「東京芸術祭 2022」開幕宣言 片桐はいり&佐々木蔵之介によるトークセッション開催

現在開催中の「東京芸術祭 2022」にて、芸術祭のオープニングを宣言する「開幕式典」が9月23日(金・祝) 池袋西口公園野外劇場GLOBAL RING THEATREで開催された。

東京芸術祭は2016年に始まった都市型総合芸術祭で、「ひらく」「きわめる」「つながる」をキーワードに展開している。7回目の開催となる今年も9月から12月にかけて、豊島区池袋地区を中心に30を超えるプログラムが実施される。

式典では、小池百合子東京都知事、近藤誠一東京芸術祭実行委員長からの挨拶や開幕宣言、東京芸術祭実行委員・来賓の紹介、そして、9月23日が「手話言語の国際デー」であることから『となり街の知らない踊り子』出演の北尾亘による手話ソング「ありがとうの花」が披露された。

また、芸術祭の上演演目である野外劇『嵐が丘』出演の片桐はいりと『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』に出演する佐々木蔵之介によるトークセッションも開催。併せて、コメントが到着した。

■片桐はいり コメント
野外劇『嵐が丘』を池袋のど真ん中で、まさにここでするのかと実感しています。野外劇は以前にも、出演したことがあるのですが、雨の音が拍手の音のように聞こえたり(笑)、したのを覚えています。通りを行く車の音、ネオンの明かり、街の雑踏といった、ある意味都会の自然を取り込みながら芝居したいと思います。『嵐が丘』は、愛憎劇という印象がありましたが、今回改めて読んでみて、キャサリンの激情に、人間ではない激しさを感じています。野外劇には向いている作品かもしれません。
私の初観劇は本多劇場のこけら落とし公演の緑魔子さん出演の『秘密の花園』でした。今作はワンコインで観られてハードルが低いので、通りすがりの人も「何かやってるな」「こういう事をしている人がいるんだ」ということを知っていただけたら嬉しいです。茶々を入れるつもりでも構いません(笑)!ぜひ、覗きにきてほしいなと思います。

■佐々木蔵之介 コメント
初めての観劇体験は、唐十郎さんの作品でした。内容はよく理解できませんでしたが(笑)、すごいエネルギーを感じて、これが演劇のパワーか!と、圧倒されたのを覚えています。
また、ルーマニアのシビウ国際演劇祭を観にいったときは、そこかしこで同時多発的に芸術に触れることができて、演劇やダンスやアートをすごく身近に感じることができました。この芸術祭も7年続いているので、この先もずっと続いたらいいなと思っています。私が出演する『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』は、以前『リチャード三世』でご一緒したシルヴィウ・プルカレーテさんの演出で、前回ご一緒した際の豊かな時間を思い出しました。プルカレーテさんの演出は、人の醜い部分を残酷に、だけど美しく強烈に、かつユーモアを交えて表現される方なので、「守銭奴」をどんな喜劇に持っていくのかとても楽しみです。
そして、歌舞伎作品をプルカレーテさんが演出した『スカーレット・プリンセス』は、ルーマニアのカンパニーが演じています。シビウ演劇祭に行ったときに劇場は拝見したのですが、上演は観ることができなかったので、やっと日本で観られることができて嬉しいです。
観劇は、日常が非日常になる機会でこの芸術祭を通じて、身近に肌で演劇やアートを感じていただけたらと思います。

<「東京芸術祭 2022」31ラインアップ>
■東京芸術祭プログラム

第34回 池袋演劇祭

出演:特別参加、前回⼤賞受賞団体を含め全39団体

⽇程:9⽉1⽇(⽊)〜30⽇(金)
会場:豊島区内14会場

東京芸術祭 2022 シンポジウム「なぜ他者と空間を共有するのか?~メディア、医療、舞台芸術の現場から~」

登壇者:多⽥淳之介 / 横⼭義志 ほか

10月18日(火) 14:15~16:15
会場:都内会場

東京芸術祭 2022 シンポジウム「芸能者はこれからも旅をするのか?~コロナ後の国際舞台芸術祭における環境と南北問題~」

登壇者:⻑島確 / 横⼭義志 ほか

10⽉〜芸術祭会期終了まで配信(予定)
会場:オンライン

『WORLD BEST PLAY VIEWING ワールド・ベスト・プレイ・ビューイング』

【A】太陽劇団『モリエール』(1978年フランス・イタリア合作映画 / 2022年4Kデジタルリマスター版)
監督・脚本:アリアーヌ・ムヌーシュキン
出演:フィリップ・コーベール / ジョゼフィーヌ・ドレンヌ / ブリジット・カティヨン ほか
上映時間:4時間25分(休憩あり)

