三浦宏規主演・フレンチロックミュージカル『赤と黒』本日開幕

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 三浦宏規主演のフランス原作のミュージカル『赤と黒』が東京芸術劇場プレイハウスで開幕する。
  • 19世紀フランスを舞台に、貧しい青年が出世を目指し様々な出会いと運命をたどるストーリー。
  • フレンチロック音楽と共に物語が進む本作を三浦宏規、夢咲ねねら出演が注目される。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

三浦宏規主演・フレンチロックミュージカル『赤と黒』本日開幕

フレンチロックミュージカル『赤と黒』メインビジュアル

1830年の刊行以来、幾度となく映像化・舞台化されてきた、フランスの文豪スタンダールによる長編小説『赤と黒』。2016年には母国フランスで、『1789』『ロックオペラ モーツァルト』などを手掛けたプロデューサーによりロックミュージカル化されて好評を博した。今年3~4月に宝塚歌劇団によって日本初演(『Le Rouge et le Noir ~赤と黒~』)された同作を、新たな上演台本と演出で上演する「フレンチロックミュージカル『赤と黒』」が、本日12月8日(金)に東京芸術劇場プレイハウスで開幕。『千と千尋の神隠し』『キングダム』『のだめカンタービレ』と、大作への出演が続く若手実力派、三浦宏規の主演作としても注目を集める公演だ。

物語の舞台は、ナポレオンによる帝政が崩壊し、王政が復活した19世紀初頭のフランス。小さな町ヴェリエールで、貧しい製材屋の息子として育った美貌を持つ青年ジュリアン・ソレル(三浦)は、町を支配するブルジョワへの憎悪に燃えていた。聖職者となり出世しようと野心を抱く彼は、レナール家の家庭教師の職を得るが、信心深く貞淑な夫人ルイーズ(夢咲ねね)との禁断の恋に溺れてしまう。やがてその秘密を暴かれ、町を出たジュリアンがパリで出会ったのは、奔放な令嬢マチルド・ド・ラ・モール(田村芽実)。この出会いもまた、彼の運命を大きく狂わせていく――。

フレンチロックミュージカル『赤と黒』PV

演出を務めるのは、ウエストエンドやブロードウェイなどで大ヒット中のミュージカル『Six』の共同演出家として知られ、日本の演劇界には今回が初登場となるジェイミー・アーミテージ。フレンチロックに彩られた本作について、「窮屈で抑圧的な社会と闘い、変革を起こそうとする彼(ジュリアン)の欲望がとても本能的で魅力的」「エキサイティングでフレッシュなストーリーが皆様を刺激し、何かしらのインスパイアを与えられるものになる事を願っています」とコメントを寄せている。そのアーミテージの紹介で参加し、共にロンドンで本作のためのワークショップを行ってから来日したという振付家、アレクザンドラ・サルミエントが手掛けるダンスにも注目したい。

文:熊田音子

★主演・三浦宏規さんのインタビューを掲載中!
三浦宏規、「刺激的な1年」の最後に挑むフレンチロックミュージカル『赤と黒』。自由な稽古場でつくりあげる美青年・ジュリアンとは?(https://lp.p.pia.jp/article/news/298007/index.html)

<公演情報>
フレンチロックミュージカル『赤と黒』

演出:ジェイミー・アーミテージ
上演台本・訳詞:福田響志

出演:
三浦宏規/夢咲ねね 田村芽実 東山光明 川口竜也/東山義久 駒田一 他

【東京公演】
2023年12月8日(金)~12月27日(水)
会場:東京芸術劇場プレイハウス

【大阪公演】
2024年1月3日(水)~1月9日(火)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

チケット情報:
https://w.pia.jp/t/rouge-noir2023/

公式サイト:
https://www.umegei.com/rouge-noir2023/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?