2年半の時を経て深化した『ヘンリー八世』開幕 吉田鋼太郎、阿部寛ら初日コメント到着

演出&出演・吉田鋼太郎、主演・阿部寛による舞台『ヘンリー八世』が、9月16日埼玉・彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて初日を迎え、舞台写真とコメントが届いた。

本公演は元々2020年2月に上演されていたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の余波を受けて、終盤の公演が中止に。そこから2年半を経て、演出の吉田や主演の阿部ほか、再演を誓ったキャスト・スタッフがふたたび集結した。

華やかな英国王宮を舞台に王をめぐるスキャンダルと、その裏に交錯する欲望と謀略、熾烈な地位争いが描かれる『ヘンリー八世』。今回は初演を踏まえ、ただの再演ではなく深化した新たな舞台に。初演時の客席をふんだんに使った演出は感染対策の一環として変更されたが、セットや音楽、振付など随所に新たな変更が見られ、舞台の上を巧みに使い観客を物語へ誘う。

演出の吉田は繊細に深く人間関係を描き、濃密な人間ドラマに磨きをかける。吉田は「相手の台詞を受けて返す」という芝居の基本を改めて見直し、キャラクターの個性が際立つ新たな表現に挑戦。歴史劇ながら現代社会にも読み替えられる人間模様は見応え満載となっている。

キャストは、「英国王室史上、 最もスキャンダラスな王」と言われるヘンリー八世に阿部寛。今回は厳しく鋭い眼差しの最強かつ最凶の王の姿と、一方で苦悩や孤独も抱く姿を、力強く綿密に演じる。王の信頼厚き大司教トマス・クランマーは金子大地、そのほか宮本裕子、山谷花純、谷田歩、河内大和など個性豊かなキャストが名を連ねる。

埼玉公演は埼玉・彩の国さいたま芸術劇場にて9月25日(日)まで上演。9月30日(金) から10月2日(日) まで愛知・刈谷市総合文化センター 大ホール、10月6日(木) から9日(日) まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、10月14日(金) から16日(日) まで北九州・北九州芸術劇場 大ホール、10月22日(土) から24日(月) まで宮城・名取市文化会館にてツアー公演を行う。

■演出・枢機卿ウルジー 吉田鋼太郎 コメント
無事に初日が開きました。2年前に新型コロナウイルス感染症の感染拡大で中止になった『ヘンリー八世』。2年半準備をして新しいものに生まれ変わっております。前回よりも更にパワフルになり繊細になり深くなった阿部寛ヘンリー王。それに伴い周りを固める俳優たちも前回よりも重みと深さを増しております。そして先日エリザベス二世女王が崩御されましたがこの芝居のラストシーンはエリザベス一世が誕生するところで終わりとなります。そういうところも含めまして、今観ると色々な考えや思い、コロナ禍や戦争が起きている今の世の中に対しての皆様のいろいろな気持ちを反映する芝居になっているのではないかと思います。いずれにせよ、シェイクスピアはエンターテインメント。どなたがご覧になっても大変楽しめる作品になっていると思います。 是非劇場にお越しください。

■ヘンリー八世 阿部寛 コメント
2年半前に新型コロナウイルス感染症で中断になった思いも込めて、さらに素晴らしいものにしようと鋼太郎さんを中心に全員でより深い稽古に励んできました。
磨きのかかった『ヘンリー八世』をぜひ楽しみにしてください。

■トマス・クランマー 金子大地 コメント
初演は僕自身初舞台で鋼太郎さんに舞台という扉を開けていただいたとても大切な思い入れのある作品でだったので、中止となってしまい、忘れられない初舞台となりました。
こうやってまた皆さんと集まって2年半越しにヘンリー八世が上演できることがすごく幸せです。前回ご覧になった方もご覧になっていない方もグレードアップした『ヘンリー八世』を楽しんでいただきたいです。期待して観にいらしてください。

<上演情報>
彩の国さいたまシェイクスピアシリーズ
『ヘンリー八世』

『ヘンリー八世』チラシ表

【スタッフ】
作:W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:吉田鋼太郎(彩の国シェイクスピア・シリーズ芸術監督)

【キャスト】
ヘンリー八世:阿部寛
枢機卿ウルジー:吉田鋼太郎
トマス・クランマー:金子大地
キャサリン:宮本裕子
アン・ブリン:山谷花純
バッキンガム公爵:谷田歩
ノーフォーク公爵:河内大和

大石継太 / 間宮啓行 / 廣田高志 / 工藤俊作 / 櫻井章喜 / 塚本幸男 / 飯田邦博 / 二反田雅澄 / 杉本凌士 / 水口てつ / 佐々木誠 / 松本こうせい / 大河原啓介 / 鈴木彰紀 / 齋藤慎平 / 松尾竜兵

石井 咲 / 古庄美和 / 山田美波 / 坂田周子 / 沢海陽子 / 悠木つかさ

演奏:サミエル

【日程】
■埼玉公演
2022年9月16日(金) ~9月25日(日) 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
主催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団 / ホリプロ
企画:彩の国さいたま芸術劇場シェイクスピア企画委員会
問い合わせ:彩の国さいたま芸術劇場
0570-064-939(休館日を除く10:00~19:00)
https://www.saf.or.jp

■愛知公演
9月30日(金) 18:30
10月1日(土) 12:00 / 17:30
10月2日(日) 12:00
会場:刈谷市総合文化センター 大ホール
主催:メ~テレ / メ~テレ事業
共催:刈谷市 / 刈谷市教育委員会 / 刈谷市総合文化センター(KCSN共同事業体)
問い合わせ:メ~テレ事業
052-331-9966(祝日を除く月~金10:00~18:00)

■大阪公演
10月6日(木) 17:30
10月7日(金) 13:00
10月8日(土) 12:00 / 17:30
10月9日(日) 12:00
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
主催:梅田芸術劇場 / ABCテレビ
問い合わせ:梅田芸術劇場
06-6377-3888(10:00~18:00)

■北九州公演
10月14日(金) 16:00
10月15日(土) 12:30 / 18:00
10月16日(日) 12:30
会場:北九州芸術劇場 大ホール
主催:RKB毎日放送 / インプレサリオ
提携:北九州芸術劇場
問い合わせ:インプレサリオ
092-985-8955
mailto:info@impresario-ent.co.jp

■宮城公演
10月22日(土)17:00
10月23日(日) 12:00 / 17:30
10月24日(月) 12:00
会場:名取市文化会館
主催:仙台放送
問い合わせ:仙台放送
022-268-2174(平日11:00~16:00)

公式HP:
https://horipro-stage.jp/stage/henry82022/

彩の国シェイクスピアシリーズ公式Twitter:
https://twitter.com/Shakespeare_sss

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?