【B】太陽劇団『最後のキャラバンサライ(オデュッセイア)』(2006年)

太陽劇団『最後のキャラバンサライ(オデュッセイア)』(C) Michèle Laurent

監督:アリアーヌ・ムヌーシュキン
作・出演:太陽劇団(テアトル・デュ・ソレイユ)
上映時間:4時間50分(休憩あり)

【C】インターナショナル・シアター・アムステルダム『ローマ悲劇』(2021年)
原作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:イヴォ・ヴァン・ホーヴェ
出演:インターナショナル・シアター・アムステルダム(ITA)
上映時間:5時間40分(休憩あり)

⽇程:10⽉5⽇(⽔)〜10月9⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 シアターイースト

『スカーレット・プリンセス The Scarlet Princess』

『The Scarlet Princess』(2018年) (C)Sebastian Marcovici

上演台本・演出:シルヴィウ・プルカレーテ
原作:鶴屋南北「桜姫東⽂章」
出演:オフィリア・ポピ / ユスティニアン・トゥルク / ルーマニア国⽴ラドゥ・スタンカ劇場カンパニー

⽇程:10⽉8⽇(⼟)・9(日)・11⽇(⽕)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス

『セレモニー』

プロジェクトメンバー:サリー★(プリンター)
⼩森あや(プロジェクトマネージャー)
佐々⽊⽂美(セノグラファー)
⼤道寺梨乃(俳優)
もてスリム(編集者)
⼭⼝あまね(建築家)

⽇程:10月8日(土) 11:00 / 16:00
会場:豊島区⼤塚駅周辺

東京芸術祭ひろば

⽇程:10⽉11⽇(⽕)〜23⽇(⽇) 12:00〜20:00(予定)
会場:東京芸術劇場 アトリエイースト

SPAC-静岡県舞台芸術センター『夢と錯乱』

『夢と錯乱』

演出:宮城 聰
作:ゲオルク・トラークル
訳:中村朝⼦
出演:美加理

⽇程:10⽉14⽇(⾦)〜16⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 シアターイースト

野外劇『嵐が丘』

片桐はいり、小野寺修二

作:エミリー・ブロンテ
演出:⼩野寺修⼆
出演:王下貴司 / 久保佳絵 / ⻫藤悠
崎⼭莉奈 / 菅波琴⾳ / ⽵内蓮 / 丹野武蔵
鄭亜美 / 辻⽥暁 / 富岡晃⼀郎 / 中村早⾹
⻄⼭⽃真 / 塙睦美 / 宮下今⽇⼦
⽚桐はいり

⽇程:10⽉17⽇(⽉)〜26⽇(⽔) 17:00開演 ※24⽇(⽉) 休演
会場:GLOBAL RING THEATRE

映像演劇『階層』

作・演出:岡⽥利規
映像:⼭⽥晋平
キャスト:オーディションで選考された市⺠(伊藤すみか / 浦⽥すみれ / 江上定⼦ / 笠⽥優奈 / 勝⽥雄介 / 加藤瑶⼦ / 眞⽥信三 / 富髙有紗 / ⻑井健⼀ / ⻄川ちさと / 早川吉乃 / ⽮野昌幸 / 油井⽂寧 / 横⽥僚平)
⽶川幸リオン

⽇程:10⽉19⽇(⽔)〜25⽇(⽕)
会場:東京芸術劇場 シアターイースト

『An Imperial Sake Cup and I ー 恩賜の盃と私』

構成・出演:チャーンウィット・カセートシリ
演出:ティーラワット・ムンウィライ(カゲ)

⽇程:10⽉28⽇(⾦)〜30⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 シアターイースト

akakilike『捌く–Sabaku』

演出・構成:倉⽥翠
出演:今村達紀 / ⽯原菜々⼦ / ⼤⽯英史 / ⿊⽥健太 / ⽵ち代毬也 / ⽥辺泰信 / 狭間要⼀ / 平澤直幸 / 前⽥耕平 / 森本圭治 / 諸江翔⼤朗 / ⼭本和⾺ / よしたく / 寺⽥みさこ

⽇程:10⽉29⽇(⼟)〜30⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 シアターウエスト

アトカル・マジカル学園 アートサポート児童館

プロデュース:多⽥淳之介

⽇程:10⽉28⽇(⾦)〜30⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 アトリエイースト

民俗芸能 in としま2022

出演:⻑崎獅⼦連 / 冨⼠元囃⼦連中
雑司ヶ⾕⻤⼦⺟神御会式連合会
髙野右吉と秩⽗社中 / 菅⽣⼀座 / ⼆⼦流東京⻤剣舞 / 神楽乃朋友 / ⼩⼭会⻘年部 / 斎藤真⽂
※⻤⼦⺟神の「⻤」は、正しくは⼀画⽬のツノなし

