香取慎吾×井之脇海の対人術「喧嘩はしたくない。イラッとしたら忘れるのがいちばんです」

もしも妻が、溜まりに溜まった夫への不満を書き込んで共有できるSNS《旦那デスノート》に自分への鬱憤をぶつけたていたら……?

そんな夫側からすると背筋が凍るような、妻側からすると思わず共感するようなイントロダクションから始まるのが、映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』。犬も食わない夫婦のバトルをコミカルに描きつつ、夫婦という赤の他人が生きていく上で何が大切かを、優しい涙と共に気づかせてくれる。

そこで、ダメ夫の田村裕次郎役の香取慎吾と、裕次郎の職場の後輩・若槻広人役の井之脇海にインタビュー。映画のことから、2人のSNSに対する考え、人付き合いで大切にしていることまで、たっぷり語ってもらった。

香取さんのスピーチは、台本で読んだときよりも響くものがあった

――まずはお互いの印象について聞かせてください。

井之脇 僕はもう小さい頃から見させていただいていたので、今回お話をいただいたときに香取さんと会えることが純粋にうれしかったですね。現場でも気さくに話しかけてくださって。小さい頃に見ていた人と会うと構えちゃうところがあるんですけど、おかげでそんなこともなく、自然にお話ができました。

香取 結婚式で僕がスピーチをするシーンがあるんですけど、撮影の合間に井之脇くんが「すごく響きました」って言ってくれて。あんまりそのときはまだ話せてなかったのに、そう言ってくれたのはすごいうれしかったですね。

井之脇 香取さんの声が素敵だったんです。スピーチの内容もそうですけど、それ以上に香取さんの体と声を通して出てくる言葉が、台本を読んだときよりも響くものがあって。僕のお芝居としても、裕次郎のスピーチを聞いてほろっと涙するところなんですけど、あそこは香取さんに泣かせてもらったという感覚でした。

――香取さんからご覧になって、井之脇さんのお芝居で素敵だなと思ったところはありますか。

香取 すごく自然なんですよね。すんなり耳に入ってくる声色というか。でもそれって実は繊細に考えられているのかなと思うところでもあって。あんまり表には出さないけど、声の出し方とか出発点とかをすごく気にしているんだなというのが感じられて面白かったです。

井之脇 本当ですか。ありがとうございます。

香取 ありますか、そんな感じは。

井之脇 確かにめちゃくちゃ考える方だとは思います。ただ、あんまりトゥーマッチにはやりたくないと思っていて。考えた上で、共演の方といろいろ現場でセッションできたらというのを大事にしているので、そう言っていただけてうれしいです。

――お互いお芝居のスタンスは似ているところはありそうですか。

香取 どっちかといえば似てるかな。僕も考えていないふうにして、ちょっと考えてるみたいなところがあるから。考えてるのが目に見えるタイプの人も多いけど、僕はそうじゃなく、スラッと自然な感じなんだけど、実は自分の頭の中ですごい会話してたりするところはあるかもしれない。

井之脇 僕が言うのもおこがましいですけど、香取さんは徹底して地に足がついてる感じが隣で芝居を一緒にしていて感じられたんですね。香取さんと裕次郎って絶対似てないんですけど、どこかで繋がってるような気がする瞬間がたくさんあって。それはきっと香取さんが裕次郎として生きていたからだと思うんです。香取さんが裕次郎として生きてくださったおかげで、僕もそのまま反応することができたかなと思います。

エゴサーチは日々しています

――今回、お話の中でSNSが登場しますが、お2人のSNSに対する考えを聞きたいです。

香取 井之脇くんは何をやってるの?

井之脇 僕は公式でインスタをやってて。

香取 そうなんだ。フォローしよ。

井之脇 ありがとうございます。僕もフォローさせてください!プライベートはSNSはやってなくて。今、会ってない人の情報が入ってくるのがあんまり得意じゃなくて。

香取 僕もやる前は怖いものだと思ってました。でもやり始めたらめちゃくちゃ楽しくて。もう全部やってるからね。TikTok、YouTube、アメブロ、Twitter、インスタ、全部やってます。

井之脇 えー。TikTokもやられてるんですか。

香取 やってるよ。しかも全部自己管理なんで。YouTubeだけスタッフがいるけど、他は全部自分のタイミングで投稿してる。

――ということは、SNSをやってみて印象が変わったということですね。

香取 良い方向に変わりましたね。それこそエゴサーチも日々してるし。

井之脇 そうなんですね。

香取 ファンの方が「慎吾ちゃん、こんな仕事あるんだ」とか「こういう企画始まったね」って呟いてるのを見て、あ、そんなの始まってるんだって知るという(笑)。で、自分のTwitterで発信する。ファンの方が僕のすべてをいちばんよく知ってくれているんです。僕がエゴサーチしてるのもみんな知ってるから、「慎吾ちゃん、気づいて、こんなの始まってるよ~」って教えてくれて。それを読んで、ありがとうありがとうってなってます(笑)。

『犬も食わねどチャーリーは笑う』(C)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

――ちなみに井之脇さんはエゴサーチは?

