清木場俊介、EXILE ATSUSHIをゲストに迎えて武道館ライブ「EXILE時代からのファンも楽しんでほしい」

清木場俊介が約3年ぶりとなる全国ツアー『KIYOKIBA SHUNSUKE 20TH ANNIVERSARY LIVE “BIRTH”~THE FINAL~』を開催する。12月3日(土)、4日(日) の日本武道館公演には、EXILE ATSUSHIのゲスト出演も決定。コロナの影響で2度の延期を繰り返してきた武道館公演は、20周年イヤーの集大成となりそうだ。
ベストアルバム第2弾『唄い屋BEST・Vol.2』を引っ提げて行われる『“BIRTH”~THE FINAL~』、満を持して開催される日本武道館公演について、清木場自身に語ってもらった。

――20周年を記念したツアー“BIRTH”の日本武道館公演は、2021年2月、2022年2月と2度延期になりました。

今年の2月にやれなかったときは正直、ちょっと心が折れかけましたね。準備も進めていたし、ライブに向けたトレーニングを開始する直前で。延期にするにしても、そこまでモチベーションが保てるのかなと。と言いつつ、すぐにベストアルバムの制作に入ったんですけどね。

――ベストアルバム第2弾『唄い屋BEST・Vol.2』ですね。第1弾『唄い屋BEST・Vol.1』はアコースティック編成で再録されましたが、今回はフルバンドでレコーディングしたそうですね。

清木場俊介『唄い屋・BEST Vol.2』ジャケット

はい。全曲録り直したので、だいぶ大変でした(笑)。ライブ形式でどんどん録っていって、アップテンポの曲は1日6曲くらいのペースでレコーディングして。もちろん好きな曲ばかりだし、いろんな思い出が詰まってるんですけど、40代になった今の自分の唄を残しておきたかったんですよ。20代のときに録った曲を今聴くと、若いというか、「下手だな」って思うこともあるし(笑)、自分としては今がいちばん唄えていると思っていて。ファンの方がどう思うかわからないけど、ずっと応援してくれる人は、人生とともに僕の曲が存在しているかもしれないし、ライブでもずっと唄ってる曲ばかりですからね。

――アレンジも変更してるんですか?

基本、原曲に忠実にやってるんですけど、昔の曲に関しては、当時のプロデューサーの意向もかなり入ってるんですよ。ベストに関しては自分の好きな音しか入ってないし、いちばん好きな感じになってますね。バンドメンバーともワイワイと揉めながら(笑)、何回もやってもらって。ベストシリーズ、この後もまだまだ続きますよ。
予算のかけ方を間違えてるような気もするけど(笑)、自分としては楽しくやってますね。(完全受注生産による)CDだけでリリースする予定なので、ぜひ大きい音で聴いてほしいです。この先、ライブハウスで爆音で聴くイベントもやってみたいですね。

清木場俊介『唄い屋・BEST Vol.2』ティザー映像

――そして11月から12月にかけて全国ツアー『KIYOKIBA SHUNSUKE 20TH ANNIVERSARY LIVE “BIRTH”~THE FINAL~』を開催。12月3日(土)、4日(日) には日本武道館公演が行われます。今回はようやく開催できそうですね。

絶対やりたいですね!もともとは20周年を記念して、「ずっと応援してくれてる人たちと武道館で楽しもう」というライブだったんですけど、何度も延期になって。今回、制作チームががんばってくれて12月の週末にやれることになったので、ほかの場所も押さえて、ツアーとして開催することにしました。『唄い屋BEST・Vol.2』は武道館公演に向けてリリースするので、セットリストも収録曲を軸にしようと思ってます。

――しかも武道館にはEXILE ATSUSHIさんもゲスト出演。

今年の2月も出てくれる予定だったんですけど、今回も「いいよ」と言ってくれて。僕も楽しみですね。

――改めてお聞きしたいんですが、清木場さんにとってATSUSHIさんというシンガーはどんな存在なんですか?

まず、すごく入ってきやすい声質ですよね。好みがあまり分かれないというか、誰が聴いても「いい声だね」って思うだろうなと。僕は真逆で、声的にも音楽的にも好き嫌いがハッキリ分かれるタイプなんですけど(笑)。あと、デビュー当時の歌の師匠なんですよね。フェイクなんかも彼に教えてもらったし、「全然、敵わない」と思ってました。ピアノが弾けて音感もいいし、ライブの経験も豊富でしたからね。

――ATSUSHIさんも清木場さんの唄をすごく高く評価してますけどね。

どうなんですかね。EXILEを脱退する1年くらい前に自分らしさが見つかってきて、最後のツアーでようやく横並びで唄える感じになって。今も変わらず、めちゃくちゃ上手いですよね。あとね、優しい男なんですよ。超が付くくらい真面目だし、僕からすると神父さんみたいなイメージがあって。刑務所への慰問だったり、児童養護施設の支援だったり、そういう活動もやってるでしょ?僕はまだまだそこまで至らないし、自分を育てるだけで精一杯なので。

――久しぶりの共演、ファンのみなさんも待ち望んでいたと思います。

東京ドームで一緒に唄ったのが6年前(2016年8月に行われた『EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT'S SHOW TIME!!”』)ですからね。前回はシークレットで出演させてもらったので、僕のファンの方からだいぶお叱りを受けまして(笑)。今回はあらかじめ告知させてもらったので、グループ時代からのファンの方にも楽しんでほしいですね。

