劇団印象-indian elephant-第29回公演『カレル・チャペック~水の足音~』明日開幕 アフタートークが決定

劇団印象-indian elephant-第29回公演『カレル・チャペック~水の足音~』が、10月7日から10日に東京芸術劇場シアターウエストで上演される。

「国家と芸術家」シリーズの最終作となる『カレル・チャペック~水の足音~』は、新しい“国民”のための文学をチェコ語で確立をしようとするカレル・チャペックが、ドイツ語を母語とするドイツ系住民と対立する様子や、そのドイツ系住民がヒトラーの思想に絡め捕られていく様子を、チャペックの代表作『山椒魚戦争』をモチーフに使いながら描く群像劇。

カレルのほか、兄で画家・作家・舞台美術家のヨゼフ・チャペック。親友で軍医・作家のフランティシェク・ランゲル。恋人で女優のオルガ・シャインプフルゴヴァー。そして、大統領トマーシュ・マサリクらが活躍。周辺国が軒並み軍事独裁体制に移行する中で、民主主義を貫き通した東欧で唯一の国、チェコスロバキア第一共和国。その時代にもがき苦しみながらも、民主主義と平和を守ろうとした芸術家たちの姿が描かれる。

また、10月7日の18時30分公演、10月8日・9日の18時公演終了後にアフタートークが行われることが発表された。チケットは現在一般発売中。

■鈴木アツト(作・演出)コメント
『ロボット(R.U.R.)』『山椒魚戦争』で知られるチェコの劇作家・小説家カレル・チャペックと、チェコスロバキア共和国内に住む、ドイツ語話者たち(ズデーテン・ドイツ人)との関係を描きたいと思い、この物語を書いている。
チェコスロバキア共和国は、第一次世界大戦中の1918年に、ハプスブルク(オーストリア)帝国の解体によって生まれた新しい国だった。しかし、新生の共和国は領域内に、様々な民族を抱え込んでいた。特に、ハプスブルク帝国時代に支配言語であったドイツ語の話者たちは、チェコ時代になって、二級市民扱いされたことによって不満を溜め、軋轢が生まれていった。その鬱屈は、二十年をかけて大きくなっていき、やがて、ドイツ語話者が多く住むズデーテン地方をナチスドイツに割譲するという、ミュンヘン協定に繋がっていく。
同じ土地を故郷に持ちながら、母語が違うというだけで、分断されていく国民たち。文化は言語を通して生まれ、育まれる。だからこそ人間は母語に誇りを持つ。しかし、同じ言葉を喋らない人々に対して不寛容になり、時に恐怖心さえ持ってしまう。母語は、個人のアイデンティティーと分かち難く結びつき、“よそ者”を作り出す、人間の原罪の一つだ。チャペック兄弟の人生を借りながら、この母語と国家をめぐる物語を届けたいと思う。

<公演情報>
劇団印象-indian elephant-第29回公演『カレル・チャペック~水の足音~』

10月7日(金)~10日(月・祝) 東京芸術劇場シアターウエスト
作・演出:鈴木アツト

劇団印象-indian elephant-第29回公演『カレル・チャペック~水の足音~』ビジュアル

【キャスト】
二條正士:カレル・チャペック
根本大介:ヨゼフ・チャペック
岡田篤弥:フランティシェク・ランゲル
今泉舞:オルガ・シャインプフルゴヴァー
山村茉梨乃(※):アレナ・チャプコヴァー
岡崎さつき:ヤルミラ・チャプコヴァー
柳内佑介:ヤン・マサリク
井上一馬:トマーシュ・マサリク
勝田智子:ギルベアタ・ゼリガー
(※)=劇団印象-indian elephant-所属

【アンサンブル】
河波哲平、佐藤慶太、佐藤勇輝、星野真央、堀慎太郎、松浦プリシラ亜梨紗

【アフタートーク】
■10月7日(金) 18:30
ゲスト:沈池娟(シム・ヂヨン)(翻訳家、ドラマトゥルク)
トークテーマ:「劇作家とドラマトゥルク、その共同作業の先に見える景色とは?」

■10月8日(土) 18:00
ゲスト:阿部賢一氏(東京大学准教授、『ロボット RUR』(中公文庫)翻訳者)
トークテーマ:「カレルとヨゼフ チェコが生んだ偉大な兄弟の実像とは?」

■10月9日(日) 18:00
出演者座談会(出演者が、歴史劇を演じる際の役作り等について語ります。)

【チケット情報】(全席指定 / 税込)
一般:4,500円
U-25:3,000円

■初回割(10月7日(金) 14:00の回)
一般:4,000円
U-25:2,500円

※U-25は25歳以下が対象です。当日、年齢のわかる書類をお持ちください。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

チケット一般発売中
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=2224370

公式サイト:
https://g-inzou.wixsite.com/capek

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?