井之脇 僕はしないです。ただ、母が僕のファンというか、母が見つけたら、いいものだけスクショして送ってくれています(笑)。いい情報だけ見られるので、それでいいかなって。

――SNSでネガティブなことを発信してストレスを発散させる気持ちはわかりますか。

香取 僕はわからないかな。たとえば匿名とか、自分を偽った形で発信しても、どこかで綻びが出る怖さの方があるから、そういうことは絶対に書かない。僕の場合、香取慎吾として発信することで気持ちが発散できるから、それで間に合ってるというのもあるかも。

井之脇 僕は、嫌なことがあるとルーズリーフに書き殴るんです。手で書いた方が吐き出してる感じがして好きで。で、書き終わったら丸めて捨てる。マイナスな気持ちをアウトプットするという意味ではわかるけど、それを人に見える形で発信するというのはわからないですね。

――ちなみに、お2人のSNSのマイルールは?

井之脇 月に2回は投稿する、ぐらいかな(笑)。

香取 お酒を飲みすぎてるときはやらない。大事です(笑)。

イライラしない秘訣は、身を委ねること

――映画は夫婦の物語ですが、広く見れば人と人が付き合っていく上で大事なことが描かれている気がしました。お2人が、人と関わっていく上で大事にしていることはなんですか。

井之脇 嘘をつかないことですね。それがいちばんだと思います。

香取 なんだろう。嫌な感じに思われたくないですよね。と言うのも、嫌な感じの人が僕はやっぱり好きじゃないから。なんでそんな嫌な感じなの?っていう人いるじゃないですか(笑)。

井之脇 僕もネガティブな感情はなるべくオープンにしないように気をつけています。もちろん嫌だなって感じることはありますけど、それを自分が出すことで周りを巻き込んじゃうことの方が嫌なんですよ。

――わかります。自分でも気をつけようとは思っていますが、どうしても機嫌が悪いときや忙しいとき、つい人に棘のある態度をとってしまうことってありませんか。

香取 僕はほぼないですね。なぜかと言うと、身を委ねてるところがあって。たとえば、今日みたいに取材が分刻みで続いていると、中にはイライラする人もいると思うんですよ。でも、僕は最初から何時に終わるとかを知らないようにしてる。全部のスケジュールが終わって、誰かが「今日はこれで終わりです」って言ったときに、初めて終わりなんだって知るくらいの方がイライラしなくていいんですよね。

井之脇 僕はそれこそ紙に書き殴ります。で、丸めて捨てて終わりですね。

――ちなみに相手の許せないところや気になるところについてはどうしますか。

香取 どっちかと言うと言うかな。チャンスをすごいうかがって。で、言いはじめて違うなと思ったらすぐに引く。今じゃなかったって(笑)。

井之脇 僕も言いますね。ただ、自分で解決できることであれば自分で解決するし、たとえば、相手が片付けをしてくれないとかだったら、何も言わずに自分で片付けるかもしれない。どうしようもないことであれば、香取さんのおっしゃる通りタイミングを狙って、言葉を探して言いますね。

香取 やんわりとね。タイミングと言い方が大事だと思います。

――お2人は喧嘩になったら自分から謝るタイプですか。

井之脇 謝ると思います。

香取 僕も謝るかな。険悪な空気が我慢できなくなると思うから。

井之脇 わかります。僕も人と揉めるのが苦手なんです。だから、そもそも喧嘩しない。

香取 同じだ。僕もなるべく喧嘩はしたくない。

井之脇 何かあったら喧嘩になる前になるべく話し合いで解決したいです。

香取 そうだね。あとは忘れる。イラっとすること自体面倒くさいので、さっさと忘れるのがいちばんです。

――じゃあ、最後に自分のパートナーが《旦那デスノート》に書き込みをしていると知ったら、お2人は読みますか。

井之脇 奥さんが書き込んでるのを知った上でですか? 見ます見ます、めっちゃ見ちゃいます。

香取 知った上だったら見るかな。知らなければ、そんなのあるんだで終わるけど。

井之脇 わかります。

――その投稿を見て、どうしますか。

香取 どうするんだろう。内容にもよるけど、あれが嫌だみたいな内容だったら、気をつけられるものなら気をつけたいけど。そうじゃなくて、もう一緒にいられなくなるぐらいの内容だったら、話し合いに入りますね(笑)。

ぴあアプリでは香取慎吾×井之脇海のアプリ限定カットと限定インタビューをご覧いただけます。ぴあアプリを ダウンロード(dpia-app://contentAll?contentId=26fd672c-5dd5-477b-b989-76ce8d72f9ff&contentTypeId=2) すると、この記事内に掲載されています。

取材・文=横川良明
撮影=奥田耕平

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?