『関西演劇祭2022』スペシャルサポーター&スーパーバイザー発表&コメント到着

11月12日(土)から11月20日(日)まで開催される『関西演劇祭2022』のスペシャルサポーターおよびスーパーバイザーが発表された。

2019年9月にスタートした『関西演劇祭』は、“つなぐ”をテーマに劇団・観客・審査員やスタッフなど、参加するすべての人をさまざまな形でつなぎ、クリエイターや俳優など新たな才能を関西から発信するイベント。フェスティバル・ディレクターは2019年から2021年までと同様に板尾創路が務める。4回目となる今年は個性派の10劇団が参加し、毎年好評のティーチインも実施される。

『関西演劇祭2022』タイムテーブル

スペシャルサポーターとして発表されたのは、演劇プロデューサーの野上祥子、映画監督の三島有紀子、ドラマプロデューサーの山本敏彦の3名。さらに昨年までスペシャルサポーターを務めていた西田シャトナーが、本演劇祭や参加劇団をスーパーバイザーとしてサポートする。

<スペシャルサポーターコメント&プロフィール>
■野上祥子(株式会社ネルケプランニング 代表取締役社長)
スペシャルサポーターとして初参戦の野上です。
前回は審査員として参加しましたが「演劇って最高なんです!」という劇団とお客様の熱量にわくわくしました。サイズやジャンルに関係なく人の心を刺激し、明日の活力に繋がる「演劇」の新しい可能性に出会う……もう滾りますね。
演劇祭、精一杯盛り上げてまいります!!わっしょい!!

【プロフィール】
大学在学中より劇団の制作などを経て、松田誠との出会いをきっかけに1998年株式会社ネルケプランニングに入社。以降、同社制作のすべての舞台、およびTVアニメやイベントなど、多岐にわたるキャスティングを担い、幅広い作品作りに貢献。2016年7月に同社社長に就任。プロデューサーとして、2.5次元ミュージカルを中心に、様々なジャンルで作品を生み出している。現在はファミリー層に向けたWelcome Kids Projectを立ち上げ、新たなチャレンジを続けている。舞台の代表作品はミュージカル『テニスの王子様』、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』、 『「Dr.STONE」THE STAGE~SCIENCE WORLD~』他。アニメの代表作品(キャスティング)はTVアニメ『テニスの王子様』、『家庭教師ヒットマンREBORN!』、劇場版アニメ『雲の向こう、約束の場所』(監督:新海誠)ほか。

■三島有紀子(映画監督)
大阪で生まれ扇町ミュージアムスクエアの裏にあった中学に通っていた自分にとって、関西の演劇はとても身近にあり、エネルギーの磁場みたいなものを感じていました。今回この演劇祭には初めての参加ですし、新しい演劇に出会えることを心から楽しみにしています。

【プロフィール】
大阪市出身。『幼な子われらに生まれ』(2017) で第41回モントリオール世界映画祭で審査員特別大賞、第41回山路ふみ子賞作品賞、第42回報知映画賞では監督賞を受賞など国内外で多数受賞。他の作品に『しあわせのパン』『繕い裁つ人』、フランス55館で公開された『Red』(2020) などがある。作品のほとんどが台湾・韓国でも公開。短編『よろこびのうたOde to Joy』『インペリアル大阪堂島出入橋』をオリジナル脚本で発表し、2022年5月イタリア各地で「三島有紀子の世界」が開催された。ドラマではWOWOW『硝子の葦』(原作・桜木紫乃)、NHKドラマ10『半径5メートル』(2021) など。 小説『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』も上梓している。

■山本敏彦(株式会社NHKエンタープライズ 第3制作センタードラマ部 エグゼクティブ・プロデューサー)
2011年から3年間、NHK大阪放送局に勤務していました。当時は、朝ドラの企画開発、制作に追われ、折角、関西に住んでいるのに、関西の劇場でお芝居を観るチャンスを持てなかったことが、東京に戻ってから非常に悔やまれていました。今回、こんな素敵なチャンスを頂き、今から待ち遠しくてなりません。今回の関西演劇祭の出演者の皆様に会えること、その生の表情やセリフ、立ち振る舞いが見られること、その情熱を込めたお芝居を体感できることを今からワクワクしながら楽しみにしています。

