貴重な資料に囲まれる監督の姿 『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』新本編映像公開

貴重な資料に囲まれる監督の姿 『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』新本編映像公開

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』

最高傑作『ホワイト・アルバム』を生んだインド滞在期のビートルズと奇跡の8日間を過ごしたポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』が、9月23日(金・祝)より公開となる。この度、新たな本編映像が公開された。

1968年、全世界で最も有名なグループ、ザ・ビートルズはガンジス川のほとりにいた。自分たちは何者で、どこに向かえばいいのか。人生の豊かさとは何かを求めるジョージの発案で、4人は超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーと出会い、インド北部のリシケシュにある、ガンジス川を臨む丘の上のアシュラム(僧院)に招待される。

この時、心の声の導きでこの地を訪れていたひとりの青年が現在、映像制作者として活躍するポール・サルツマン監督。『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は、ザ・ビートルズと運命的に出会い、共に過ごした奇跡の8日間を描くドキュメンタリーである。



今回公開されたのは、サルツマン監督がリバプールにある博物館「ビートルズ・ストーリー」を訪れ、スタッフに館内を案内される本編映像。

「ロックンロールに別名を与えるなら、チャック・ベリーだ」という言葉がいきなり目に飛び込んできた監督は「これはジョンの名言だね。“エルヴィスがビートルズを生んだ”とも」と話し、ロックンロールのレジェンドたちに刺激されて、活動を開始した4人に想いを馳せる。

メンバーの出会いはという監督の問いに「彼らが出会ったのは……18歳か17歳の頃かしらね。ジョージが一番年下だった」と、ジョージは16歳でメンバーに加わっていたのだと教えられる。

奥へ進むとザ・ビートルズのゆかりの場所として知られるドイツ・ハンブルグのライヴ・ハウス「スタークラブ」の文字が。続いて、「The Beatles」の文字が刻まれているリンゴが愛用していたLudwig社のドラム・セット。ドラムの前には、ポール、ジョン、ジョージが愛用したギターがズラリと並んでいた。

さらにビートルズがレコーディングしたアビイ・ロード・スタジオのコーナーも。69年の『アビイ・ロード』のジャケットは、スタジオの前の横断歩道で撮影され、今もファンの撮影スポットとなっている。

また世界を席巻した人気の凄さが伝わってくる「ビートルズマニア / 熱狂的なファン」の映像を見ながらスタッフが「当時の過熱ぶりが少しは伝わると思うわ」と微笑む場面も。

そして「ようこそ屋上へ!」と壁に書かれた場所へ案内される。そこでは、ピーター・ジャクソン監督の『ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート』(2022年)で描かれた69年にアップル・コア社の屋上で行われたルーフトップ・コンサートの様子も確認でき、まさにザ・ビートルズの歴史が堪能できる内容だ。

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』
9月23日(金・祝)公開

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?