『ONE PIECE FILM RED』興収162億円突破でV9! 相葉雅紀主演のホラー映画もランクイン!【映画動員ランキング】

『ONE PIECE FILM RED』興収162億円突破でV9! 相葉雅紀主演のホラー映画もランクイン!【映画動員ランキング】

『ONE PIECE FILM RED』

10月1日、2日の全国映画動員ランキングは、『ONE PIECE FILM RED』が公開9週目も首位をキープした。興行記録は公開から58日間で興行収入162憶円、観客動員1169万人を突破した。

2位と3位はそれぞれ先週と変わらず『沈黙のパレード』、『映画デリシャスパーティ プリキュア 夢みる お子さまランチ!』になった。

新作では4位に相葉雅紀が中田秀夫監督とタッグを組んだ『“それ”がいる森』がランクイン。不可解な現象が多発するという実在の森を舞台に、目撃者の情報をベースにして、主人公が得体の知れない“それ”に遭遇する未知の恐怖を描く。共演は松本穂香、上原剣心、江口のりこら。

続いて、公開5週目の『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ』が先週8位より順位を上げて5位に入った。

そのほか新作では、阿部サダヲと水田伸生監督が4回目のタッグを組んだ『アイ・アム まきもと』が初登場6位にランクイン。役所に勤める主人公が、亡くなった人を“おみおくりする”仕事を通じて人と交流し、彼とその周りの人々の関係が、少しずつ変化していく様をユーモアを交えて描きだす。共演には満島ひかり、宇崎竜童、松下洸平、でんでん、松尾スズキらが名を連ねる。

ロングラン上映中の『トップガン マーヴェリック』は公開19週目もTOP10入りを続けている。

『“それ”がいる森』


次週は『愛する人に伝える言葉』『君を愛したひとりの僕へ』『声/姿なき犯罪者』『千夜、一夜』『チコちゃんに叱られる!on STAGE 〜そのとき歴史はチコっと動いた!〜』『七人の秘書 THE MOVIE』『バッドガイズ』『僕が愛したすべての君へ』『夜明けまでバス停で』などが封切られる。

全国映画動員ランキングトップ10

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
1位『ONE PIECE FILM RED』
2位『沈黙のパレード』
3位『映画デリシャスパーティ プリキュア 夢みる お子さまランチ!』
4位『“それ”がいる森』
5位『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ』
6位『アイ・アム まきもと』
7位『トップガン マーヴェリック』
8位『ヘルドッグス』
9位『HiGH&LOW THE WORST X』
10位『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?