【プロフィール】
1965年生まれ。山口県出身。1991年にNHK入局。主な担当ドラマ作品に、大河ドラマ『八代将軍吉宗』(西田敏行主演)、『功名が辻』(仲間由紀恵主演)、『新選組!』(香取慎吾主演)、土曜ドラマ『神様の女房』(常盤貴子主演)、土曜時代劇『隠密八百八町』(舘ひろし主演)、連続テレビ小説『かりん』(細川直美主演)、『瞳』(榮倉奈々主演)、『純と愛』(夏菜主演)、木曜時代劇『銀二貫』(林遣都主演)、放送90年ドラマ『高橋是清』(オダギリジョー主演)、土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』(黒木華主演)、ドラマ10『正直不動産』(山下智久主演)など。現在は、株式会社NHKエンタープライズ第3制作センタードラマ部にてエグゼクティブプロデューサーとして、NHKドラマ番組の企画制作、動画配信会社との共同制作、海外TV局・制作会社との共同制作などを準備中。2022年12月には、土曜ドラマ『ひきこもり先生シーズン2』(佐藤二朗主演)の放送が控えている。

<スーパーバイザーコメント&プロフィール>
■西田シャトナー(劇作家・演出家・俳優・折紙作家)
今年も関西演劇祭に参加させていただけることを、心から光栄に嬉しく感じております。これまでのスペシャルサポーターとしての立場に代わり、今回はスーパーバイザーとして、より参加劇団や観客の皆さんの側に立ち応援させていただきます。 2019年に始まった関西演劇祭は、世界的感染症拡大や自然災害の中でも感動と笑いを途切れさせず、舞台と夢をつないできました。それは演劇のみならず「人」の逞しさ面白さを証明する道のりだったと感じます。 今年もまた新しい才能が集う素晴らしい演劇祭になるでしょう。ご期待ください。

【プロフィール】
1965年大阪府出身。1990~2000年、劇団「惑星ピスタチオ」の作家演出家として活動。実験演劇と娯楽演劇を融合する作風で、様々な演出手法を開発した。その後、即興劇・古典演劇など様々な演劇作品に携わる一方、近年は『ルパン三世』シリーズなどの映像作品にも参加。2012年に立ち上げから参加する舞台『弱虫ペダル』は2.5次元演劇の潮流の先駆けとなり、今年10周年を迎えてなおシリーズが続く。折紙作家としても長年国内外で作品を発表し続けている。代表作は『破壊ランナー』(1995~2017) など。

<公演情報>
『関西演劇祭2022』

2022年11月12日(土)~20日(日)
場所:COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール

フェスティバル・ディレクター:板尾創路(お笑いコンビ130R・俳優・映画監督)
スペシャルサポーター:野上祥子(ネルケプランニング代表取締役社長)/ 三島有紀子(映画監督)/ 山本敏彦(NHKエンタープライズ エグゼクティブプロデューサー)
スーパーバイザー:西田シャトナー(劇作家・演出家・俳優・折紙作家)

【参加劇団】
かのうとおっさん(大阪)
劇団イロモンスター(大阪)
劇団なんば千日前(大阪)
激団リジョロ(東京)
幻灯劇場(京都)
芝居処 華ヨタ(大阪)
TAAC(東京)
Micro To Macro(大阪)
ラビット番長(東京)
RE:MAKE(大阪)

公式サイト:
https://kansai-engekisai.com/

YouTube:
https://www.youtube.com/channel/UCvrUBYXYr8pjFATY2xk_4NA

Twitter:
https://twitter.com/kansaiengekisai

Instagram:
https://www.instagram.com/kansai_engekisai/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?