――“20周年”についても聞かせてください。EXILEを脱退後はソロアーティストとして活動。現在は独立し、インディペンデントな活動を続けています。

それも自然な流れだったんですけどね。絶対に独立しようと決めていたわけではなくて、「自分たちでやったほうが早い」というか。今はすべて自分たちで決めて活動しているので、ストレスは全然ないですね。振り返ってみると、20代後半から30代はけっこうキツかったんですよ。とにかくガムシャラだったし、ライブハウスやホールでライブを重ねて。30代前半の頃は、地方のライブハウスが半分も埋まらないこともあったんですよ。何度もツアーを重ねるなかで、少しずつお客さんが増えてきて、2020年頃にはソールドアウトするようになって。(唄の)表現も変わってきましたね。自分としてはリラックスして唄いたいと思ってたんだけど、なかなか思うようにいかなくて。もどかしさもありましたね。

――若いときは気合いが前面に出ていたような……。

そうですよね(笑)。30代の苦しい時期を抜けてからは、だいぶ解き放たれたというか。40代になってからはリラックスして唄えるようになってきたし、いい感じになってますね。去年の9月と12月にやったライブも、コロナ禍の制限があったとは言え、“楽しい”の一言だったんですよ。最初はみんな棒立ちでしたけど、だんだん楽しみ方がわかってきて。

――いい意味で余裕が持てるようになった?

はい。なので武道館が延期になったときも、その瞬間はちょっとへこみましたけど、わりと冷静だったんですよ。誰のせいでもないし、仕方ないじゃないですか。

――ファンのみなさんに対する思いも変化しているんですか?

すごく変わってきましたね。20代の頃はファンの方、応援してくれる人のことをあんまり考えてなかったんですよ。自分を作り上げることが優先だったというか。デビュー10年目くらいですね、「ファンと一緒に進んできたんだな」とわかってきたのは。それが発言や行動と噛み合ってきたのは、ここ数年だと思います。応援してくれる皆さんも自分と同じように年を重ねていて。家族ができたり、環境が変化するなかで、曲の聴き方も違ってきてると思うんですよ。お互いにいい距離感を取れているのかな、と。

――全国ツアー『“BIRTH”~THE FINAL~』と武道館公演、記念すべきライブになりそうですね。

とにかく盛り上がってほしいですね!笑いが止まらないくらいに(笑)。自分としても集大成のツアーだし、20年の思いを全部唄おうと思っていて。心配をおかけしたこともあったかもしれませんが(笑)、大人になった清木場をぜひ見てほしいです。無事にツアーをやり遂げて、来年もがんがんライブをやりたいと思っていて。40代がコロナ禍で2年もつぶれてしまったので、この後はもっともっと楽しみたいですね。

Text:森朋之

<ライブ情報>
KIYOKIBA SHUNSUKE 20TH ANNIVERSARY LIVE “BIRTH”〜THE FINAL〜

11月12日(土) 神奈川・よこすか芸術劇場
OPEN17:00 / START18:00

11月23日(水・祝) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
OPEN17:00 / START18:00

12月3日(土) 東京・日本武道館
ゲスト:EXILE ATSUSHI
OPEN17:00 / START18:00

12月4日(日) 東京・日本武道館
ゲスト:EXILE ATSUSHI
OPEN17:00 / START18:00

12月15日(木) 大阪・グランキューブ大阪 メインホール
OPEN18:00 / START19:00

12月17日(土) 福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホール
OPEN17:00 / START18:00

12月24日(土) 山口・KDDI維新ホール
OPEN17:00 / START18:00

【チケット料金】
■日本武道館公演
S席:12,000円(税込)

■神奈川/愛知/大阪/福岡/山口公演
S席:8,500円(税込)

※未就学児童入場不可。6歳以上チケット必要。
※全席指定席
※S席:お一人様1公演4枚まで

■セブン-イレブン先行
受付期間:9月24日(土) 12:00~10月2日(日) 23:59
当選発表:10月5日(水) 18:00

■セブン-イレブン2次先行
受付期間:10月6日(木) 12:00~10月11日(火) 23:59
当選期間:10月14日(金) 18:00

特設サイト:
https://kiyokibashunsuke.studio.site/

<リリース情報>
清木場俊介 2nd BEST ALBUM『唄い屋・BEST Vol.2』

【収録楽曲】
1. 唄い人 Rerecording 2022
2. 悲しきRock'n Roll Rerecording 2022
3. LONG MY WAY Rerecording 2022
4. FAKE Rerecording 2022
5. again Rerecording 2022
6. ROCK★STAR Rerecording 2022
7. TO LIVE OR DIE Rerecording 2022
8. FREE MAN Rerecording 2022
9. JACKROSE Rerecording 2022
10. Pride Rerecording 2022
11. Truth Rerecording 2022
12. 僕らの絆 ~仲間への手紙~ Rerecording 2022

関連リンク

清木場俊介 オフィシャルサイト:
https://kiyokiba.jp/

清木場組:
https://kiyokibagumi.jp/

清木場モバイル:
https://kiyokiba.net/

Instagram:
https://www.instagram.com/kiyokiba_shunsuke/

UTAIYA RECORDS UNITED YouTube:
https://www.youtube.com/channel/UCwPjVOc7IZ9DZQOiGPQwukw

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?