⽇程:10⽉30⽇(⽇) 14:00開演
会場:GLOBAL RING THEATRE (池袋西口公園野外劇場)

『くらしチャレンジ』(大人とこどものための戯曲集)

プロジェクトメンバー:阿部健⼀(ドラマトゥルク・ 地域計画研究者)/ 有吉宣⼈(俳優・ワークショップ ファシリテーター)/ ⼩野晃太朗(劇作家)/ 齋藤優⾐(デザイナー)

⽇程:10月22日(土) ~11月13日(日)
会場:豊島区内会場(予定)

山本卓卓×北尾亘『となり街の知らない踊り子』

作・演出・振付:⼭本卓卓
振付・出演:北尾亘

⽇程:11⽉4⽇(⾦)〜11⽉6⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 シアターイースト

アトカル・マジカル学園 かぞくアートクラブ

ディレクション:YORIKO

⽇程:11⽉12⽇(⼟)〜11⽉23⽇(⽔・祝) ※期間中の⼟・⽇・祝⽇に開催
会場:東京芸術劇場 アトリエウエスト

第35回 としま能の会

出演:観世喜正 / 野村萬 ほか

⽇程:11⽉14⽇(⽉) 18:00開演(予定)
会場:豊島区立芸術文化劇場 (東京建物Brillia HALL)

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』

作:モリエール
翻訳:秋⼭伸⼦
演出:シルヴィウ・プルカレーテ
出演:佐々⽊蔵之介
加治将樹 / ⽵内將⼈ / ⼤⻄礼芳 / 天野はな
茂⼿⽊桜⼦ / 菊池銀河
⻑⾕川朝晴 / 阿南健治 / ⼿塚とおる / 壤晴彦

⽇程:11⽉23⽇(⽔・祝)〜12⽉11⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス

■東京芸術祭ファーム(テーマ 「都市をほぐす/Unlearning Cities」)

Farm-Lab Exhibition パフォーマンス試作発表『「クィア」で「アジア人」であることとは?』

演出:セリーナ・マギリュー
パフォーマー:未定(公募により決定)

⽇程:10⽉7⽇(⾦)〜9⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 アトリエウエストほか

Farm-Lab Exhibition パフォーマンス 試作発表 y/n(橋本 清+山﨑健太)『Education(in your language)』

演出:y/n(橋本 清+⼭﨑健太)
パフォーマー:未定(公募により決定)

⽇程:10⽉7⽇(⾦)〜9⽇(⽇)
会場:東京芸術劇場 アトリエイースト・アトリエウエスト(予定)

Asian Performing Arts Camp 公開セッション

登壇者:Asian Performing Arts Camp参加者
モデレーター(Asian Performing Arts Campファシリテーター):⼭⼝惠⼦ / ジェームズ・ハーヴェイ・エストラーダ
ゲストフィードバッカー:中村 茜 / リュウ・シャオイ

⽇程:10⽉16⽇(⽇) 13:00〜18:00
会場:オンライン

ディレクターズフォーラム

登壇者:
宮城 聰(東京芸術祭ディレクター)
⼩川希(Art Center Ongoing ディレクター)
マーティン・デネワル(フェスティバル・トランスアメリーク 共同芸術監督)
リバー・リン(アーティスト / ADAMキュレーター)
川崎陽⼦ / 塚原悠也 / ジュリエット・ナップ(KYOTO EXPERIMENT共同ディレクター)
ファシリテーター: 多⽥淳之介(東京芸術祭ファームディレクター )/ ⻑島確(東京芸術祭ファーム共同ディレクター)

⽇程:10⽉31⽇(⽉)〜11⽉5⽇(⼟) ※後⽇アーカイブ配信あり
会場:東京芸術劇場シンフォニースペースおよびオンライン ほか

クリエイティブインターン
アートトランスレーターアシスタント
ファーム編集室 アシスタントライター
制作アシスタント
ファーム ラボ ビジター
スクール

※内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

<イベント情報>
東京芸術祭 2022

2022年9⽉1⽇(木)〜12⽉11⽇(日)
会場:東京芸術劇場 / GLOBAL RING THEATRE(池袋⻄⼝公園野外劇場)/ 豊島区⽴芸術⽂化劇場(東京建物 Brillia HALL)/ ほか東京・豊島区池袋エリア

公式サイト:
https://tokyo-festival.jp

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?