荒木)

荒木啓子ディレクター

荒木 『ソドムの市』はわたしにとっても、もう1回観たいような、観たくないような、ある種のタブーの映画だったんですよ。ただ今回の上映に合わせてプリントチェックをするために、あらためてスクリーンで観たんですけど、やっぱりパゾリーニの深い絶望のようなもの、だけど絶対に希望は捨てないではいられないというようなものがあって。この引きかれたような、生まれながらの表現者としての魂みたいなものにいつも感動するんですよね。

SYO やはり今回、僕が『ソドムの市』を観たいなと思ったのは、やっぱり体験として受け継がれていく作品だから、ということもありますよね。だからといって教授が学生たちにそれを薦めるのもすごいことだと思いますが(笑)、でもそういう力があると思うんです。「俺、『ソドムの市』観たんだぜ!」と言いたくなるような。それは本当に映画の力だと思いますね。

『ソドムの市』

荒木 とにかくパゾリーニは、誰もやらないようなことをやろう、究極のことをやってやろうとしていたんですよね。そういうことを常に思っている作家がいるというだけで、60年代の映画の芳醇(ほうじゅん)さがあると思うんです。パゾリーニは作品を発表する度に、常に訴訟を起こされたり、上映中止を命じられたりしてきたわけですが、なにかをする度に反発が起きるってすごい才能だと思う。

SYO 一生懸命作っているのに、事件が起こってしまう……。

荒木 ある種の人たちにとって、彼がやることは恐怖を感じさせるんでしょうね。でもそういう人がボコボコ出てきた時代って、やはり戦争の傷跡みたいなものがあって。めちゃくちゃになった世界の傷を回復させようとしていたからだと思うんです。あの時代の表現欲ってすごかったなと思うんで。だから、むしろこれからの日本映画が面白くなっていくんじゃないかと期待しているんですけどね。とにかくパゾリーニを通して、映画ってなにやってもいいんだよ、ということが伝わったらなと思っているんです。



今の人たちの視点でパゾリーニを語ってほしい

SYO これだけエグいものを見せられてるのに、終わった後に「観てよかった」と思うのはなぜなんだろう?と思います。

荒木 『豚小屋』とか大笑いしませんでした?

SYO そうですね。すごいシニカルだなと思いました。『ソドムの市』のように直接的な描写があるのかなと覚悟していた部分もあったんですけど、そうではなく伝聞形式に近い。あえてそこを描かないがゆえのエグさというか、想像力に訴えかけてくる怖さでした。豚が出てくるだけでゾッとしますもんね。

荒木 『豚小屋』って本当に爆笑に次ぐ爆笑だったんですよね。だから本当に上映のときも真剣に観ないでほしいなと思っているんです。結構、ばかなこともやっていますからね。

SYO それってすごく大事だなと思います。パゾリーニについて語られているものって、どうしてもちょっとアカデミックになりすぎている気がしていて。そうなってくるとこちらも「知識なしに観ちゃいけないのかな」という気持ちになってしまう。だから真剣に観なくていいと言っていただけると、すごくありがたいです。

荒木 映画の書籍は、研究者のものが多くなりますしね。でも普通に映画を観てどう思ったかといった感想はネットにあふれていますから、こちらも重要。今の人たちの視点で、パゾリーニを体験してどう思ったか、どんどん語ってほしいです。

今回の特集を共催しているイタリア文化会館の人は『アラビアンナイト』がすごく好きだとおっしゃってて、それは「パゾリーニの中でも一番美しい映画だから」なんだと。そういうときは「美しい」という言葉だけで伝わるんだなと思いましたね。

『アラビアンナイト』

それと今回の上映作品で『愛の集会』という、イタリア中をインタビューして歩いているドキュメンタリーがあるんですけど、これを観ていると、みんなうれしそうにパゾリーニに話しかけているんですよね。子どもとかもスッゴイ喜んで寄ってきているし。やっぱり人間的にすごく魅力的な人だったんじゃないかなと思います。

『愛の集会』

SYO 今回、パゾリーニ作品を体験することができて良かったなと思います。ある種、一番強烈なものを最初に観たからこそ、他の作品を観たいなという気持ちになりましたし。今のままだと、自分の中で「強烈な映画を撮る人」のイメージが固まってしまいそうなので(笑)、他の作品も観たいなと思っています。



パゾリーニを一気に観て、人生で得がたい体験を!

短編では『「奇跡の丘」のためのパレスチナ訪問』(写真右)ほか3本立て上映© Cristina D’Osualdo. Tutti i diritti riservati.Pubblicato per gentile concessione della VIGGO Srl.

荒木 わたしもまさかPFFでパゾリーニの特集をやるとは思ってもみなかったんですけど、誰もやらなそうだと分かり、2年前から準備しました。PFFは誰もやらないことをやりたいんです(笑)。

SYO 今回、短編プログラムを入れたら相当な数の映画を上映するんですよね。

荒木 これを一気に観たらすごいですよ。自分の人生の中でも得がたい体験になります。おそらくスクリーンで、これだけの規模で上映される機会はもうないでしょうしね。

――今回の特集で気になった作品はありますか?

SYO 今回、上映作品のチラシを拝見して。面白そうな作品が多いなと思ったのですが、『大きな鳥と小さな鳥』は観たいなと思いました。

『大きな鳥と小さな鳥』

荒木 興味を持ったのはどういうポイントで?

SYO あらすじを読んだだけでもう面白そうだなと思ったというのもありますし、言葉を話すカラスってどんなだろう?というところも気になります。これなら笑えそうな気もしますしね。

荒木 お時間あるときに、ぜひ映画祭に遊びに来てください。



取材・文・撮影:壬生智裕

【第44回ぴあフィルムフェスティバル2022】
会期:9/10(土)~25(日) ※月曜休館
会場:国立映画アーカイブ

第44回ぴあフィルムフェスティバル2022 特別企画
「ようこそ、はじめてのパゾリーニ体験へ」
特設サイト: https://pff.jp/44th/lineup/pier-paolo-pasolini-tokyo.html

上映劇場:
【東京】
京橋・国立映画アーカイブ 9月11日(日)~22日(木)
渋谷・ユーロスペース 10月22日(土)~11月3日(木・祝)

【京都】三条高倉・京都文化博物館 11月19日(土)~26日(土)

<「ようこそ、はじめてのパゾリーニ体験へ」上映作品>
『アッカトーネ』1961年
『マンマ・ローマ』1962年
『ロゴパグ』1963年
『愛の集会』1964年
『奇跡の丘』1964年
『大きな鳥と小さな鳥』1966年
『華やかな魔女たち』1967年
『アポロンの地獄』1967年
『イタリア式奇想曲』日本初上映 1968年
『テオレマ 4Kスキャン版』1968年

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?